WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

目をそらさずに ここにいよう 忘れていた 雨の色も 見えてくるよ

ただいまです。案の定、ぺぺです。

1泊2日の旅(てゆーか、出張)から帰ってまいりましたっ。

ホントに1泊2日!?ってくらい、盛りだくさんで、楽しかったデス

基本的には、会議への出席、だったんですが…

おいしいモノもいっぱいいただきましたし、素敵なイベントにも参加(?)できました。

いっぱいいっぱい、早く伝えたい。

でも、さすがにどろ~んと疲れてます(^ー^;)

だって、荷物&お土産置きに、会社にちょこっと寄ったら、なんかとんでもないことになってるんだもん。もー。

やらなくていいよって言われても、誰かがやらなきゃダメでしょう。

ま、いいこともありましたけどねーえへー

そんなわけで、旅のご報告はあしたにしま~しゅ。

今日は王子様の本でも胸に抱いて、眠ることにしましょう…涎とかたらしちゃったらマズイなー、サイン本なのに。

それでは皆さま、おやすみなさい。スイートな夢を。素敵なラブを。



クラムボン「雨」 帰ってきたら、雨でした。いつか君と見た雨の色を思い出そうと思いました。

2008年10月30日 (木)

身を削り言葉にして あなたの脳幹にロシアンルーレット

というわけで。(意味不明) 案の定、ぺぺです。

本日より1泊2日の出張でございまする。

夜の更新ができぬゆえ、朝にこうして書いていくでござる。

由緒正しき、毎日更新。

なんちて。

残念ながら王子様には逢えませんが、ごっつりスイーツ食べて帰ってきます

…いや、バッタリ王子様に出逢っちゃったら、どうしよう。



運命!?



どんな運命が待っているのか、こんがらかった真っ赤な糸はどういうふうに導かれるのか、今はまだわかりませんが、とりあえずかわいいカッコで出掛けますvvv

てゆーか、帰路の方がめっちゃかわいいのだ。

ギンガムチェックのシャツワンピ+ショーパン+ブーツなのです。ふふふ。

これで、悩殺するのだ(笑)

ああどうか、うっかりばったり王子様に出逢えますように。

行くぜ、ぺぺ!



くるり「ロシアンルーレット」 毎日、身を削って言葉にしています。だけど、届くか届かないかはわからない、ロシアンルーレット。

2008年10月29日 (水)

出会った頃の君は まぶしい笑顔で 僕の心を 解き放ってくれた

まぶしい笑顔…思い出すのは、王子様のライブ、2回目のとき。DVDを買った人だけ握手してくれる、ファンサービス。ライブのあと、物販スペースにいる王子様に、どうしたらいいのかなってDVDをチラ見せすると、にっこりと微笑む王子様。その瞬間、目の前に開かれた、キラキラした光の道も、もしやこれはヴァージンロードというヤツでは!? 注)まるで違います。 案の定、ぺぺです。

てゆーか…キラキラの道って、なんだかフランダースの犬の最終回、ネロがパトラッシュとお空にのぼっていくシーンのような…ああ、ぺぺ、今、生きているのだろうか… 注)生きてます!

いや、でも、ホントに光の道が開けたのですよ。

驚きました。

あれはなんだったのでしょうか。運命!?

その運命に導かれるまま午前4時の街までチャリをかっ飛ばし、見つけることができたものの何も言えず、むしろ不審者となってしまった不幸な過去が…考えるまい、今は王子様とはダイエット仲間として体重減らすことを約束をしあう存在なのです! 注)大げさな表現です。確かにお互い痩せましょうと言われましたが…

「ね、ね、王子様。今度、岩盤浴、一緒に行きましょうよ

※突然、妄想スイッチ入ってます。

「何、急に?」

「ダ・イ・エ・ッ・ト、ですよぅ。去年、誓い合ったじゃないですかー」

「はぁ? まぁ、もう少し痩せたい、けどね」

「う~ん、でも王子様はその丸さが魅力的ですよね」

「褒めてないよね?」

「褒めてますよぅ。丸くて素敵だって」

「丸いって…」

「いいじゃないですかー。丸くって、かわいい 丸くって、だいすきっvvv

「いや、だから、褒めてないよね?」

「丸いって、褒めコトバですよー。愛のコトバですっ」

「…まぁ…いいけど」

「ホントにかわいいですよねー、このぷにぷにのおなかっv もう、ラブっvvv

「…(怒)」

…いや、スミマセン。

でもぺぺは、どうしてもふっくら丸いのが好みなんです。やわらかいものに心惹かれるのです。ぷにぷにのおなかを枕にしたり、ほっぺたつついたり、したいんです。…まるで褒めてないですね。最終的に、「ぺぺはデブ専なんだ」宣言とかしかねない(笑) 自分ではデブ専認めてないんですけどね。もともと運動しててちゃんと身体ができてるひとが、ちょっと間違ってふっくらしちゃった、ってゆーのが理想で、ただただぶよぶよ太ってるのはまったくもってNGだもん。まぁ、好きになったら全然体型も顔も問わないですよ。てゆーか、王子様王子様であれば、太ろうが痩せようが全部ラブです。ぺぺのラブは無敵です!

あれ…? 何の話でしたっけ?

まぁいいや。

ちなみに、ぺぺはあしたから旅に出ます。

探さないでクダサイ。

なんちて。

ただの出張ですよ~。

あー荷造りしなくっちゃ。

それでは皆さま、おやすみなさい。まぁるい夢を。素敵なラブを。



クラムボン「EPILOGUE」 今日、一瞬、君とあたしの間にキラキラの道が見えた気がして、ドキドキした。やっぱ、すきだなぁ…。たぶん、今のあたしが君にできることは、精一杯笑いかけることだけ。あたしは、君の前では、何があっても笑い続けよう。

2008年10月28日 (火)

絶望の果てに希望を見つけたろう 同じ望みならここでかなえよう 僕はここにいる

心は消さない…案の定、ぺぺです。

最近は、寒いし、お天気悪いし、もう気分はどろろろ~んって感じ…

でも大丈夫。ぺぺには王子様がいるし♪ 注)いません。

王子様さえいれば、どんなに寒くても心はHOT。お天気悪くて暗くても、王子様キラキラで、ああ眩しい… 注)言い過ぎです。

それにしても、最近の王子様とのラブラブ感といったら。 注)あくまで妄想です。

妄想チャンネルをはじめた当初、ぺぺは「妄想デート」というものを書きました。今でも「妄想の世界」から読むことはできます。

そのころのおデートの初々しさといったら!



痒くなります…



妙にリアルで。

ああ、ただでさえ寒いのに、ますます寒くなります。イケマセンね~。

それでは、身も心もHOTになるラブなお話を。

※妄想スイッチON

待ち合わせ場所は歩道橋。

これはぺぺがお願いしたの。

だって、歩道橋はぺぺのだいすきな待ち合わせ場所。流れてく車の群れを見ながら、あのひとが来るのを待つ。

のんびり歩いてくるのかな? それとも走ってくるのかな?

手すりにもたれて、ぼんやりと夢を見る。

きっと歩いてくるなー。近づいてきたら、きっと歩道橋を見上げて、きょろっとぺぺを探すんだ。王子様を見つけたら、隠れなくっちゃ。くすくす。あー、ぺぺ、まだなんだーって思って上ってきたところを、驚かせるの。くすくす。

王子様のことは、きっとどんなに遠くからでもわかるはず。

癖のある歩き方、シルエット。

全部がぺぺの心を震わせるから。

こんなひと、なかなかいないよ。

いつから心のなかに入り込んだのかわからない。だけど気付いたら、いつも心のどこかにいた。

ああ、思い出すだけできゅんとしちゃう。

早く来ないかなー、王子様

ぺぺはとびきりの笑顔で、王子様を迎えるの…

「…何、やってるの?」

えええ?

あ。そっか。

反対側から来ることも、あるのね。そうですよね。

「ちょっと考えゴトですよぅ…」

「ふーん。ま、面白かったけど」

「何が?」

「ぺぺの百面相」

そこまで言うと、肩を震わせて笑い出す王子様

むき~。

かわいいとか思ってはくれないのですか。爆笑モノなのですか。

まぁ…いいや。王子様が楽しそうにしてるんなら、それで。

…とまぁ、2年半前の妄想をリライトしてみたわけですが。

ぺぺのなかで王子様が少しずつ具体化してますね(笑)

ぺぺのなかで遠慮がなくなってきてる…のかも。

ううう…昔と同じ注記を書いておきましょうか。

注)あくまで妄想の世界です。人物は実在しますが、あくまでもフィクションです。

というわけで今日はおしまいっ

おやすみなさいです。素敵な夢を。ラブを。



くるり「ワールズエンド・スーパーノヴァ」 希望…なんてあるのかなぁ。あればいいな。今日はほんの少しの思いやりを、ありがとう。でも、どうしたらいいのかわかんないよ。

2008年10月27日 (月)

日々は僕のなか どこまでもつづく 君は 僕のなか 誰もさえぎれないの

空が重い月曜日…身体も重い…てゆーか、昨夜全然寝れなかったんですよ。…食べ過ぎのせいかな? 案の定、ぺぺです。

こんなどろ~んとした気分を吹っ飛ばす…

そう、妄想です!!

ラブ純度200%UP(当社比)で過ごせば、ハッピー全開、金色銀色桃色吐息、ふんわりほんわか夢気分で過ごせる、はず。

それにしても、200%UP…どんな妄想があるというのでしょう。

せっかくなので、王子様の衣装はタキシードにして、真紅の薔薇の花束を持っていただきましょうか…



むきゃ~~~!!!



素敵です。完全無欠の王子様デス!!

なんか、先週の妄想の結末がアタマをよぎるけど…気にしないもん。

そして。

照れのせいか、王子様の表情が完全にコント仕様になってるところが気にかかるけど…気にしないもん。

だがしかし…

そんなキメキメの王子様のお側に、駆け寄っていくことが…



どうしてもできない orz |||



基本的に、ぺぺ本体は照れ屋サンでございますよ。ホントに、フツーです。

ゆえに、妄想上のぺぺの姿は、姫君などでは断じてなく、ごくフツーの…いや、フツーとは言い切れないかもしれないですが…サイドバーの「ぺぺ的ファッション」みたいなカッコのぺぺでございまして。どこをどうしても、タキシード+薔薇の花の王子様(キラキラ)とは釣り合わない…

回れ右して、帰りたい…

というわけで。

王子様はフツーの衣装(いつものTシャツ+JK+デニム)+手にはDSにチェンジ。

ほらね、これでぺぺ、安心して王子様の下へ駆け寄ることができる。

「お待たせしました~」

※妄想劇場スタートしてます

「うぃ~っす」

…ああ、コレは。DVDの再現ではないデスか…

ううん、気にしないもん。ぺぺはぺぺのペースで。

「遅くなってごめんなさい」

「んー」

「今日、寒いッスね~」

「んー」

「王子様、だいぶ待ちました?」

「んー」

「ぺぺ、走ってきたから、頬っぺ真っ赤っ赤デスよぅ~」

「んー」

「手もめっちゃ冷たいんですよぅ」

「んー」

「王子様、手、冷たくないデスか?」

「んー」

「見て見て、今日新しいマフラーしてきたのっ★」

「んー」

「モノトーンって、ぺぺ、珍しくないですか?」

「んー」

「出張のときにも使えるかなーって。これ、大きいからストールにもなるし、ひざ掛けにも使えるの」

「んー」

「今日、どこ行きますか?」

「んー」

「ぺぺねー、おなかすいたなー」

「んー」

「王子様はおなかすきません?」

「んー」

「ねー。どっか、行きませんか?」

「んー」

「…行きたいとこ、ないデスか?」

「んー」

「ゲーセン?」

「んー」

「…(怒)んーしか言えないデスかっ

「んー」

「んー」

「んー」

(怒)!!

