WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 君からの便りもなく 一つ季節は過ぎてって | トップページ | わたしたちをつなぐメロディは夜をこえて つづくはずの1日もおわる »

2008年2月10日 (日)

ねてもさめてもはなれない コトバになんかできない

寝ても覚めても離れないはずが、夢も見ずにすやすや眠り、覚めれば覚めたでワンダホー・ワーカホリック・ジャポネーゼ・ぺぺ(何語だ!?)…なわけないですね。夢では悲しいことに逢えませんでしたが、起きている間はいつも心は王子様のお側に。案の定、ぺぺです。

心は王子様のお側にあれど、カラダはやむを得ず会社へ…今日も仕事でした。

でもね、今日は夕方すぐあがって。

行ってきました、「サロン・デュ・ショコラ」!

ぺぺの愛するチョコレートのお祭りです!

よ~く考えたら、もうすぐバレンタインデーなのですよ。

ぺぺもいつか王子様に…ぽわゎ~ん…やっぱ王子様に差し上げるとなれば手づくりでしょうか。でもでも失敗するかもしれないし、抑えに素敵なチョコレートを買っておきましょう。なんならふたりで分け合って食べても素敵かも ハイ、王子様、お口開けて、あ~ん…


うひゃ~~~!!!


ス、スミマセン、取り乱しました。ぺぺの妄想の限界点に一気に到達してしまいまして…ハァハァ(息切れ)

いや、妄想じゃなくって、サロン・デュ・ショコラに行った話でしたね。

行ったんですけど、下調べもなく行ったので、ただただ人ごみに流されてただけでした(^^;)

去年はどこに行ったんだっけ? もう忘れてるし。

でも、かわいいチョコ見てるだけで、ちょっと幸せ

そのあと、大好きなANNA SUIのアクセを見に行って、わくわくと見てから帰りました。

さて、明日こそはお休みです。

シゴトは終わってませんが…週に1日くらいは休みたいもん。

何しようかな? ゆっくりのんびりおうちで過ごそうか、それとも最近日中は暖かいので、ふらふらお散歩でもしようかな? 

結局寝てばっかになるかもだけど…

王子様のDVDでも見ながら寝れば、きっといい夢見れるはず。

あ、今日も王子様DVD見ちゃおうかな♪

ということで、王子様見ることに専念しようと思います

皆サマ、おやすみなさいです。よい夢を。まだ早い?


タイトル クラムボン「Merry Go Round!」

« 君からの便りもなく 一つ季節は過ぎてって | トップページ | わたしたちをつなぐメロディは夜をこえて つづくはずの1日もおわる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして^^

チョコレート・・・もうそんな季節なんですね( ̄▽ ̄;) 忘れかけてました(汗)

私の王子様はぺットのウリさんなのでチョコレートはナシです♪

>あずサマ。はじめましてです。
もうチョコレートの季節なのですよ…あんまり関係ないんですけど(^^;)
ぺぺも、自分で食べるだけに終わりそうです…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 君からの便りもなく 一つ季節は過ぎてって | トップページ | わたしたちをつなぐメロディは夜をこえて つづくはずの1日もおわる »