WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« いつも私に恋をして。 | トップページ | 妄想乙女の生きる道。 »

2008年4月 1日 (火)

痛むとき わけてあげる 足りるまで残らず

よ~く考えると。いや、考えなくても、今日はエイプリルフールでした。でも、おちゃめな嘘をつく間もなく、いちにちが通り過ぎようとしています。季節感を大切にしたいのになぁ…よ~し、王子様なんてっ…いや…それは嘘でも言えません。案の定、ぺぺです。

まぁ…季節を問わず、ぺぺは嘘つきっこですけどね~。

どうでもいい、ちっちゃな嘘が好きです。

なんか、なごむかなぁとか、思うんです。…ぺぺがなごんでるだけ? まぁいいや。ぺぺがよければそれでよし、なのさ。

そして。

これは嘘でも何でもありません。

王子様ライブのチケット発売日が決まりましたぁ~パチパチ

うれしさのあまり、外勤帰りに東京行きパックのパンフを持ち帰ってきちゃいました。

どうしよっかなぁ。

前泊もつけちゃうか、また空港でお着替えという女子高生ノリを発揮するか。

シゴト次第か

そのころは、新規事業とか…やりたくないっす、Mにーさん。てゆーか、あっても見捨てて、旅に出ます。探さないでください。いや、道に迷ったら、助けてください。

でも、単独ライブ…王子様疲れてるから、ラブフル充電は難しいんですよね。話しかけられないです。去年は話しかけて撃沈したんだっけ。でも…お返事をいただけただけでも、奇跡なんだと思います。思うけど、10月のトークライブみたく手に触れて、見つめ合って会話して、約束を交わす…王子様が言った、「次に逢うときには」。ああ、そんな素敵な時間を、どうぞ、ぷりーず・ぷりーず・みー、あげいん。

ああ、もう半年もお逢いしてないので、想いが強すぎてます王子様エッセンスが…

あと2ヶ月…待ちきれないよぅ…

お稽古とか、もう、してるのかな、ドキドキ。今度はどんなことをやってくれるんだろう。わくわく。

ぺぺも、東京に、まだ見ぬあの場所に、行く計画でも立てておきましょう。

…って。

なんでエイプリルフールになんとも乙女な本音を書いているのでしょう。

もっとスゴイことでも書けばよかった。

4月1日、王子様とぺぺが婚約!!とか。

…それって、マジ、スゲくない?



むきゃ~~!!



でも、ホントありえないです。緊張しすぎて、無茶です。発作で倒れます。

もう、眠いので寝ます。

ああ、ホント、王子様に夢で逢えますように…最近はいつも一緒のかのお方ばかりが夢に出るので…う~ん…王子様、ぷり~ず

ということで、おやすみなさい、よい夢を。


タイトル クラムボン「君は僕のもの」 ぺぺは王子様のモノでもいいです★ 言われてみたいなぁ…きっと、反発しちゃうんだろうなぁ(^^;) 乙女心は複雑なんです。

« いつも私に恋をして。 | トップページ | 妄想乙女の生きる道。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつも私に恋をして。 | トップページ | 妄想乙女の生きる道。 »