WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« いいや、ねえ溢れ出す想いがこの身を焦がしても 雪がいつかそれを冷まして笑うだろう | トップページ | 私 恋をしている 哀しいくらい もう隠せない このせつなさは »

2006年12月 4日 (月)

月曜の貧血に奇跡は…おきるのです。

月曜の貧血に奇跡はおきないと思っていましたが、貧血はともかく奇跡はおきるのです。Rainy days and Mondays always get me down。案の定、ぺぺです。

いや~、今日はホントにクラクラしてて、さすがにヤバイかなぁと思いました。

パソコンの画面が見れないんだもん…。目が泳ぐ…。

午後からはだいぶよくなりましたけど。

で、パソコンで、仕事関係の調べものをしていたときに。



んんんんん?(目をこする)



繰り返しますが、仕事関係の調べものです。

まだ体調おかしいのかなぁ? 王子様たちコンビのお名前が見える気が…



書いてある!?



書いてあるよねっ。目の錯覚じゃなくって。

これって…運命っ!?


こんなに遠い仕事をしてるはずなのに、それでも近づいてしまう。

赤い糸です。

すげーなぁ。なんか…すごいなぁ。素敵です。

やっぱ運命ってあるんだなぁ、なんてほのぼのしちゃいました。

それで、こんなに体調悪いのに、しかも足元つるつるなのに、歩いて帰っちゃいました。

テンションおかしいです。てへっ。

今日はポッドキャストの更新日なので、当然こちらも楽しんでます。

…ど直球の下ネタで、ちょっと困っちゃってます…。

まぁ、王子様が楽しんでるならいいんですけど。でも、無理くりまとめてるっぽいなぁ。なんか、カワイイ くすくす。

好きだなぁ、ホント好きだなぁ、こーゆー男の子。

王子様の笑顔を想い出しながら、今日は早めに寝ようと思います。


タイトルの一部及び冒頭はREBECCAの「SUPER GIRL」です。ぺぺのお仕事的テーマソングです。ブラウスの中身は小型のダイナマイトなのさ。今日はこのタイトルにしようと思ってたら奇跡おきちゃうんだもん、すごいなぁ、ぺぺ(^^;)

« いいや、ねえ溢れ出す想いがこの身を焦がしても 雪がいつかそれを冷まして笑うだろう | トップページ | 私 恋をしている 哀しいくらい もう隠せない このせつなさは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごい!運命ですね!
と思いつつ、ごめんなさい、笑ってしまいました。
体、無理しないでくださいね。

>かなサマ。
こんばんはです。

ははは、笑ってしまいましたか。
ぺぺが笑いながら書いたのが、ばれてしまったのでしょうか?

体、ご心配いただきまして、ありがとございますです。
何とか大丈夫です。

では、また遊びに来てくださいね。

この記事へのコメントは終了しました。

« いいや、ねえ溢れ出す想いがこの身を焦がしても 雪がいつかそれを冷まして笑うだろう | トップページ | 私 恋をしている 哀しいくらい もう隠せない このせつなさは »