WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« インプット・アウトプット | トップページ | 二人の時間も泡みたいになって あなたの匂いを一人捜していた »

2006年10月15日 (日)

はなればなれで 眠る夜はふたりを すこしずつ強くしてくよ すこしずつ強くなれば

今ははなればなれですけど、いつか…? 案の定、ぺぺです。

もう、チッって思ったことなんか忘れて、今日は王子様が出ているというフリーペーパーを貰うためだけに喫茶店なんかに行っちゃいました

変な顔で写ってるあ、いえ、素敵です 最近は時々、ピンクを着てますね。カワイイなぁ。王子様は何を着ててもよいです。

あー、喫茶店の照明がほの暗くてよかったっす。

だって、絶対ぺぺ、にやけちゃってたもん。

それにしても、こんなお仕事したんだったら、ちゃんと公式サイトさん、書いてくださいよ~(>_<)手に入れ損ねたらどーするんですかっ。

まぁね、内容的にはたいしたことないんですけど…見開き2Pのみだし。今回入ってきた情報は「まだ結婚したいとあんまり思ってない」ってことぐらいだし。それでもまぁ、自分のことあんまり語らないので、ありがたい情報です。

想像どおりの回答だけど。

どーでもいいけど、このフリーペーパーの表紙のお洋服がかわいすぎなので、着てみたいです。エロいかなぁ。王子様悩殺的勢いで。ははは(^^;)

きっと王子様はエロさを望まないでしょう。清純派がお好みのようです。

王子様ファンサイトでもなんでもないのに、こんなに王子様情報ばかりを書き連ねてどうしましょう?

な、何か、役立つような情報を書かなくっちゃ…でも、何もないや(^^;)

よく考えたら、いつもこんな調子ですね。

逢いたいと騒いでるか、妄想してるか、きゃあきゃあはしゃいでるか、どれかです。

しょうがないか。何も求めないでください。

ぺぺにできるのはおもしろコスチュームを着ることくらいです。なんならメイド服でもナース服でも着ますけど。

あ、今日スーパーで、バナナの着ぐるみ着てる人に、手を振ってもらいました。

なんか、嬉しかった

…こどもか?


タイトル クラムボン「はなれ ばなれ」 今の王子様とぺぺの状態です…でも、強くなりますっ!

« インプット・アウトプット | トップページ | 二人の時間も泡みたいになって あなたの匂いを一人捜していた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぺぺさん、こんにちは。
フリーペーパーGET、よかったですね。
公式サイトにも出ていないのに、よく見つけましたね。さすが、王子様と運命で繋がってるだけあります。

>かなサマ。こんばんはです。

ああ、フリーペーパーもGETできたのも、運命のおかげだったのですね(^^;)
正確には、某掲示板で見つけた情報なのですけど…。
いや、その掲示板を見たのも、運命なのかもしれません。赤い糸です。なんちて。

また遊びに来てくださいね!

この記事へのコメントは終了しました。

« インプット・アウトプット | トップページ | 二人の時間も泡みたいになって あなたの匂いを一人捜していた »