「んー」

!!!(怒)!!!

「あー、ごめんごめん。今セーブしたから。じゃ、どこ行こっか」

「…えへっvvv

相変わらず、あっさり機嫌を直してしまう、ぺぺなのでした~あはー

も、もしかして「都合のいい女」体質!?

それは…まぁそこそこ、自覚してます…う゛ー

さ。昨日寝れなかった分、今日はしっかり寝なくっちゃ。

皆さま、おやすみなさい。ラブで素敵な夢を…見たいのはぺぺだけ!?



クラムボン「君は僕のもの」 そんなこと、言えないけど。僕の中にいる君は、僕だけのものだよ? 誰にも邪魔させない。

2008年10月26日 (日)

最後のときが いつかくるならば それまでずっと キミを守りたい

え~っと。言わなきゃ絶対に皆さまには気づかれないことなのですが、でもぺぺは告白してしまいます…モツ鍋食べてきたので、今たぶん、乙女とは縁遠いにおいがぺぺの周りを漂っているはず…あはー 案の定、ぺぺです。

すっかり弱った胃に、相当ヘビーでして。

ぐで~っとなってます。正直、キモチワルイです。

王子様、助けてプリーズ…

って言っても、胃腸薬飲ませてもらうことくらいしかできないかぁ…

「ぺぺ…何食べてきたの?」

※突然ですが、妄想スイッチが入ってしまいました

「なんでですかぁ~」

「いや、すっげーにおいが…てゆーか、飲んだ?」

「なんでですか~あひゃ~★」

「…その喋り方が…」

いや、ちょっと待ってクダサイ。今日、ぺぺ、飲んでないデスよ? さすがに、飲んだらヤバイもん。ぺぺだってそれくらいわかるもん。でも…妄想はそのまま進みます…

「おうぢさまだって、飲んでるぢゃないデスか~」

「俺はそんなふうにならないもん」

「一緒デス~。おうぢさまだって泥酔して、新宿のど真ん中で寝てたりするぢゃないデスか~。さー、飲み直しましょーvvv

「…もう、やめたほうがいいと思うけど」

「なんでデスか~」

てゆーか、ぺぺ自身、もうやめたほうがいいんじゃないかと思い始めてきました(^ー^;)

酔っ払いぺぺの失態も、書かなきゃ皆さまには絶対にわからないわけで…

だがしかし、面白いと思うことは何でも書いてしまう、悲しきモノ書きの性…

それにしても、明日の朝までににおい、消えてるかなぁ~?

ブレスケア的なものは食べたのですが、効き目や如何に?

それにしても、胃が小さくなりました。痩せちゃうかも(笑)

でも、木・金曜日出張で出かけ、行き先がスイーツで有名な市、一緒に行くのも女の子なので、たぶんごっつりスイーツ漬けになるはず。あー痩せられない。

ちなみに、ダイエットのライヴァルである越後屋サンには、ゴッツリ甘いお土産を買ってあげる約束をしています★ あ、Mにーさんにもスイートポテトたっぷり差し入れして、ますます丸さに磨きをかけていただかなくちゃ♪

そしたら、ぺぺが痩せたのが目立つはず…ふっふっふ。

…痩せたかどうかは、相対評価じゃないか。

ああ、王子様にもお土産差し上げたい…

とか思いつつ、今日はこのへんで。

おやすみなさい。スイートな夢を。あたたかなラブを。





Perfume「マカロニ」 君のことは、絶対に守るから。今、約束できるのはそれだけ。あとどれくらいの時間を一緒にいられるのかわからないけれど、あたしにできる全ての力で。 

2008年10月25日 (土)

ちゃんと抱いて この体に残るように 強い力で もう 泣かないでいいように

好きなことばは「1UP」です 案の定、ぺぺです。

え~っと。王子様と一緒にしてみました。えへ ラブ

今日、王子様の出ている番組の最終回で…しくしく…毎週土曜日のお楽しみが…

今日の王子様も素敵でしたvv

見るたびに思います。

「なんて素敵なの?」

なんてゆーか。フツーにカッコイイひとだと思うんですけど、何かが圧倒的に違ってて。

もう、ああ、きゅんv って感じなんです。

ラブ、恐るべし。

だけど、すきってそーゆーことかも。好みの顔とか、あるけど。そうじゃなくって、理屈でも何でもなくて、見るときゅんとしてしまう。笑顔が素敵とか、やさしかったとか、そんなの後付の理屈。たぶん、すきになる、心が反応してしまうのがいちばんはじめ。

まぁ…王子様については、テレビの中のひとなので、顔がまったく好みじゃなければそのまま「おもしろいひとだなー」で終わったかもしれません。

あんまりカッコイイひとって、好みじゃないんですけどね(笑)

…相変わらず褒めてない? いや、王子様はフツーにかっこいいですよ。似ている俳優さんを挙げれば、××とか、○○とか…ああ、ハッキリいえないことが面映い。でも、イケメン俳優さんです! ただ、王子様はちょっとふっくらしてしまって(ぺぺ好み、ちょっと年もとってきて(それもまたよし。以前よりやわらかい感じになってきてます)、かっこよさが伝わりづらくなってきているだけです。背だって高いし。学生時代の王子様なんて、リアルキラキラ王子様なんだからっ!

あ、別に誰も王子様を貶してないか(笑)

ああ、それにしても。王子様の番組が最終回だなんて、これからいったいどうやって土曜日を過ごせばいいのでしょう。

ちなみに今日のぺぺは、ドラクエ三昧でちた。あはー

今週ずっと調子悪くて、全然食べれなかったりしてたものですから、ちょっとフラフラしてたのですよ。

だからおうちでごろごろごろ。

夕方からお買い物に出かけたくらいです。

お買い物っていっても、スーパーという所帯じみた…まぁ、昨日はかーさんモードになってましたしねー。そもそもぺぺは「庶民的」でございますよ。(ひとから「庶民的だ」と評価される…褒められてるのかなぁ? ビミョー…)

しっかりエコバッグぶらさげて…

「王子様、今日何にします?」

※突然ですが、妄想スイッチONしてました

「Wii。」

「…(怒)ごはんのことデス…」

もう…どうして王子様はゲーム以外に興味を示さないのでしょう。

「寒くなってきたし、お鍋にしましょうか?」

「うん」

「…(怒)何も聞いちゃイナイときの『うん』デスね…

「うん…え? 何?」

「何でもないデス」

むき~!!

昨日の、ちびっこ王子様はめっちゃかわいかったのに。オトナ王子様はなんでかわいくないんでしょう。

そして、オトナ王子様と対峙するぺぺは、なんかコドモだなー。

う~ん、出直すとしましょう。あしたこそは素敵でラブラブな妄想カモ~ン(笑)

とりあえず、夢で素敵な出逢いを果たしましょう。

それでは皆さま、おやすみなさい。素敵な夢を。ラブを。





Cocco「焼け野が原」 信じたくて、でもまだ揺れてる。やっぱり迷惑なのかなぁ。泣いてばかりもいられないけど、泣いてばかりいる。心から信じれる日はいつになるだろう? 

2008年10月24日 (金)

あなたにとって私が一番でないなら悲しくなる。つらい事実だわ…

いちばん…王子様のいちばん…むきゃ~~~っっ!! あ、スミマセン、いきなり妄想MAXになってしまいました。案の定、ぺぺです。

王子様にとってのいちばん…それは。

相方サマであってほしいvvv

いや、BLとかではないのですが。

コンビ愛って美しいかなー、なんちて。

最近、王子様たちのラジオを聴いていないのですが(うわ~、ラブ薄まったと思われたらどうしよう…ラブ変わってないけど、ラジオが壊れたんですぅ~録音できないんですぅ~)、あの、ふたりがじゃれあってる感じがたまらなく好きなんです。そーゆーのを近くでニコニコ見ていたい…ああ、ラブ~。

王子様とぺぺがひとつ屋根の下で暮らしているとしたら、そのときには相方サマにちょいちょい遊びに来てほしいです★ で、王子様相方サマじゃれてるところに、「はいはい、そろそろごはんにしましょうね~」とか…って、おかあさんか!?

数日間、ラブ妄想をしない間に、ぺぺってばすっかり老成したみたいで(笑)

でも、いいなぁ~。これから寒くなるから、3人でお鍋を囲むとか。

た…楽しそう

やんちゃな相方サマ、に、やりこめられて少しむくれる王子様、に、それを笑っていなすぺぺ…

幸せ、ほのぼのだなぁ。

「俺、肉~。オマエ、豆腐やるよ。白菜も」 

「え~、俺も肉~」

「ダメー」

「なんだよ~」

「ちゃんと仲良く分けて食べてクダサイよ~。もう…王子様にはぺぺのお肉、あげますから」

「やったぁ」

「あ、ずりー。俺にもー」

「だめだよ、これは俺がもらったの!」

「でも、多すぎるだろー!?」

「やだー!」

「よこせよー!!」

「もう…いい加減にしなさいっっ!! 喧嘩するコはごはん抜きですっっ!!

「…ハー…」

って。

完全に親子じゃないデスかっっ!!

でも、…か、かわいい。かわいスギル…。

王子様相方サマのちびっこモデル…相方サマに泣かされる王子様うぁ~、かわいいっっ

「もう、相方サマはおにいちゃんなんだからっっ」

とか怒って、相方サマもうぇ~~とか泣いちゃって、ああ、もうふたりまとめてぺぺの胸でお泣きっ!みたいな。

あーもう、かわいい

注)あくまで妄想です。王子様はこーゆータイプじゃないなー。

でも…ここは恋する乙女の妄想ラブブログであって、かーちゃん養成ブログではないはず…(ちなみにおとっつぁんも養成サレマセン!!)

