WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 失ってしまったものは いつの間にか 地図になって 新しい場所へ 誘ってゆく | トップページ | 微笑む声が僕のものじゃなくなる瞬間 久しぶりに珈琲をたてよう 未来の事を話したい »

2008年9月17日 (水)

もう一度会いたい どこに どこに行ったの もう二度と会えない つなぎとめられない

ぺぺは最近、自分がお皿のうえのプリンみたいだと思っています。案の定、ぺぺです。

ふらふら、ふるふる。頼りない。

まぁ、食べないし寝ないうえに歩き回るから、ただふらふらしてる説もありますが(^ー^|||)

ライブ…行っちゃおうかなー。王子様に逢いたいです。お話をしたいです。

なんか元気が出ないんだもん。

これは絶対に王子様不足です。遠くからそっと見つめるだけなんて…それはそれでいいのだけど、猪突猛進ラブハンターのぺぺとしては(?)物足りないでございます。

お話したいし、触れたいし、あわよくば…むふふ…い、いえ、よからぬことなど、これっぽっちしか考えてないですよ。考えてるんかい!?

でもなー、やっぱり、ドラマチックを期待したい…今、「きたいしたい」を変換したら「来たい死体」となってしまいました。リビングデッドかよ…なんてこったい、水を差される乙女心。だがしかし、こんなことで凹んではいられない、ラブチックぺぺ。(どんどん意味フになってきてます)どうしても、偶然の出逢いに期待してしまうのです。

例えば。

※妄想スイッチ入ります。

急に降りだす雨。朝はあんなに綺麗な青空だったのに。

天気予報、なんて言ってたっけ? 朝はぼ~っとしてるから、テレビはただついてるだけ、ちゃんと見てるのは今日の運勢ONLY。そうそう、今日のしし座はラブ運絶好調 だから、かわいい服を選んだんだった。…けっきょく、こんなに濡れて、意味ないけど。

とりあえず、雨を避けるのに、近くの軒下に入る。

ホントに土砂降り、ひどい雨。

秋の雨はもう冷たくて、体が冷えてゆく。風邪を引いちゃうかも。

ばしゃん。

駆けてきた人が水溜りにハマって、ぺぺのスカートに水しぶきがかかる。

「きゃっ」 注)この時点でアリエマセン。ぺぺの場合、「ぅおっ!?」とかになります。

「あ、スイマセン…」

頭を下げながら、軒下に入ってきた…王子様…偶然の、運命の出逢い…

「かかっちゃいましたね…汚れちゃったかな…」

「いえ、だいじょぶです…元々、びしゃびしゃだったし。気にしないでください」

「でも…」

「いえ、ホントに」

こんなに近くにいて、心臓のどきどきが王子様に聞こえちゃいそう。

どうしよう、指先が、足元が、驚くくらいに震えだす。

「寒い…ですよね?」

震えてるぺぺを見て、王子様が勘違いする。

寒い…ことは寒いけど。気温なんかもう、感じていない。あなたの温度だけを感じている。

そんなぺぺに、そっと差し出される、ハンカチ。これで、スカートとか拭いてってこと?

ほのかに王子様の体温が残ってる。

見上げると、王子様は少し微笑んで、視線を雨に移す。

「雨…やまないですね」

雨の音と、かすかな王子様の息遣いだけが聞こえる空間。

ああ、雨がいつまでも降りやまなければいい。そうしたら、いつまでも、ふたりで、このまま…

このまま…



「ぶぇ~っくしょん」



静寂を打ち破る、ぺぺの女子度の低いくしゃみ。

思わず、口元にあてた王子様のハンカチに、もれなくついてくる鼻水クン。

しかも、びろ~ん…

「ふぇ…」

笑いを噛み殺して目を逸らす王子様。その肩が震えてる。

「そのハンカチ、あげますよ」

うれひぃけど…うれひぃれすけど…びろーんって糸を引く鼻水クンをこのまま放置するわけにもいかず…

びぃ~~む(鼻を噛む音)

こらえきれず笑い出す王子様

降りやむ雨。

「じゃ」

王子様は雨上がりの街、軽やかに走り去る。

王子様の向こう側には、なないろの虹がかかって、なんてロマンティック…

だけどぺぺは…

自らの鼻水まみれの王子様のハンカチを握りしめ、虹に叫ぶのでした。



「もう、こんな自虐オチは、嫌だぁぁぁぁ~~~!!!」



完。



ということで。

本日の妄想劇場はいかがでしたでしょうか(笑)

スポンサーがつけば、ぜひ昼メロに…どこがメロやねん!?

ちなみに、ぺぺのくしゃみは結構特徴的で、高い音で「くしゅっ」て。妙にかわいい、と言われたことがあります。ははは。アピってどうする。

ああ、でも、妄想書いてるうちに、元気になってきました。

結局、ぺぺの元気の源は妄想ってことですね。

それでは、今宵もドラクエタイムに移りたいと思います。

皆さま、おやすみなさい。ロマンティックな夢を。ドラマチックなラブを。



クラムボン「残暑」 君を見つめれば、身体中がせつなさに支配される。そばにいることもあたりまえじゃなかったひと。だけど、もう一度、あの日の君に逢いたい。どこにいるの?

« 失ってしまったものは いつの間にか 地図になって 新しい場所へ 誘ってゆく | トップページ | 微笑む声が僕のものじゃなくなる瞬間 久しぶりに珈琲をたてよう 未来の事を話したい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぺぺさん表現がかわいいですね

mihoサマ、こんにちはです。
ありがとございます♪
ってゆーか…下品ですよね…女子なのに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 失ってしまったものは いつの間にか 地図になって 新しい場所へ 誘ってゆく | トップページ | 微笑む声が僕のものじゃなくなる瞬間 久しぶりに珈琲をたてよう 未来の事を話したい »