WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« いつかは僕たちも離ればなれになるのだろう | トップページ | I JUST WANNA BE WITH MY LOVE »

2007年9月30日 (日)

僕らのいる世界と あなたのいる世界を 繋ごうとしてるのに 知恵も力もありゃしませんよ

体調悪くなってから、「体力つけなきゃ」とばかりにバカ喰い。はぁ…ダイエッターとして、どこまで間違っているのでしょう…案の定、ぺぺです。

しかも、乙女としてとても間違っていることに、部屋には「東スポ」が転がっており…

うわ~、今、ここに、王子様が来ちゃったら、どうすればいいんだろう!?

てゆーか、部屋そのものが汚い…

どうしてかってゆーと。

ふふふ。

秋物を買ってしまいましたぁ

いや、実際買ったのは昨日なんですけど。

大好きなcucciaさんで、ワンピと、ワンピにもなるコート…カーデ…う~ん、わかんないっ。でも、スペシャルかわいいアウターを。(もう着て歩いてる。昨日、着て帰ったもん)

ROUGHでカジュアルな7分袖カットソー。ローリーズファームでストールも買いました。

いいなぁ~、秋物。色がシックで、オトナっぽいです。

早く、ワードロープを入れ替えなくっちゃ。部屋が散らかり放題になってしまう。

今はちゃくちゃくと夏物お洗濯をしているところです。全部クリーニングだと、お金かかってしょうがないので、自分で何とかできそうなものはエマールとかで洗って、一生懸命アイロンがけもしてるんです~。

目下の悩み(?)は、今週金曜日の、越後屋さんの結婚パーティにどんなお洋服を着ようかと…みんなフツーなのかなぁ。じゃあ、適当にワンピとかにしておこうかな。でも、面白いこと、したぁ~い★ 

それから。もし東京に行けるとしたらどうしようかなって思ってます。

東京って、気温が全然違うでしょ? 

ぺぺは汗っかきなのでデブ汗じゃあない!と思いたい…)、ニットとかブーツとか、大丈夫なんだろうか、と。もうコートとか着てるのかな? こっちでは、オシャレに敏感なタイプの人はもうカラータイツとかだけど…どうなんだろう? 

とりあえず、どんな服でも着こなせる、細い脚を手に入れたいです…。

モチベーションをあげるために、王子様の画像でも見ておこう…

若いころの王子様、かわいいなぁ~、細いなぁ~。

でも、今の王子様のほうが、ぺぺは好きです 

あー、そろそろ晩ごはんの支度でも始めようかなー。昨日はついついうっかり近所の焼肉やサンに行っちゃったりしたので、今日こそ自炊を…てゆーか、おやつ食べ過ぎてちょっと具合悪くなってます…どうしよう…あしたからは10月なので、ホントのホントのホンキで頑張ろう…。


タイトル くるり「BLUE NAKED BLUE」

« いつかは僕たちも離ればなれになるのだろう | トップページ | I JUST WANNA BE WITH MY LOVE »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつかは僕たちも離ればなれになるのだろう | トップページ | I JUST WANNA BE WITH MY LOVE »