まぁ、ラブっちゃラブなんですけど。

ラブ

ラブもいろいろな形があるもので…

たまにはこんなラブもいのではないでしょうか。

ということにしておきませう。だって、考えたらまたお熱でちゃうもん。

それでは皆さま、おやすみなさい。ラブな夢を。てゆーか、明日こそは、もっといちゃいちゃ系ラブを。



安藤裕子「リズム」 ふたりが変わったっていうよりは、周りに変えさせられた、のかな? 分岐点はいつだったのかな? 元には戻れないのかな? それとも君は、もう振り返ることはないのかな?

2008年10月23日 (木)

Cherish Our Love

えっと。ちぃ~す、でございます。案の定、ぺぺです。

今日の7時が王子様ライブの千秋楽だったはず…おつかれさまです。

どんなふうだったのかなぁ…これからブログめぐりしなくっちゃ♪

DVDになるのかなー? なればいいなー。

と、のんびり書いてみましたが。

う~ん、リアルぺぺはぐっちゃぐっちゃでした。

火曜日にショックなことがありまして(でも朝に予約投稿済みだったので、ブログに影響はありませんでした)、それからず~っと思い悩んで。

なんてゆーのか、自分の中にすっげーこんがらかった糸が入り込んで、なんとか引きずり出そうとするけどどうにもならない、そんな感じでございます。

吐き出せない毛玉…

ホントに、人間不信になっちゃいますよ。

いちばん信じたいひとが、いちばん信用できないかも、だなんて。

考えれば考えるほど、???????????

おかげさまで、昨日は王子様がテレビに出てるってゆーのにすげー勢いで知恵熱出しておりまして(アタマが弱いコちゃん)、更にいえば熱だけでは済まなくて、何度も吐いてしまうような状態でした、あはー

だけどね。

よくわかんないけど、ぺぺは信じようと思いました。

最終的に傷ついたとしても、自分のしたいようにして傷つくのであれば納得できるかなーって。

正直、揺れ動く部分もありますし、いざとなると胃袋がひっくり返りそうになるし、ついついネガティブに転びそうになるけれど。

最初にぺぺは「守る」って決めたんだから、守りとおさなくっちゃ。

真相は闇の中、真実なんかどこにもない。

だとしたら、ぺぺは、真っ白なキモチで突き進むだけです。

神様、どうか、ぺぺに強さとやさしさを。

わけわかんない文章で、ごめんなさい。

自分を勇気づけるために書きました。超私的利用(笑) あ、いつもそうか。

そんなわけで、あしたからはたぶん、平常運行に戻る、はず。

妄想120%UPでいきたいと思いますvvv

それでは皆さま、おやすみなさい。よい夢を。スプーン1杯のラブを。

2008年10月22日 (水)

勇気と真実。

たった一かけらの勇気があれば

本当のやさしさがあれば

あなたを思う本当の心があれば

僕はすべてを失えるんだ

――――― くるり「ロックンロール」より

ごめんなさい。

ぺぺは今日は、どうしても書くことができません。

おやすみなさい。よい夢を。ささやかな望みを。

2008年10月21日 (火)

東京は夜の7時

夜の7時、原宿駅。

ごったがえす人の群れの中で、あたしはあの場所を目指す。

今日はライブ。

開場、6時30分。開演、7時。

ケータイの時計は、もう7時。始まってる。

人の波を逆方向に、かきわけながら進む。

おねがい、邪魔をしないで。あたしはあのひとに逢いに行くの。



交差点で信号待ち あなたはいつも優しい

今日も 少し 遅刻してる

早くあなたに逢いたい 早くあなたに逢いたい



走る坂道。

履き慣れないブーツのヒールが、軋むような音を立てる。

出掛けにひと吹きしたドーリィガールも、もう全部蒸発して、汗のにおいしか残ってないかもしれない。

満員の電車に揺られたせいで、ワンピも少ししわになっちゃったかも。

ああ、お化粧もしていない。

だけどそんなことより、早くあのひとに逢いたい。

とっておきのあたしを見せることよりも、何よりも、あのひとに逢いたい。

あと、もう少し。

あのひとの笑顔まで、もう少し。



トーキョーは夜の七時

嘘みたいに輝く街とても淋しい

だから逢いたい

トーキョーは夜の七時

本当に愛してるのに

とても淋しい あなたに逢いたい



ゆっくりと上がってくエレベータの壁にもたれて、あたしは少し、夢を見る。

それはとても幸せな夢…

このドアを開けたとき、ものがたりがはじまる。

小さく深呼吸して、扉を開く。

まぶしい、光の世界。

きっとはじまる、あなたとあたしの、素敵で幸せな、終わらないものがたり。



★   ★   ★



どもです。案の定、ぺぺです。

とってもとっても久しぶりのシリーズでございまする~vvv

意味不明度パワーアップしてますが…う~ん、ぺぺのなかでは、イメージPVみたいな映像として流れてるからなー(笑)なんか、綺麗っぽかったらいいんです。もう、何回も同タイトル、同条件で書いてるので、ネタが尽きてるんです(逆切れ)

ちなみに、「東京は夜の7時」、この歌詞の中でいちばん描きたいシーンは。

世界中でたったひとり私を愛してくれる?

待ち合わせたレストランはもうつぶれてなかった

薔薇の花を抱えたままあなたはひとり待ってる

夢で見たのとおんなじ薔薇

早くあなたに逢いたい 早くあなたに逢いたい

灯りの消えてるレストランの前で、薔薇の花束を抱えて、所在なげに立ってる王子様




むきゃ~~~!!!



ぺぺの中では、王子様はタキシード的なものを着ていて(前の前の単独ライブOP映像みたいな)、深紅の薔薇の花束を抱えてるの~、ラブ~。

お笑いの血が濃いぺぺも、さすがにこのスーパースペシャルロマンティックなシチュエーションでは、コントに持ってイケマセンですよ。ああ、王子様、待たせてゴメンナサイ。ぺぺは今、あなたの元へ駆けてゆくのデス、どうか受け止めてっっ!!

「あ…」

気がついて、はにかむような笑顔を見せる王子様

の目は。

ぺぺの後ろの微笑む美女を捕らえていて。

「待った?」

「いや、今来たとこ」

お、王子様? そのひとは誰デスか?

夜の街に消えてゆく、素敵ラブラブカッポー…灯りの消えたレストラン前、ひとり取り残される、ぺぺ。

そういえば、王子様と待ち合わせなんか、してたわけじゃなかったし~えへ~

てゆーか。

なんつー、オチやねん!?

とむなしくひとり叫んだところで、今日はお開きに。

皆さま、おやすみなさいです。よい夢を。明日への希望を。終わらない恋心を。



PIZZICATO Ⅴ 「東京は夜の7時」 もしかしたら、あたしは、ものすごい裏切り行為を受けているのかもしれない。それさえ、罰なのでしょうか?

2008年10月20日 (月)

ほんの小さなあなたの夢は 思い出だらけ 真昼の人魚

なんとも気怠い月曜日。案の定、ぺぺです。

こんなんならもう、おシゴトサボっちゃおうか、と悪い虫が騒ぎましたが…ぐっとこらえて、いってきま~す

だって、金曜日のトラブル、ちゃんと解決しに行かなくちゃ、なんだもん。ううう、なんでこんなときに~。でもしょうがないですよね。

まぁ、怠かろうが何だろうが、会社についてしまえばなんとかなる…と思ってたのですが、喉の痛みと、足元からぞわぞわくる寒気、絶え間ない眩暈…お熱が出てきちゃいました~あはー

ああ、こんなときには王子様がそばにいてくれたなら…

※妄想スイッチON

「なかなか熱、下がらないね…」

心配そうに、ぺぺのおでこに手を当てる、王子様

「ごめんなさい…心配させて」

「気にしない、気にしない。お粥、食べる?」

「うんっvvあつっっ!

た、食べさせてくれるのはうれしーんですけど…お願いだからゲームの画面から目を離してクダサイ!! 危険デス!! ほっぺた火傷シマシタ!!

てゆーか、なんだかこのシチュエーション、記憶にあるような、ないような。

お熱の日のデ・ジャ・ヴ? わからないけれど。

考えてみれば、お熱のある日は一晩中、なんだか怖い夢を見ます。だから、王子様に側にいてほしい。熱に火照る手を、そっと握っていてほしい…そう、コントローラーを握ってる手を離してさっっ!!

コホン…気を取り直して。

「王子様…今日、お稽古じゃなかったですか? 明日からですよね、ライブ」

「大丈夫。それよりぺぺが心配だから…今日はそばにいるよ」

むきゃ~~~!!! こんな大事なときだというのに。ごめんなさい、王子様。でも、ぺぺは、幸せですっ。

だけど…

王子様は「みんなのひと」。ぺぺだけのことを考えちゃイケナイ、ちゃんとお稽古しなくちゃなの、だって。

「そんな…ライブ失敗したら…DVDが出なくなるじゃないですか。印税、大事デスよ。家賃、また2か月分、滞納してるんですから…」

「そんなこと、気にしないで」

「…いつもすまないねぇ…」

「それは言わない約束でしょ、おとっつぁん



むき~!!

知ってるぞ、このやりとりはっっ。

それに。



ぺぺはおとっつぁんじゃ、な~~いっっ!!



はァ、はァ…取り乱しました。

どうして風邪の日コント(?)はこうなってしまうのでしょうか?

