WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« ゆっくりと、ほら… あの日の痛み近づいた。 頬伝わる涙 せめて、終わることのないキスを! | トップページ | 眠れないし 毎日の祝杯が 黒焦げになってゆく この感じ抜け出せない »

2008年8月 7日 (木)

ああお星様はこんなちっぽけな僕をきっと笑うだろう

ぺぺの住む街では、今日が七夕。王子様ブルーの青い空には雲ひとつなくて、織姫と彦星はきっと邪魔するものなく出逢うことができたのでしょう。そして、王子様とぺぺも…むきゃ~! 案の定、ぺぺです。

昨日に引き続き強い眩暈に悩まされておりますが、それはそれ。

王子様との出逢いにうまく結びつけることができれば…もわゎ~ん…

注)突然、妄想サル芝居が始まります。

…午後10時の地下鉄は、それなりに混雑していて。

隣に立っているオジサンからは、汗とアルコールの入り混じったにおい。…キモチワルイ…。どうしよう。急にクラクラしてくる。

大丈夫ですか!?

しゃがみかけたぺぺを支えてくれる、やさしい腕。…王子様

「すみません…ちょっと、気分が…」

あっち、席空いてるから、行きましょう

気遣ってくれるやさしい腕にすべてを委ねて、歩くぺぺ。心配そうに見つめる王子様。ふたりの間にやさしく流れ出す時間。コレって恋の始まりの予感!? …う、ヤバイ、ここからどうやってオチをつけるべきか、見つからないぞYes! Fall in love! ってどっかで聞いたことあるし


てゆーか、オチってなんだ!?


ただのラブストーリーでいいじゃないかー。とかいいつつ、ベタベタなラブの話なんてつまんねーよと思ってしまう、お笑い裏方志望(?)。

ああ、ぺぺって、書けば書くほど、乙女とは遠ざかってしまうのね…でも、ラブだけはたっぷりと。胸やけしちゃうくらいありますので(笑) だけど、ぺぺは純情なので、その表現の仕方がイマイチ間違ってるというか…なぜかコント仕掛けのオレンジ、じゃないや。おもしろい方向に行きたがっちゃうんですよね~。あはー 

だけど、さすがにもう何日続いてるかわからない早朝覚醒で、ぺぺはボロボロでございます。

王子様のおなか枕、じゃなくて腕枕がないと安心して眠れない、小動物ぺぺを救ってください。

折しも今日は七夕ですから、短冊に願いを込めて。



今年こそ、王子様と素敵でラブなコントを演じられますように



いや、嘘です。嘘です~。

フツーに逢いたいだけです。コントとか、やです。甘いラブストーリーならアリです(*´艸`*でも、恥ずかしいなっ ありませんから…

今年はもう、逢えないのかな? 逢わないと、忘れちゃう。ぺぺは、寂しいと死んじゃううさぎなので、かまってもらえないと死んじゃうかもしれない。あ、最初からかまってもらえてはいないか。じゃあ、もう生きてないです。って、違うだろう。

ああ、織姫も彦星も、こんなおばかなぺぺを、きっと笑っているのでしょう。

てゆーか、1年ぶりの逢瀬にいちゃいちゃするのが忙しくて、ひとのことなんかかまっちゃいないか。そうだよなー。ぺぺだって、1年ぶりの王子様見るのに必死だったもん。わかります、それがラブですから。

じゃあ、世の中に溢れる数え切れないくらいの短冊は、いったい誰が読んで、誰が叶えてくれるのでしょう? サンタクロース? 神様?

でも、ぺぺの願いは、王子様が叶えてく・れ・る・の えへっ

と気持ち悪く締めくくったところで、今日はお開きにしたいと思います。

今日もご拝見、ありがとございました

それではおやすみなさいです。素敵な夢を。ラブを。流れ星と同じ数だけのキスを。おえ~…悪夢見るぜ…


銀杏BOYZ「惑星基地ベオウルフ」 貴方はきっと幸せになれるわ、だって私を幸せにしてくれたもの。

« ゆっくりと、ほら… あの日の痛み近づいた。 頬伝わる涙 せめて、終わることのないキスを! | トップページ | 眠れないし 毎日の祝杯が 黒焦げになってゆく この感じ抜け出せない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆっくりと、ほら… あの日の痛み近づいた。 頬伝わる涙 せめて、終わることのないキスを! | トップページ | 眠れないし 毎日の祝杯が 黒焦げになってゆく この感じ抜け出せない »