WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« あなたは私の夜空 私の光 | トップページ | 君はいつも僕の記憶の中で笑っているよ »

2007年3月 1日 (木)

「疲れてるんならやめれば...」 花火は消えない 涙も枯れない

確かに好きなんです。仕方ないんです。案の定、ぺぺです。

ラブに疲れることはありませんけど…ホント、疲れたらあっさりやめちゃいますから(^^;)潔い性格なのです。ずるずるひきずって想っているより、綺麗な思い出にしちゃった方が自分のためでも相手のためでもあると思うので、根性でやめます。

ところで今日は木曜日。

そう、陶芸の日です。

4月の展覧会に出展する湯飲みが全部焼きあがったので、3つほど選んで出展することにしました。

1個はぺぺ好みにかわいい仕上がりで、1個はやや渋め、もう1個は思ったよりかわいくならなかったけどまぁいいかなぁこんなのもアリかなぁって感じでした。

全部、値段もつけてきました。

展覧会ですが、即売会でもあるのです。

こんな値段で買う人いるのか?ってお値段をつけてみました。

全部売れたら、陶芸家にでもなろうかな(笑)

その帰り道。なんとなくお店によったら、新作のレスポートサックが超ぺぺ好みで。

うわぁ、カワイイ

茶色地にカラフルなドット。いかにもぺぺでしょ?

ちょうど、今まで使ってた斜めがけバッグがボロボロなので欲しいと思ってたんですが…でもいちばん好きなのは違うタイプ…ハンパにデカくて、使い道困りそうな…でも…。

…東京行くとき、そんなに荷物ないはずだから…。

結局、ひとめ惚れバッグを購入しました。

コレに合わせてお洋服を考えることにしましょうか。

あー、もう、何着ていこう♪ 春服引っ張り出してしまって、お部屋ぐっちゃぐちゃです。今年の流行で言えばショーパンとか? でも、この脚ヤバイでしょう。

まだ日にちはあるから、それはゆっくり考えます。きっとファッションの写真が大量投下されることでしょう(^^;)最近、撮ってないですね。冬物、皆無ですね。カワイイ服もちょっといい組み合わせもあったんですが、如何せん撮影場所がなくって…ただ部屋が汚いだけです。

今週末はお部屋片付けて、東京でやることを考えよう。

やることがいっぱいあります。でも、すっごい楽しくなりそう♪

とりあえず…フッキンでもしておこう。

待っててね、王子様


タイトル aiko「花火」 三角の目をした羽ある天使が、囁く台詞なんですよね、「疲れてるんならやめれば」。疲れてませんから(笑)

« あなたは私の夜空 私の光 | トップページ | 君はいつも僕の記憶の中で笑っているよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一度や二度は転んでみれば?

二度あることは三度ある▼▼

>越後屋サマ。
こんにちはです。
うわ、リアル囁きっすか?
王子様と二度逢ったのですが、三度目も逢えるという解釈でよろしいでしょうか、天使サマ(笑)
東京がますます楽しみになりました。
うぉ~~~!!!(バカ)

この記事へのコメントは終了しました。

« あなたは私の夜空 私の光 | トップページ | 君はいつも僕の記憶の中で笑っているよ »