ぺぺはもっと、王子様ラブラブいちゃいちゃしたいだけなのに~。

…現実に起きたことがないことは、妄想さえできないってことですか、そうですか。

じゃなくて。熱があるなら妄想してないでさっさと寝ろってことですね。一理あります。てゆーか、全理あります(笑)

仕方ない、おでこに冷えピタシートでも貼って寝ることにしましょうか。

王子様にはぜひ夢で。

でもね~、もしも王子様とコントできるんなら、ぺぺはハゲヅラだって、厭わない覚悟でいますよんvv

そうじゃないか。

王子様の明日からの舞台、大成功でありますように。

心から祈りつつ。

皆さま、おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。



くるり「真昼の人魚」 あたしの小さな夢を、君に託した。伸ばした手を握るのも、つき離すのも君次第。叶えてほしい…小さな夢。だけど、大きな明日への希望。

2008年10月19日 (日)

2008、乙女の誓い。

昨日から、左手のくすり指が痛いんです…Σ( ̄□ ̄;)もしや、王子様の身に、何か!? てゆーか、今ごろお稽古中のハズ。案の定、ぺぺです。

タイトルですが。

いつもお世話になってますふるちょさんのところで自ら書いたことばをそのままタイトルに流用するという、物書きにあるまじき行為をしております。

でも、自分で書いた瞬間、「お、コレ、今日のタイトルっvv」って思っちゃったんだもーん。反省しないもーん。

さて。何を誓ったのかと申しますと。

ふるちょさんのところで書いたこととちょこっと違うでございますが。



「ぺぺは手間を惜しまない」



すべてはラブに始まります。

愛情って、手間を惜しまないことだと思ったんです。

誰かを好きになる。これは運命だったり(笑)偶然だったりするのでしょうが。

気持ちを伝える。

逢いに行く。

電話する。

メールをする。

約束を守る。

時間を作る。

毎日、想う。

やきもちをやく。

プレゼントを選ぶ。

全部、手間です。

なんとなく、フツーにやってるかもしれないけど、考えてみてください。嫌いなひとに、こんなこと、しますか? やれって言われても、めんどくせーよって、なるでしょう。

そして。例えばおつきあいをして、それに慣れてくると、つい手間を惜しんでしまう。

電話…今日しなくてもいいかな。メールの返事…あとで。

好き、そんなの、言わなくても、わかってるでしょ?みたいな。

でも、それじゃダメだなぁって改めて思ったんです。

恋だけじゃなくて。

たいせつなひと、全てに、ちゃんと手間を惜しまないようにしたいです。

なるべく、思ってることはことばにしようと決めました。

なんとなくわかっても、ことばにしないとちゃんとは伝わらないし、不安になる、不安にさせてしまう。そのことを改めて感じました。ぺぺがたいせつに思ってるひとと、しばらく話せない状態にあったのですが、金曜日に久しぶりにお話できました。ずっとどうなってるのか不安だったのが、少し落ち着きました。と同時に、ぺぺはたいせつなひとたちを不安にさせちゃイケナイなーって思ったのです。

だから、これからの「妄想チャンネル」、今まで以上に王子様へのラブを綴っていきます!!

え、イイコト書いてっぽかったのに、いつもと同じじゃないか、って?

ああ、そういえば、ずっと王子様へのラブは惜しむことなく書いてましたね。えへ

というわけで、明日からは今までと一見まったく同じで、だけど新しい「妄想チャンネル」がはじまります! なんちて。

それでは皆さま、おやすみなさい。よい夢を。限りないラブを。

2008年10月18日 (土)

いつまでたってもぺぺがいて 誰かのためにあなたは笑う 

十年たっても笑ってる。案の定、ぺぺです。

去年のこの日、くるりのバンドワゴンのこの歌詞を借りて、自分の気持ちを代弁して、妄想チャンネル休止宣言をしました…その舌の根も乾かぬうちに復帰しております。ふはは。

それまでもいろいろあったし、休止中もいろいろあったし、今もいろいろあります。

そのときにも書きましたが、「ぺぺ」が勝手に一人歩きして、「自分」と離れていくのが怖くなることが、今もあります。「ぺぺ」には暴走癖がありますし、制御できないときもあるので。妄想チャンネルは「あたし」の日記のようなものでもあるのですが、「ぺぺ」フィルターをかけた上で書くので、コメントとかいただいて、返信するために読み返したりしたときに苦笑することもときどき、あります。

でも、リアルな「あたし」なんて、見せても仕方ないじゃないですか。

たまに素が出ちゃって。あるいはどうしても「ぺぺ」になりきれなくて、ありゃりゃとか思いますけど。まだまだ書き手としての修行が足りません。

ぺぺ、いえ、あたしの夢は「つくるひと」です。

つくるものは何でもいいと思ってます。

それはひとりでもできることなんですけど、それを共有したい、発信したい、と思っています。

たぶん、ブログは、ぺぺの夢の一部です。

笑顔をつくりたい。

何かしらの感動をつくりたい。

実際につくっているものは、妄想与太話にすぎませんが(^ー^;)

それでも、おばかな妄想で、誰かひとりでも笑顔にすることができるのであれば、ぺぺは毎日書いている意味があると思っているし、これからも書き続けたいです。

いつまで書き続けることができるのかは、まだわかりません。

だけど、読んでくれるひとがいるって、幸せなことですね。

画面の前の皆さまに、限りないラブと感謝を。

それから、いつでもぺぺに書く気持ちを与えてくれる王子様や、こんなあたしを支えてくれるみんなにも。息が詰まるほどのHUG&KISSを…返品されそうだな(笑) でも、感謝してます。愛してます。

ホントに、すべてのひとに、感謝を。たくさんたくさんのありがとう。

あなたのために、ぺぺは笑います。

もう少しだけ、書かせてください。

ぺぺにとって書くことは、勇気だし、呼吸だし、愛なのです。

2008年10月17日 (金)

そっと あなたには 伝えたいから また ぼくは手を伸ばしてみる

ぺぺはやっぱり「こーたん」を愛しているのだなぁ…と思う今日この頃。案の定、ぺぺです。

あ、王子様ウワキなどではないデスよっ。

こーたん…元の名前は「コドラン」、種別はドラゴンキッズ。そうです、またドラクエの話です(笑)

数日前からまたやり直してます。今度は結婚相手を変えようかと思って。もっともぺぺに近い性格と思われる「デボラ」さんに(笑)

だけど、結婚相手より何より、連れ歩く仲間たち。ドラゴンキッズに出逢い、戦うたび、ああ、この子が仲間になってくれたら、と祈り。ついに仲間にすることができたのです。

ホントにかわいい。愛しいです。

前回のときと同じチームを組むことができて、ぺぺは幸せな気持ちになりました。

そのなかでもやっぱり、ぺぺにとってはこーたんは特別かわいいのです。

ちっちゃい身体で、火をぼーって吐いたりしてるのを見ると、愛しさでいっぱいになります。

「ぺぺはホントにこーたんを愛しているのですよ」

※急ですが、妄想スイッチが入っております

「『こーたん』って?」

「もー。ドラゴンキッズですよぉ。あー、見て見て、王子様。まだおばかだから言うこときかないで『ひのいき』はいてるっ。ほら、かわいいっvv ね?」

「ね?って。まだかしこくないだけだろ。…あれ、主人公、俺?」

「もちろんです~。だってぺぺは王子様ラブなんだもん」

「ドラゴンキッズは?」

もっとラブ

「…ふ~ん」

あれ~、王子様。ちょっと拗ねてる? もしかして、やきもち

「冗談ですよぅ」

「何が?」

あ。拗ねてたんじゃないのね。単純に、自分のやってるゲームに興味が移っただけなのね。

ちぇ~。ちょっとくらいやきもち、やいてくれてもいいじゃないか~。

てゆーか。その戦いっぷりって。

「なんで、ドラゴンキッズを集中的に苛めてるですか?」

王子様もドラクエやってて。

「だって、かわいくないんだもん」

くすくす。

なんですか、それ。もう。ぎゅっ

「拗ねちゃってる王子様が、いちばん、かわいいですよ」

うわ~~(゜□゜|||)


なんスか、この激甘ゎっっ。

これを書いたのは、ぺぺですか!?

ああ、甘すぎてくらくらする、くらくらするよぅ…

…ぺぺが、完全に現実逃避をすると、ここまで書けちゃうんですね。

新たな才能の発掘です(笑)

でも、ペペ的には王子様につれなくされたり、バイオレンスに向かっていかれたりするほうが、しっくりくるなー…喜びを感じますよ。って、どMか!?

あー、恥ずかしい。熱くなってきました。

今日はもう寝ます。

おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。激甘TIMEを。



クラムボン「バイタルサイン」 君が側にいると、心臓が跳ね上がる。君の側にいるときだけ、動き出す何か、それもひとつのバイタルサイン。

2008年10月16日 (木)

さよならいつかは笑顔で会えるよ いつもはにかんで気にしてほしいよ

今日は、なんだか疲れています…案の定、ぺぺです。

だってさー、打合せとかしたんですけど、IT系で。ブログとかちゃっかりやっちゃってますけど、ぺぺは機械音痴だし、インターネットとかそのへんの用語類とか全然だめなこなので、話してる内容がちんぷんかんぷん…え、ソース? ブルドック的な?みたいな。ひとりだけ明らかにポカン顔…(゜д゜;) それでも足りないアタマをフル回転させるので、疲労倍増、10倍増(笑)

王子様、助けてください、癒してください…

そのあとも外勤先でいきなりトラブル発生とか、ちょっとヤなもの見ちゃったり(ビミョーに自分も悪いのだけど)とか、あーもぉっっ!!

こんな日は、やっぱり王子様のお膝にごろにゃ~んvvv

※妄想スイッチON

「王子様。ぺぺね、今日、がんばったんだよ?」

「何を?」

「おシゴト~★」

「ふ~ん」

関心なさげに、画面を見つめる王子様のお膝にゴロゴロゴロ…

「ぺぺ、邪魔」

「え~、仲良くしましょうよ~」

どすッ。(急に王子様が立ち上がったせいで、ぺぺがソファから落下した音)

「いたっ」

王子様はすました顔で座りなおして、ゲームに興じてる。

ちぇ~。なんだよぅ…。でも。

「コレは、愛の痛み、なのですねっ」

どかっ。(蹴られた音)



というわけで。

なぜか日に日にバイオレンスな感じになってきてます(笑)

いえいえ、王子様がそんなひとだとか、ぺぺにそーゆー性癖があるとか、そーゆーことではございませぬ。ホントはラブなんですけどぉ~お互い照れちゃってるってゆーかぁ~、皆さまにそこまでお見せする必要はないって王子様が言うからぁ~…

いや、ホントに殴られますね(笑)

しょうがないんです。

王子様はツッコミの方なので、笑いを取るためには多少バイオレンスを感じさせる必要性もあるのでしょう。てゆーか、ぺぺはボケなのか? 本気でラブを語ってる、その存在がボケなの!?

