WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« NO WOMAN NO CRY 7 | トップページ | NO WOMAN NO CRY 5 »

2006年11月 3日 (金)

NO WOMAN NO CRY 6

また、夏川カナコを見かけた。

彼女は、買い物帰りなのだろうか、手にビニール袋をさげている。初夏の光に照らし出されて、俺はまぶしさに目を細める。

前にもこんなふうに目を細めて、そしたらいきなり尚人が出てきたんだっけ。

ふと、そんなことを思い出す。もちろん、手品じゃないし、今日は出てこない。今日はバイトのはずだ。

夏川カナコはどんどん近づいてきて、俺は目を伏せる。すれ違う。どうしてか、息苦しい。心がぎゅっと摑まれたかのような。動きが、ぎこちない。

完全にすれ違って、数歩進むと、思わずふうっと息が出た。安堵の息だ。振り向きたいけど、振り向いちゃいけない気がする。

そのまま前に進んでいく。

「カナコさん」

この声は。

こんな掠れた声、あいつしかいない。

「女の子が、こんな重いもの持ってちゃ、駄目ですよ。俺、持ちます」

カサカサと、ビニール袋が擦れ合う音。動く気配。俺は少しずつ歩を進めながら、五感は頭の後ろに集中させていた。

尚人、何、甘ったるいこと言っているんだろう。まぁ、もともとそういうやつだったか。

でも、今日はバイトのシフトに入っていたはずなのに、なんでこんなところに。しかも、俺に気づかないで、彼女にだけ。

だけど、あの話し方。恋人ではなさそうだ。

変なふたり。

息苦しくなる。

いつのまにか立ち止まってた俺は、慌てて走って、逃げ出した。



「尚人。あの、夏川カナコとどうなってんだよ」

バイトの帰り道、尚人に問いかけた。

尚人は、途端に嫌な顔をして、俺を睨みつける。何だよ。俺も、面白くない顔になる。そんな俺を見て、あいつはため息をつく。

「悪いけど、放っておいてほしいんだ」

「つきあってるとか、そんなんじゃないのか」

「全然。何の関係もないよ」

。。。。。

« NO WOMAN NO CRY 7 | トップページ | NO WOMAN NO CRY 5 »

おはなし☆NO WOMAN NO CRY」カテゴリの記事