WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 久~しぶりに、バトンなど。 | トップページ | 終わらない でも続きのない夢の中 歩き続けることもできなくなって »

2007年3月19日 (月)

日々 地下鉄の階段の途中で途方に暮れちゃって

「やだ涙が…いいことないかなあ」ってため息ばかりで息苦しい朝…。案の定、ぺぺです。

何が悪いってこともないのですが、朝からちょっとダメダメな感じで。

絶妙に体調も優れず、微熱気味で、天気も今ひとつ、運勢もビミョーによろしくない。

こんな日はブランケットに包まって1日中丸まっていたいような気もするのですが、もしそれを今やってしまうともう2度とここから出ることができなくなっちゃうような気がします。

だから自分をなだめつつ、奮い立たせつつ、どうにかこうにか仕事に向かうのです。

地下鉄の中…無表情の人の群れ。吐きそう。

ときどき、捨てたはずの「感受性」ってモノが活動して、わけもなくただわめきたくなる。

会社でも。

どうにか表面にぺったりと笑顔を貼り付けてはみるものの。

ダメだよなぁ。全然ダメです。あたしは、こんなんじゃない。

チョコレートでドーピング。一粒で300mくらいはイケルかも(嘘)。…ふぅ…ため息。

考えすぎて、アタマくらくらする。

早く、何も考えなくなりたい。何も感じなくなりたい。

みんな、同じなのかな。いろんなことをいっぱい考えて、もがきながら、表面に笑顔を貼り付けているのかな。

そんなこと考えたら、ますます怖くなります。

考えちゃイケナイ。もっと楽しいことを考えましょう。

そうだなぁ、東京行きまであと40日♪

…ダメだ、空回りする。「ぺぺ」になりきれない。

さっさと会社を後にして、「喰いしん坊!」の最新刊を探してみるも、3件回って見つからず。

こんな日は。

早く寝よう。

どす黒いモノは夢の中に置いてきましょう。

明日には、きっと、元気。

皆サマ、王子様、おやすみなさい。そして、ゴメンナサイ。


タイトルと冒頭 chara「Violet Blue」

« 久~しぶりに、バトンなど。 | トップページ | 終わらない でも続きのない夢の中 歩き続けることもできなくなって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バトンいつでもしてくださいねぇ~♪

どす黒いものは夢の中に置くことなく
是非、越後屋まで▼▼

ゆっくり休んでくださいね・・・

まとめてレスします。

>怪童サマ。
こんにちはです。
また、勝手に拾ってきちゃいます♪
勝手にリンクさせてスミマセン。

>越後屋サマ。
こんにちはです。
越後屋さん、これ以上黒くなって、どうするですか?
え、ぺぺの方が黒いですか?
ほっといてください(笑)

>かなサマ。
こんにちはです。
心配かけてすみません。
ゆっくり休んで、元気になりました。
そうすると、また暴走が(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« 久~しぶりに、バトンなど。 | トップページ | 終わらない でも続きのない夢の中 歩き続けることもできなくなって »