う~ん…ぺぺはただの恋する妄想乙女なだけ…なんですが。

おもしろきゃ、いいか。

今日もおばかな妄想で、セルフケア完了です。

あしたもがんばろー。

それでは皆さま、おやすみなさい。素敵な夢を。麗しのラブを(笑)



くるり「Baby I Love You」 声が聴きたいな名前を呼んでよ 時間が止まってこのままがいいよ いつもはにかんで気にしているけれど。 君といるときには、いつも時間が止まればいいと思っている、自分がいる。

2008年10月15日 (水)

どんなあなたも受け止めたい 願うわたしを忘れないで どんなあなたも嫌いじゃない

満月。蒼い闇にぽっかりとまぁるいお月様が昇って、やさしく街並みを照らす。あ、ちょっと乙女ちっくな書き出し。これぞぺぺの真骨頂(笑) 案の定、ぺぺです。

今日のぺぺも、朝からヨレヨレでした。あはー

だから、あえてかわいいカッコでお出かけ。そしたら王子様にも安心して逢えるじゃないですか。 注)予定はまったくアリマセン。

POU DOU DOUのふんわりカットソーに愛するJOCOMOMOLAのスカート、マスタードカラーのカーデ、ミルク色のブーツに昨日と同じくモコモコポンチョ。今日も暑苦しいっつーの。でも、かわいいのだ。服だけ、ですが。

※いきなりですが、妄想スイッチが入りました

「ぺぺ、ホントに毎日…暑くないの?」

「乙女に暑いというコトバは似合わないのデス」

「でも…そんなに汗かいて…」

「これは、心の清らかさが美しい雫となって現れたモノなのです。『せかいじゅのしずく』的なモノです」

「HP全回復?」

解説しましょう。『せかいじゅのしずく』とは、ドラクエに出てくる道具のひとつで、摂取すると全員のHPが全回復するという、素晴らしいモノなのです。

「えへ~★」

ぱふっ。(後頭部を軽く叩かれる音)

「そんなの汚くて、飲めないだろう。逆に全滅だよ」

「ううう、ぺぺへの愛さえあれば…」

「どこに?」

むにっ。(王子様のおなかをつまむ音)

「王子様の、このふっくらしたおなかに」

ばしっ!(本気で後頭部を叩かれる音)



ああ、なんて日々、ラブラブなんでしょう。と思ってるのはたぶん、ぺぺだけ(笑)

どうか、王子様のおなかにはラブがたっぷりたっぷりつまってますように、と祈りつつ。

本日も額に汗し、正しい労働者した、ぺぺなのでした。

嘘です。あまりにも身体中の湿疹が痒いため、今日は終業後さっさと会社を出て、皮膚科に行って来ましたよ。

いろいろあって内心大パニックではあるけれど、お月様はまぁるくて。

どうか、今夜、あのひとの歩く道も、やさしく照らしてくれますように。

さ、ドラクエしよっと。

それでは皆さま、おやすみなさい。よい夢を。ラブを。



クラムボン「便箋歌」 君のことを守りたいと思ったその日から、どんな君も受け止めようと思っている。まだ、頼りないかもだけど、この両腕で。

2008年10月14日 (火)

踊り明かそう 甘いブルーラヴァーブルー 涙拭いて眠ろう

ここ最近、なんだか暖かくて。おシゴトなんかしてる場合じゃないっすよねっ★ 案の定、ぺぺです。

ちなみに、1年前の「今日」は、ぺぺ in TOKYO王子様と見つめあい(そりゃ、見るでしょう)、甘い甘い会話(!?)を交わし(誰が聞いても一般的な会話)、手を握りしめ合い(てか、握手会だった…)、未来のことを約束(お互いに痩せましょうってだけ)したのでした。あのとき着ていた半袖のニットワンピは、アレ、お金に困ったときに売っちゃったんだっけ? 履いてたブーツは、かかとが壊れました。あはー

ちょっとトホホなことを書いてしまいましたが、ぺぺにとっては王子様記念日」なので(…年に何回、あるのだろう…)、いつもよりオシャレしました。

黒い花柄ワンピ、秋っぽいロングネックレス、めちゃめちゃかわいいモコモコポンチョ…

だがしかし。

最高気温24度。なのにモコモコポンチョ。

かわいいけど暑苦しいでしょう、見た目的にも。帰りには寒くなるからちょうどよかったんですけどね。

でも、こんなかわいいカッコの日には、王子様と逢いたいなぁ。

※妄想スイッチON

「…ぺぺ、そんなカッコして、暑くないの?」

「かわいければイイんです」

「でも…汗、流れてるよ?」

「むきっ…これは…青春のナミダなのデス! あれ?

「涙は青春の汗、じゃなかったっけ?」

「むぅ…まぁどっちも似たようなモノではないデスか」

「無理しないで、上着脱げばいいのに」

「でもねっ、でもねっ、コレがかわいいんですぅ。超組み合わせ、かわいくないですか? 見てくださいよぅ、このポンポン。かわいいっ★ それに脱ぐと、このワンピ、太って見えるし…

「見える、だけ?」

むきぃ~!! 脱いだらスゴイんですからっっ!!

「イヤ、まぁ…ある意味、スゴイ、よね?」



「むきぃぃ~~~!!!」



んぁ~…なにゆえ、喧嘩となる?

でも、ぺぺをかまってくれる王子様(妄想の中ですが)とてもイキイキしてたので、許します。ぺぺを苛めて喜ぶのであれば、全然ぺぺは苛められっこになるのです…何、このどM発言(笑) てゆーか、このじゃらされてる感が好きなのかも。なんか、ラブです。

まぁ、実際のぺぺは言われっぱなしじゃなく、反撃にでちゃうでしょうけど。

王子様だって、脱いだらヒドイじゃないデスか~!とかさ。えへ

そんなこと言い合えるのも、きっとラブラブな証拠ですよねっvv

と思ってるのはぺぺだけだったりして。

う~ん、でも王子様は笑って許してくれるタイプだと、信じたいです。

それでは今日は、このへんで。

皆さま、おやすみなさいです。よい夢を。ぺぺにラブいっぱいの未来を。



くるり「ブルー・ラヴァー・ブルー」 欲張りなキモチが溢れ出す。もっと、もっと。とまらない。青い闇に明日の光が灯るまで、ずっと側にいて?

2008年10月13日 (月)

妄想乙女のスープストック

タイトル「妄想乙女~」は、ぺぺの中で勝手にシリーズ化しております。だからといって、内容に一貫性のあるものでもないのですが(笑) そのあたりがペペクォリティということで。案の定、ぺぺです。

タイトルはね、大切にしたいなーって思ってるんですよ。

くるりやクラムボンの歌詞から拝借してることが多いですが、それは素敵なことばだなーって思ってたり、じゃなきゃぺぺの心情を表してるなーって思ってたり。書いてる内容と、全然関係なかったりしますけどね。ヤル気になれば、そのタイトルからストーリーをひねり出すこともできると思います。なにゆえこの自信かと申しますと、高校生のときとか、そんなことばっかしてたのですよ。授業中とか、ね。

あと、高校時代は仲良しの子と「ことば連想ゲーム」みたいなことをいっぱいしてました。

例えば「赤」ってことばから何を連想するか。「薔薇」って答えるとする。そしたら今度は「薔薇」から何を連想するか。それを、延々とやってました。お題は元々20個くらいだったかなー。何人とやったっけ? 退屈な授業の隙間にぴったりでした。おもしろいですよ? 皆さんは「赤」で何を連想しますか? ちなみにぺぺは「STOP」です。

こんな経験が、ぺぺの描くことばのルーツにもなってるような気がします。ことばへの反射神経と、他のひとのことばに対する反応と。

歌詞をタイトルにするのは、実は小学生くらいからやってたんですよね。たぶん6年生くらいから日記をつけはじめまして。そのくらいの年頃って、すごい歌とか好きじゃないですか。で、これイイ!って歌詞を、その日の冒頭に書いてました。今もその延長なのかも。

考えてみれば、ホントにいろんなものを書いてました。

だから何だってこともないけど、全部が今のぺぺをつくっていると思います。

毎日書くこと。誰かに向けて書くこと。

誰かに向けて書く、ってことに関しては、ぺぺはまだまだだなーって思ってます。日々、精進中(笑) だってだって、最終的に王子様に届いて、王子様が感動の涙を流すくらいじゃないとさー。こんなに長く、外に発信してる意味がないのデス!

いえ、嘘です。

これ見て、感動の涙流されちゃったら、ぺぺショックでございますよ。

だって、ぺぺ、笑わせようと思って書いてるんだもん♪

そんなぺぺの今日は。

ホントに今日はぽかぽかと暖かくて、小春日和(って11月でしたっけ?)なんてことばを思い出しました。

そんななか、ガツガツチャリこいで。

探し物をしてたのです。

こないだ、番組の中で、王子様「いい匂い…」と本気で言ってたアレ。アレを手に入れたかったのです。きっとそれは、恋の香り。ライブのときにふと香るそれに、きっと王子様は胸きゅん、恋におちるかも♪ なんちて。

ライブ会場中、同じ匂いしてたら、どうしよう(笑)

相方サマもつけてたりして(爆)

けっきょく…ソレは普通には売ってないものだ、ということがわかりました。ショボーン(´・ω・`|||)

でもいいの。ぺぺの香りはいつだってドーリィガール。

王子様にかける恋の魔法…

かかってないか(^▽^;)

でも、ほんの少しでも、王子様に香りが届いてればいいな、なんて思うわけです。

なんて、本気で恋する女の子のようなことを書きつつ、今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。

2008年10月12日 (日)

今歩いているこの道がいつか懐かしくなればいい

本日はチャリンコライダー、略してチャリダー。案の定、ぺぺです。

お天気がよかったので、お昼過ぎからお布団干して、そのあとチャリで暴走してまいりました。あはー

だけど。いくらお天気がよいとはいえ、秋というものを侮るなかれ。数分間走ってるうちに、耳がいた~くなってきました。ううう、ニットキャップが必要なのか…それとも、イヤーマフ? てゆーか、ヘッドホンしてくればよかった!

まぁ、数km走るころには、寒くなくなってきました。

iPodから、だいすきな曲ばかりをかけて走るサイクリングロード。

ひと気がなくなると、結構本気で歌いつつの爆走。

くるりにクラムボン、曽我部BAND、銀杏BOYZ、フリッパーズギター、安藤裕子、ピチカート、斉藤和義、それから忘れちゃイケナイ、王子様たちのうた!! てゆーか、なんか統一性がないなー(笑) 妄想チャンネル並みに節操のないラインナップです。

今日は斉藤和義がよくかかる日で、あーでもカッコイイよなーとか思いつつ、口ずさんでました。でも、結構物騒かも。「幸福な朝食 退屈な夕食」(超好きなのっ)なんかを歌ってた(てゆーか、喋ってた?)んですが。

借金返済 印税収入 フェンダー・ギブソン オモチャじゃねぇんだ 知らない同士 体制と犠牲 変態行為 ロックンロール 島国社会 大陸社会 ライバル意識 劣等感

こんなことばを勢い喋りながら、すげースピードのチャリが横を突っ切ってったら。そりゃ、怖いでしょう。

世間の皆さま、ごめんなさい。

ぺぺ的には、ただノリノリなだけでした。

で、チャリ遠乗りは久しぶりだったので、20km先の行き止まり地点ではもう、へろへろ。

ベンチで休もう…と思ったら、ベンチのあるスペースでオジサンバンドの演奏会(?)みたいのをやってて、曲がぺぺ好みじゃなく休まりそうになかったので、飲み物だけ買って外をうろうろするだけで、むしろ疲れちゃいました。

