WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 眠り姫のユウウツ | トップページ | 卒業式の思い出2 »

2007年3月10日 (土)

卒業式の思い出

中学生のとき。

中2の1月に転入したガッコだったし、そんなに思い入れはない、はず、だった。

仲良しの子とは、高校は別々だったけど、家は近いからいつだって遊べるし、

そもそもって話をしてしまえば、転校前のガッコの方が好きだったし。

さっさと卒業したいなぁ、なんて思っていた。

15歳の冬。



中学3年の1月。3学期。

もうすぐ受験で、クラス中がざわざわしてるとき。

席かえがあった。一番後ろの席。ラッキー。

隣の席になったのは、今までほとんど話したことのない、背の高い男の子だった。

フツーによろしくね~とか挨拶して、

フツーのクラスメイトと同じように

フツーに授業中のコソコソお喋りなんかをしていたのだけど。

その1時間目が終わる頃には、

あたしは、

昨日までのあたしじゃなくなっていた。

原因とか、きっかけとか、そんなのわからない。

だけど、その1時間目、確かに笑っていたはずなのだけど、

あたしは胸が苦しくて、

何もないのに泣きそうで、

1時間目が終わった瞬間立ち上がって、がーっと廊下を走って、

何が起こったのかびっくりして追いかけてきた友達の肩を借りて、

いきなりわぁわぁ泣いた。

意味不明。

ホントに意味不明。

あたしはいったいどうしちゃったんだろう。



次の日。

髪の毛がはねている。

今までなら、ユーウツだなぁとか思いながらも、気にしないで出かけてた。

だけど、どうしても出かけたくなかった。

もう1回、シャワーに入って、きれいにブロウし直した。

おかげで少し、遅刻した。

あたしはいったい、何なんだ?

わけわかんねー。



フツーに、フツーに笑って話せているの。

授業中、こそこそお喋り。

休み時間もけらけら笑い合った。

面と向かっているときは。

なのに、彼のそばにいないと。

遠くから彼を見ていると。

震えてしまうの。

泣きそうになるの。

何なんだよ、コレ。

何なんだよ、アタシ。



ってゆーか。

わかってた。

ホントは、最初の日の1時間目のときにわかってた。

それまでともだちと話してた、「誰々くんが好き」。

そんなのと、次元が違う。

あたしは、恋をした。



今でも覚えてる。

天然パーマだった。

犬より猫が好きだった。

シャーペン1本派だった。

彼が気付いてくれた、

あなたとあたしの共通点。



いっぱいいっぱい思い出ができていくはずだった。

だけど、気付くのが遅すぎた。

あたしには、時間がなかった。

卒業したら何もかもが終わってしまう。

卒業したくない、と、全身全霊で思った。

だけど、彼が「早く卒業したいねー」って笑って言ったとき、

「そうだよねー」ってあたしも笑った。

いつもなら眠たい国語の授業。

あたしは、居眠りなんかできなくなっちゃったんだよ。

だからといって、授業が聞こえてくるわけじゃあない。

ただただ、右側に神経を張り詰めて。

もしも何か話しかけてきたら、とびきりの笑顔で笑うから。

もしも退屈そうにしてたら、楽しい話をしてあげるから。

だから、早く卒業したいなんて思わないで。

そんなこと、絶対、口が裂けたって言えないけど。



だけど、時は流れて、3月。

席も遠くに離れて、受験とかいろいろあって、

彼とはあんまり話すことがなくなって、

それでも時々話しかけてくれるのがうれしかった。

ホントにくだらないことばかりしか話さなかったけど、

笑ってふざけあう時間が、何よりもうれしかった。



そして、卒業式。

絶対泣かないって思ってた。

実際、卒業式のときは、泣かなかった…まぁいろいろあって、笑っていた…だけど、教室に戻って、友達とお喋りしてて、その目の端っこに彼が映った瞬間。

ぼろぼろと涙が出てきた。

泣くとか、そんな感じじゃなくって、

防波堤が決壊しちゃったみたいに

ただただぼろぼろと次から次へと涙がこぼれ落ちて、

あたしは机にうつっぷした。

友達が、だいじょぶ?って次々に声をかけてきて、

背中さすってくれて、

あたしは返事をしたかったけど顔を上げれなくて。

そのときに。

よく知ってる足音が近づいてきた。

伏せた目に映る、見慣れたボロボロのスニーカー。

「式のときは笑わせてたのに、今は泣いてるのか?」

頭をぽんと叩くその手の大きさ。

顔を上げて答えようとしたときには、

彼は窓の外から彼を呼ぶ後輩の女の子の声に応えて、笑って手を振っていた。



最後の最後、校門近くで、

みんなでお喋りをしていた。

彼とは時々、目が合ったけれど、特別話はしなかった。

ともだちが、「告っちゃえば」とか言ってくれたけど、

あたしは何も言えなかった。



あの日、仲良しのみんなで記念の写真を撮った。

無理やりな笑顔とピースサインをつくるあたしの斜め後ろで、

彼は笑っていた、はずだけど、

あの写真はどうなってしまったのだろう。

見ることさえなかったその写真の

まだ15歳だったあなたとあたしの笑顔が、

あたしにとっては

特別な、卒業式の思い出、なのです。

« 眠り姫のユウウツ | トップページ | 卒業式の思い出2 »

メッセージ」カテゴリの記事

コメント

とっても素敵な思い出ですね。
ぺぺさんは繊細な人なのかな?
毎年思い出すんでしょうね。卒業式のこと...。

これまで好きになった人は何人もいたとしても
本当の強烈な恋ってそうそうないはず

たとえその恋が成就しなかったとしても
それも1つの運命。
出会えたことに感謝。


こんばんわ(^^)
読んでて僕も少し切なくなりましたw
こんな、おっちゃんですが・・・
昔は、そんな経験もあったりなかったりw
年がいく度にそういうことが強く蘇る気がしますw
でもほんと金さんが言うように、そういう出会いに感謝です♪
金さん・・・ パクってごめんねw

自分で書いたものの、自分で読み返すのがくすぐったくてできないぺぺです(笑)
まとめてレスさせていただきますね。

>みのこサマ。
こんにちはです。
ありがとうございます。
なんか、毎年のように思い出しちゃいます。
でも、決して繊細ではないのです。
ガサツという言葉がしっくりくる…(^^;)

>遠山の金さんサマ。
こんにちはです。
きっと、実らなかったからこそ、こーやっていつまでも甘酸っぱく覚えているのでしょうね。
出逢えたことに、感謝してます。

>怪童サマ。
こんにちはです。
きっと、誰でも、いつのまにか通り過ぎてく事柄なのでしょう。
年が行くごとに強く蘇るのですか…そうですか…(^^;)

この記事へのコメントは終了しました。

« 眠り姫のユウウツ | トップページ | 卒業式の思い出2 »