200810121401000_6

とか言ってますが、めっちゃ楽しかったんですよ♪

青い空、紅葉、すすき、落ち葉。

景色がめっちゃ綺麗で、ぺぺはだいすきなひとに伝えたいと思いました。

そういえば、15日が満月でしたっけ? すすき、持って帰っちゃおうかな? お月見気分を満喫、したいじゃないですか。

なんて思ってたけど。

休んでるうちに出てきちゃいましたよ、筋肉痛

また20km、チャリこがなきゃなんないのに~。

てゆーか、1ヶ月乗らないくらいで、そんなに落ちちゃうか、筋肉。根性ナシめ。

駄目なぺぺは帰り道。行きの倍くらい時間をかけて、ゆっくり、ゆっくり帰りました。

こんこん からから ここんこん。

おっと、愛するくるりの「帰り道」を口ずさんでしまったぃ。

最終的には胃をキリキリ痛くさせながらのゴールイン。

お風呂で疲れた脚をもみもみしつつ、ぼんやりと今日書くブログのことを思っていた、はずなんですが。

今日は事実しか書いてません。あはー

王子様へのラブが全然出てないやー。

ぺぺは恋する生物なので、いつだって恋をしてはいるのですが、今はちょっとなんてゆーか、困ったことになってまして、う~ん…まぁ、王子様とは関係がないことなので、明日は楽しい妄想話を書くことにします。今日は眠くて無理です。

それでは皆さま、おやすみなさいです。よい夢を。素敵なラブを。



斉藤和義「幸福な朝食 退屈な夕食」 君がいなければいつだって退屈な夕食。いつか君が隣にいれば、それはきっと幸せな朝食。君は今、どうしているのだろう。 

2008年10月11日 (土)

狐の嫁入り、虹未満。

世間一般では「アラサー」とか「アラフォー」とか流行ってるようですね。でも、ぺぺには関係ない、だってティーンエイジャー街道まっしぐらなんだもん♪ あ、石、投げないでクダサイ。てゆーか、王子様、それは石ではアリマセン、というモノです! そんなもの投げてはイケマセン!! おゎ~~~!!! 案の定、ぺぺです。

まぁ、「妄想チャンネル」は夢の国(夢の島? いえいえ、妄想パラダイス!)でございますので、年齢など超越しているのです。ふはは。

皆さまにおかれましては、どうぞ好き勝手な年齢で考えてくださいませ。でもって、絶世の美女を思い浮かべながら…あー、今までさんざん「ぺぺはビーバー顔」って書き続けてきちゃったなー、むぅ…え~っと、絶世の美ビーバーを妄想して、お楽しみください(・∀・)アヒャ

さて、ぺぺは3連休でございます。

…何の予定もないけど orz

王子様がいるなら、旅にでも出たいところ、ですけどねー。

※妄想スイッチON

向かい合わせで座るカフェの席。ホントは隣に座りたいんだけど、席の都合上、仕方ない。ミルクティの湯気をはさんで、王子様を見つめる。そして目の前に、どさどさと旅行のパンフレットを置く。

「う~ん、今からじゃ海外逃亡は無理ですね~。近場…富○野や美○はお花も終わってるだろうし、どこがいいかなー? ぺぺはね、おいしーモノが食べれるとこが希望なのですけど。王子様は、どこか行きたいトコ、ありますか?」

「ゲーセン」

むきー!

DSから目もはなさない王子様。テーブルの下すましてる、白い大きなスニーカーを、思いっきり踏みつけてやる。

いてっ!

当たり前だい、天罰です。あれ、天が罰したわけじゃあないか、ぺぺがやったのか。う~ん。

「月に代わっておしおきよっvv

…何でしょう、この白く冷たい空気は。シベリア寒気団でもやってきたのでしょうか?

「ねぇ、王子様。ぺぺは旅に出たいんですよぅ」

「でも俺、舞台の練習あるし」

そうでした。10月21日~23日、コントライブがあるのでした。こんなにラブなのに、忘れちゃってるなんて、ごめんね、王子様。(´・ω・`|||)

「せめて、日帰りでも行けないデスか? …温泉とか、行きたいなー」

「ゲーセンあるとこならいいよ」

むきっっ。

…でも、イケマセン。最近、ぺぺは短気すぎます。

はじめは、一緒にいれればそれだけでいいって思ってたはず。ごはんを一緒に食べたり、メールしたり、笑顔でお話できるなら素敵だなって。それ以上は望まない、そう思っていたのに。

いつからか、贅沢になってしまった。

恋って難しい。

大好きでいること、それだけで幸せなのに。うっかり忘れてしまう。

同じだけ好きでいてください、なんて、望みすぎ。

一緒にいるときに、笑顔でいてくれること。一緒にいないとき、ほんの少しでもぺぺを思い出してくれれば、それで十分なの。だって、ぺぺが勝手に好きになったんだもん。

「ごめんね、王子様…」

「何が?」

こんなふうに、すぐにレスポンスがある幸せ。

だけど、わかってる。

今、レスポンスがいつもより早かったその訳は。

DSの充電が切れて、ゲームができなくなったからに他なりません!!

くそー成敗してやるっっ!! 王子様の脛を目掛けて、ローキック!!

「痛い、ぺぺ、痛いって~…」

というわけで。

こんなくだらねー妄想を、たったひとりカフェでニヤニヤと考えて、お店をでた夕方。お日様が出て晴れてるみたいなのに、なぜか雨。

こういうの、狐の嫁入りって言ってたなーって、相方サマが書いてたことを思い出しました。

うん、確かに。狐の嫁入りって聞いたことある。

相方サマのことばの知識、そしてかわいらしさに、なんだかにっこりしてしまいました。

天気雨なので虹を探したけど見つからなくて、地下鉄の駅まで走りました。

そんな、お休みの日。

それでは皆さま、おやすみなさいです。よい夢を。素敵なラブを。ぺぺに明日を。

2008年10月10日 (金)

さよなら言わなきゃそろそろ 迷わずためらわず

え、ぺぺの星座ですか? 超おとめ座ですっ って。おとめ座超えちゃってどうするよ? 案の定、ぺぺです。

でも、ハイパー乙女ぺぺとしては、たとえ星座といえど、女の子らしくありたいと思うわけで。

どんなにガサツであろうと、後輩女子から「アニキ」と言われようとも、ぺぺは乙女なんだったら乙女なんだいっ。

てゆーか、眠いです。

昨夜、全然寝てなくて。

完徹、まではいかないけど。もう寝不足だとカラダがもたないお年頃でございますよ。

こんなときには王子様が側にいて、ぽふぽふしてくれたら…

ふにゃ~ん。

そのまま丸まって眠ってしまいます。

ああ、王子様。どうして側にいないのでしょう。 注)側にいたとしても、どーなるものでもありません。

もしも王子様が近くにいたなら、王子様に何かがあったとき、ぺぺが王子様を守るのに。

なんてラブな関係

って、ラブラブ感に酔ってるときくらい、ゲーム画面から目を離してクダサイ!!

もう…王子様ったら♪ ラブv

とか書いてないで、今日は寝ます。

皆さま、おやすみなさいです。よい夢を。素敵な未来を。



くるり「街」 いつも困らせてごめんなさい。無理をしてほしいわけじゃない。ただ、ほんの少しだけでも、一緒にいたかったんだ。ここから歩き出す勇気が、ほしかった。 

2008年10月 9日 (木)

心配事なくなった未来は 面倒な約束しなくなって 宙ぶらりん恋も忘れた顔して

どんより、雲が重たい木曜日。いつまでもお布団にくるまっていたい…この枕が、王子様の腕だったら。ああ、ラブなんだかんだ理由つけて、会社はお休みして、今日は一日中、このままでいましょ? …いや、無理。ぺぺはおなかがすいてしまうのです。おなか、きぅ~~~~…仕方ない、起きるか。案の定、ぺぺです。

こんなふうに、なんだか気分がすぐれないときには、妄想でラブを補完して、乗り切るのデス。

※無理やり妄想スイッチON

今日はお天気が悪いから、会社を休んじゃった。

王子様と、ひとつのブランケットにくるまったまま、ぺぺはぼんやり外を眺める。

降り続く、雨。

「王子様、覚えてますか?」

「何を?」

「はじめて王子様とおはなしをしたのは、雨上がりのときだったんですよ?」

「へー」

「ぺぺはとっても緊張して、手も足もガクガクと震えていました」

「そんなときもあったんだ」

「だからね、雨は嫌いじゃないんデス。スーパーロマンティックレインなのデス!

「…はぁ…」

窓の外は雨、降りやまない。

音のない世界に、ふたりだけ…音のない…? 心なしか、機械的なシューティング音が聞こえるような…

王子様っ!

ぺぺ(ロマンティックがとまらない)がうっとり力説している横で、朝からゲームに興じているとはっ。

ちゃんと聞いてましたか!?

「あー、ハイハイ」

もー。聞いてないっ。王子様ってば、やさしくないっ。

あの、ロマンティックレインの夜、王子様は緊張して、もう訳のわからないことばかりを口走るぺぺの言葉に、一生懸命耳を傾けてくれてたというのに。ぺぺの大切な想い出を、どーでもいいこととばかりに扱って…

ぽふ、ぽふ、ぽふ。

むくれたぺぺの頭に、やさしい王子様の手。

ふにゃ~ん…

もう、ぺぺはそれだけで、マタタビ嗅いだにゃんこの如く骨抜きになっちゃう。

もっと遊んでもっと遊んで、しっぽパタパタふって喜ぶわんこのようにはふはふ側に寄るけど、王子様ってばもう知らん顔。てゆーか、ゲームとゲームの間にしか、相手にしてくれないんだけど。

でも、いいの。ぺぺは王子様がこどもみたいな顔でゲームしてるとこ見てるのも、好きなんだ。かわいいんだもん。どきどきする。抱きしめたくなっちゃう。

もー…だいすきっvvv ぎゅっvvv

「あ゛あ゛あ゛!!」

「な、何デスか?」

「手元、狂ったじゃないか…もー…家じゃ落ち着いてゲームもできないよ。ゲーセン、行ってくる!」

「お、王子様?」

バタン!(ドアの閉まる音)

王子様~カンバ~~~ック!!

FIN



え~っと。

The妄想ロマンティックレイン・スペシャルはいかがでしたでしょうか。全然ロマンティックじゃねーし。

てうーか、どーゆー関係なのでしょうね、ふたり(笑)

基本的には、飼い主とペット…?

まぁ、いいです。

雨の日は、ロマンティック。

早く王子様に逢いたいなー。リアルラブ、プリーズ。…実際にはいちゃいちゃなんて夢のまた夢、ですけどね(笑)

こんなぺぺ、本日は飲み会でしたが、いろいろ考えるのがイヤになって一次会の後サクっと帰ってしまいました。てへてへ。思うところはありますけどね。でも、期待するのとか、やっぱダメだったなーって思うのとか、もうイヤなの。

それでは今日はこのへんで。

皆さま、おやすみなさいです。よい夢を。ぺぺにはラブを。



くるり「地下鉄」 ホントは歩いて帰りたくなんか、ないんだ。だけど、地下鉄の駅には君との想い出が詰まりすぎていて、息が止まりそうになる。今日も歩いて帰って、途中で足が痙攣しかけた。ばかみたい。

2008年10月 8日 (水)

気まずいながら 笑っていたの 赤い嘘も またひとつそっと

朝、見上げた空がとても青くて、透き通っていました。この青空を皆さまにも…と思い、ケータイで撮った、のですが。現在、ぺぺのケータイには覗き見防止シールが貼られてて、太陽の下ではまったくもって画面を確認することができない状況にあります(笑) で、青空を撮ったつもりが、室内に戻って見てみると、なぜか横断歩道が写っていました。なんでやねん。案の定、ぺぺです。

せっかくの青い空、皆さまにお見せすることができなくて残念ですが、「王子様ブルー」と呼ぶにふさわしい、清々しい青さでした…が。

寒い。

青空にだまされてうっかり薄着、しかもチャリで出勤してしまったぺぺ、朝から鼻水じゅるじゅるです。

おまけに帰りときたらとっぷり日が暮れる秋の夜でございますので、もう、もう…

王子様、助けてプリーズ。

ぺぺの希望としては、人間毛布、後ろからぎぅって抱きしめられるの。ふぁぁ、ラブ~、心もカラダもHOTでございまする~です。

…て、ペペの夢を語ってるんだから、聞こえないフリしないでクダサイ、王子様!!

もぉ~。気がつくとすぐ、ゲームに熱中してるんだから…

※気がつくと妄想チャンネルに切り替わっていました(笑)

そんなとこもかわいくって、だいすき

う~ん、王子様がつれないから、ぺぺからぎぅ~ 抱きしめちゃうぞっvvv

「ぺぺ、邪魔」

むぅ~。

もう、慣れてますけど。

体重、乗せてやる。えいっ。

「重い」

…わかってますよぅ…一緒にダイエットしようって誓った仲ではないですか。※ここだけは真実です。誇張はしてますが。

だけど、このぺぺの重さは、ラブの重さなんだいっ。

だから、王子様、丸ごとぺぺを受け取って えへ

…って。シカトかいっ。

もうねー、妄想上もノリツッコミが激しくなってまいりました。どうしましょう。

だけど、こんなぺぺの生態が、王子様のコントの源となり、王子様がより素晴らしいネタを書けるのであれば、ぺぺはこの身を削ってでも王子様に尽くします…



はっΣ( ̄□ ̄|||)



そういえば、王子様はネタを書いていないんだった…

それじゃ、今までのぺぺの内助の功は? ってか、本能のままに動いてただけデスか? あれ? えへー

と本日の妄想小咄(笑)が終了したところで、お開きに。

いつもご拝聴、ありがとございますです。

それでは皆さま、おやすみなさい。素敵な夢を。愛ある未来を。



クラムボン「246」 君に逢う日が、とても楽しみで、とても怖いです。何もかもを失うよりも、中途半端な今の方が希望があるかもしれません。でも、いつまでも中途半端だと、ぺぺはこのまま小さく弱って、最後には生きていることさえままならないでしょう。

2008年10月 7日 (火)

僕なりに考えて出した答えの中に 君だって何だって いつまでも紡ぎたいんです

そういえば、赤い羽根共同募金のシーズンです。この時期になると、ぺぺが想像するのは…長くなりますので、まずは自己紹介を。妄想チャンネル支配人、案の定、ぺぺです。

赤い羽根…いったい、何の羽なのでしょう。ぺぺが思うに、「赤い羽のひと(鳥?)」が存在するのでしょう。で、毎年秋になると、どこかのお偉いサンがぞろぞろと「赤い羽のひと」のところに行き、

今年もまたひとつ、よろしくお願いしますよ」と。

きっと「赤い羽のひと」はお人好しで、毎年嫌だなぁと思いながらも断りきれず、1年間の「抜け羽」を渡すのですが、

そんなんじゃ足りねぇよ!

とすごまれて、泣く泣く自らの羽をぶちぶちと抜くのです。この「お偉いサン」、何者なんだ?

赤い羽根…これは「赤い羽のひと」の血と汗と涙の結晶なのです。

だから皆さん、ちゃんと募金をして、「赤い羽のひと」の心を少しでも救ってあげてください…

何の話だ?

とりあえず、現在ぺぺの席の周りでは、赤い羽根イタズラ運動推進中です。

ふと気付くと、座席やファイルやペットボトルに、赤い羽根が刺さっています。

主にぺぺがターゲットにしてるのは当然Mにーさんで、なぜなら彼はいつも難しい仕事をひとりで抱え込んでいるからです。いつだって、少しくらい、笑顔になってもらいたいじゃないですか。

ただ、MにーさんはイニシャルMのくせに「どS」(ぺぺに対してだけ?)なので、3倍返しが待っているかもしれません。うひゃ~。でも、受けてたつぜ。

以前イタズラターゲットであった越後屋さんは、席が離れてしまったので、リアクションを生で感じることができなくなったため、今はターゲットにしていません。ホントはおもしろいんだけどなー、越後屋さん。だって根が真面目なんだもん。

もちろん、王子様が近くにいたら、王子様だってターゲットにしちゃいます。

ゲームに熱中してる王子様の背中を、赤い羽根だらけにしたり(笑)

うひゃ~、赤い天使、完成っ

「なんだよ、コレ!」

「全然かまってくれないからですよぅ~」

あきれたように苦笑するのか、笑いを噛み殺して怒ったふりをするのか。どっちにしても、ぺぺの大好きな顔です。それとも、怒ったふりして、ぺぺを捕まえて、ぎぅ~



むきゃ~~っっ!!



ラブ~~!!!



てゆーか、一般的なハグより、はるかに喉元締められてるんですけど…スリーパーホールドみたいなんスけどしかも、力、強

ま、まさか、本気っすか!?

うぁ~、ギブ、ギブ。

手足、バタバタ。ホントに落ちちゃいますって~。

「どうだ、まいったか」

何、その勝ち誇った笑顔。王子様ったら、かわいいっ★ そういう問題なのだろうか…

…なんだか最近、ぺぺの思う「ラブ」が、わからなくなってきちゃいました(笑)

ぺぺは、アタマぽふぽふされたいだけ、なんだけどなー…

やっぱソフトボールくわえる訓練をしなくちゃダメかー…

ということで、本日はこれにてお開きに。

皆さま、おやすみなさいです。よい夢を。素敵なラブを。アタマぽふぽふを。



安藤裕子「TEXAS」 自分なりに、一生懸命考えているんだ。君のこと、これからのこと。君がやさしさを見せるたびに揺れるのは相変わらず。だけど君の近くにいたい。だけど正直、もうしんどい。あたし、頭悪いから、わかんない。

2008年10月 6日 (月)

守るものは此処には何ひとつないさ 伸ばした髪は僕の目や耳を塞いでる

え~っと。髪が伸びてます。週末に、髪の毛切ればよかったなぁ。案の定、ぺぺです。

今度は髪の毛、ふわふわにしてみようかなーとか考えてます。秋だし、女の子らしくかわいくしてみたいなーv てゆーか、ショートでストパかけなおすと、絶対中学生ヘアになっちゃうもん。まだストレート効いてたときに、チェックのミニスカはいてたら「どこの学生かと思った」と言われましたし。

あ。妄想チャンネル上は15歳だと公言してるんだった。あはー★ 

まぁ、そのくせして学校の話は皆無で(あたりまえだ)、シゴトが~とかそんな話ばっか。

シゴト…あ゜あ゜あ゜。思い出したくないでござる~。

話を変えましょう。

最近の妄想の主流は、王子様とぺぺがフツーにおうちでくつろいでゲームしてる風になってきました。

きっと、交際が安定(笑)しているのでしょう。

※突然、妄想スイッチ入ります。

「王子様~、10月なっちゃいましたね」

「うん?」

相変わらず王子様は、テレビの画面から眼を離さないままで。でもいいの。王子様のその仕草にも、慣れてきた。そして、王子様もむくれたぺぺの扱いに慣れてきた。アタマぽふぽふすればいいだけだからさー…。そんな穏やかな関係。

「どうしよう、1週間以上過ぎちゃいましたよ?」

「何が?」

王子様のお誕生日から、1週間以上過ぎちゃったデスよ!

「…で?」

ほら、ね。トートツなぺぺのフリにも、慣れてきてる…って、そうじゃないか。

相方サマとか、盟友さんとか、後輩サンとか呼んで、お誕生日パーティをしなくてはならないではないデスか!

はぁ?

「ちゃんと、お世話になってるひと、呼ばなくちゃですよねっ? 事務所の方とか。あー、いっぱいごはん、つくらなくちゃー。相方サマの好みはわかってるけど、ほかのひとは…後輩サンは、ふだんちゃんとしたもの食べてなさそうだからぁ」

あのー…

「ぺぺね、ケーキも焼きますねっ。ちゃんとキャンドルもたてましょう! 王子様はちゃんと一息で吹き消すデスよ」

あのね…?

「メインディッシュは何にしましょうか? オードブルはピンチョスっぽく、つまんで食べれるのにしようかなーって」

ぺぺ!

へいっ

「しないから」

「へ?」

「誕生日パーティとか、しないから」

「…なんで?」

「もう30過ぎて、パーティとかしないし」

「え~、(`ε´*)しましょうよ~」

「なんで相方とか呼ばなきゃならないんだよ」

「仲良しでいいじゃないデスか~。ラブですよぅ」

「ぺぺは、ただ、いろいろ料理したいだけでしょ?」

う゛っ

…会話が長いですね。

実際、ぺぺはごはんをつくって食べてもらうのが好きなタイプです。今はお部屋がぐっちゃぐちゃなので、誰も呼べませんが(^▽^;)

だから、ごはんをおいしそうに、好き嫌い言わないで食べるひとが大好きです。

そして、パーティとか、やたらと盛り上がるタイプです。

きっと、相方サマとなら、とめどなく盛り上がるんだろうなー(笑) ふだんは殆ど会話とかしないかもだけど、外向きの顔になると一気にはじけてしまうでしょう。でも、王子様はそーゆータイプじゃないよなー。

てゆーか…

予定もないのに、こんな長い会話を妄想してどうするよ…○| ̄|_

今宵もひとり寂しく眠りにつく、ぺぺなのでした。

今日は実は、帰りに温泉に立ち寄ったので、お肌つるつるなのですよん♪ なんだかゆっくり眠れそう。

皆さま、おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。



くるり「青い空」 いつか君と、青い空の下、手をつないで一緒に歩けたらいいのになーって、祈っていたんだ。まだ、君に教えていないことはたくさんある。伝えたいこともたくさんある。空の青さも、今夜の月も。

2008年10月 5日 (日)

妄想乙女は奔走する。

こんばんはです。王子様と恋に恋する妄想娘のお砂糖たっぷりメープル風味激甘ラブブログへようこそ★ 案の定、ぺぺです。

え~っと。週末はアクセス数が伸びるので、妄想チャンネルの紹介をしてみました。

あれ、先週もしましたっけ? 忘れてた。あはー

さて。今日は何の日でしょう。

の前に。

本日のぺぺでございます。

昨日のだらだらを反省…するわけもないぺぺは、今日もだらだらと「笑っていいとも増刊号」なんかをBGMにドラクエをしていました。

アタマの中では、ソファの隣に王子様がいるんだけどなぁ…

※妄想スイッチ入ります。

座ってる王子様のお膝を枕に、でろ~んとくつろぐぺぺ。

「ぺぺ、くつろぎすぎ…」

確かに。女の子として、間違ってます。でも、甘えん坊の動物としては、正しい行動です。くっついてたい&くつろぎたい。ラブラブしたい。すべてを満たしてます。

「王子様」

「ん~?」

「もっかい『デモンズタワー』行きたいけど、入れないんですよ~」

「あれは、もう入れない場所だから、仕方ないよ」

「う~ん、でも、ぺぺはアームライオンを仲間にしたいデス…」

「また初めからやりなおせば?」

「めんどくさいなー…」

「じゃあ、やめれば?」

むき~…『王子様』の装備を変えてやる…しんぴのよろいなんてもったいない、ステテコパンツにしてやる。兜はシルクハット。ぷぷぷ。ステテコパンツにシルクハットなんて、ヘンタイだよ。盾はおなべのふたで十分。武器は…とがったほね? ひのきのぼう? いやいや、素手で十分だぁ~。これですごろく場へGO!」 注)実際に「主人公」はこの装備はデキマセン

「…何の報復だよ?」

す、すみません。話がマニアックな方向に片寄ってます。

しょうがない、今や愛の園(!?)にいるのはゲーマー2人という設定になっております。日に日にマニアックになっていくのでしょう。

てゆーか…ラブでもなんでもないですね。

いや、ここからラブになるんです。きっと…

「…何の報復だよ?」

「なぁんでもないですよぅ~」

「なんでもなくないだろー?」

「いたた…ほっぺ、ひっぱらないでくださいよぅ。もぉ~」

えー…妄想上、すでにただのいちゃいちゃになっているので、自主規制イタシマス(笑)

ホントは…ほっぺびろ~んってなったぺぺの顔(とてもブサイク)を見て王子様大爆笑、終了、だったのですが…全然ラブでもなんでもなかったわけですが…

ということで、お待たせしました、今日は何の日?の答えです。

今日は、キング・オブ・コントの日でした~パチパチ。

何がめでたいか。

王子様は審査員として、テレビに映っていたのです。むきゃ~

あくまで「普通」、平凡な王子様。オーラ消しが特技だと言っていた王子様

だがしかし! ラブに溢れたぺぺEYESは、王子様がどんなに壁の花であっても、すかさずキャッチ!! まぁ。隣の相方サマがどうやっても目立つお方なので、見つけやすいという利点はございますが…ぺぺは王子様が後ろ姿でもわかるのさ♪ ああ、ラブ~。

ぺぺはバナナマン押しなので、残念ではございましたが…王子様たちが決勝にでてない時点で残念ですね。来年こそは。あと、ロバートが思いのほか面白かったこと(失礼な言い方ですね…ちゃんと見たことなかったの)と、あの審査システムはなんとかならんのかという思いと。あれじゃあ、同じ事務所の人の名前しか言えないでしょう。

まぁ、愚痴を言ってもしょうがないですね。

ぺぺはラブのことだけ考えましょう。

今夜は王子様の夢が見れるかな?

それでは、おやすみなさいです。よい夢を。素敵なラブを。

2008年10月 4日 (土)

お互い どこかで 無理していたのかな ふたりでいること つづけること

秋も深まって、日一日と寒くなってきました。だけど、暖房を入れるにはまだ早い&もったいない、というわけで、ぺぺは今、ものすごい時間をお風呂で費やすようになってます。半身浴効果で、今もカラダはぽっかぽか。案の定、ぺぺです。

今日はお休み。

もう、完全オフです。

てゆーか、引きこもってゴロゴロゴロ…

あ、ドラクエはしました。愛する最強チームのうち、ギガンテスのぎーさん以外、グレートドラゴンのぐれこ、キラーマシーンのきーちゃんはレベル最大までいってしまうくらい、やりこんでます。むはー★ 

ホントはスポーツの秋でもしたかったんだけど…お天気が今ひとつで。いや、正直に言いましょう、だらだらしたかったの(笑) 

これで、王子様も隣にいたら…

※妄想スイッチ入ります

「王子様ー、今、何やってるんですかー?」

「答えても、ぺぺがわかんないやつ」

むきーでもそのとおりデス…」

確かに、ぺぺはKOEIさんの三國志とドラクエくらいしかしないし、言われてもふ~んって答えるだけでしょう。ゲームに関しては、話が合わないの。相方サマとは、いっぱい音楽の話で盛り上がれるのにな。でもいいの。お話が合わない分、スキンシップで埋めるから

うしろから、ぎぅ~vvv

「ぺぺ、邪魔」

…ぶ~。

王子様にはラブが足りないんです~。邪魔って、なんだよ~。むしろ邪魔するぞ~。

とか思いつつ、ただ王子様の横にちょこんって座るだけ。しょうがない、王子様観察でもしよう。

王子様、真剣な顔、してるなー。

意外とまつげ長い。ぷっ、何、下唇、突き出してるんだろう? こどもみたい。かわいい。

そっと肩にもたれてみる。

ちょっとくらい、いいよね?

ふと、王子様の空気が緩む気配。頭、ぽふっ。もう、しょうがないなぁ。ことばの代わりに。

・・・



むきゃ~~~!!!



ヤバイっしゅ。スーパーラブです。スペシャルラブです。

自分で書いていながら、胸きゅんきゅんでございます。

今日はこの妄想夢の続きを思い描きながら、寝ることにしましょう。

カラダもまだ、ほくほく温かいし。

…まだ、寝るには早いけどね。

おやすみなさいです。素敵な夢を。愛ある未来を。



クラムボン「Epilogue」 このままおわってゆくのかな。だけど、君のやさしさのかけらにすがりつく。まだ、全身に君が焼きついて離れない。

2008年10月 3日 (金)

I still love キミの言葉がまだはなれないの あの日あの場所で凍りついた時間が

まだ離れないキミの言葉…「じゃあ、この次逢うときまで、お互いに(ダイエットを)頑張りましょう!!」 爽やかな彼の笑顔。深く深く頷くあたし…

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ ○| ̄|_ 

ごめんなさい、王子様。ぺぺは、ちゃんとダイエットを頑張っていません。そりゃ少しは痩せたさ。6月のライブに行ったときより痩せてるさ。でも、ちゃんと頑張ってるとは全然言えない、王子様とのたったひとつの約束なのに…案の定、ぺぺです。

お天気の悪い週末、ホントに身体が重くて(体重じゃなくって)、もうおシゴト行くの、やだぁ~と愚図りたくなりますが、そうも言ってられず。なんとか気分を前向きにするために、かわいいカッコしてお出かけしました。シンシア・ローリーの淡いピンクのカットソー(背中のりぼんがかわいいに黒地に白の小花柄の膝上ふわふわスカート、黒いポンチョ風ジャケット。お嬢さんバッグにリボン付のパンプスを合わせてみました。むは~ お嬢さんっぽい。

ここで、ふだんのぺぺのおさらいをしましょう。

ふだんのぺぺの装備は、スタープラチナとネコ耳と…おっと、これはドラクエ風ステータスのぺぺの装備だった(笑)

だけど、せっかくかわいいスタイルなのに、プリンターが詰まったときにコピー用紙の山の上によじ登るという暴挙にでるなど、やんちゃっぷりは相変わらずでございました。あはー 

どうやらぺぺは、「よじ登る」とか好きみたいです。あとね、「狭い隙間に潜り込む」とか。

動物か、とよく言われます(笑)

そんなことはないもん、と否定しますが、本能的に生きてることは否めません。

王子様にはぜひ、こんなぺぺを「おもしろ生物」として認識していただき、テニスボールをくわえて持っていった暁にはぎぅってして、アタマぽふぽふしてくださいっ

ただの動物じゃん…。

でもね、人間として生き、王子様と逢えないまま過ごすのがいいのか、動物として王子様のおうちでかわいがられつつ過ごすのがいいのか…後者だよなー(笑) で、すげーやきもちとかやくの。女の子がおうちに来たら、威嚇したり。ひっでーやな動物。でも、簡単にエサにつられます。あはー リアルペペも、食べ物を与えられると、「あのひと、いいひとだよー!」というようになります。あー、でも、王子様は譲れないなー。威嚇はしないまでも、べったり王子様にくっついて離れなくなるかも。王子様はぺぺのものアピール。で、王子様にすごくウザがられて、首根っこ捕まえられて、お部屋の外にぽいって放り投げられる、と。

ううう。

そんな冷たい扱いを受けたら、ぺぺ、野良化しますからねっ!

野良ぺぺ。

…今がまさにそんな感じかも。

てゆーか。

ここは乙女が描くラブブログ、じゃなかったのでしょうか。

今日はラブラブでも、親愛、といいますか。ちょっと違うんですよねー。

でも、王子様にぎぅとかぽふぽふとかされるのなら、もうなんだっていいです。

こんなわけで、ぺぺはこれからもスキンシップ推進運動を進めていきたいと思います!

なんの話だか。

それでは皆さま、おやすみなさいです。よい夢を。素敵な週末を。ぺぺにはラブを。



Perfume「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」 君は全然完璧じゃないけど、だけど存在のすべてがあたしの何かをくすぐる。そういった意味で、君はパーフェクト。今夜も逢いたくて、泣きたくなる。逢えないままどれくらいたったのかな、きっと、手を伸ばしてももう届かない。

ココロがすいた夜だから。

金曜の夜は華やいで。

繁華街、手を握って歩くカップル。待ち合わせ、ケータイを覗き込む男の子。

あたしは真ん中を突っ切って歩く。

風が強くて、きれいに巻いたマフラーが風に舞うけど、気にしない。

髪の毛もぐちゃぐちゃだけど…何も気にしない。

ただひたすら歩く。

風の中を歩く。

風に向かって歩く。

何も考えちゃいけない。

あるいは、おかしなことだけ考えよう。どうして右脚が前に出たときは左手が前に出てくるのか。どうして何もしなくても、ひとはごはんを食べたり眠ったりするのか。どうして秋の夜は長いのか。ひとはどこまで歩くのか。キオクはどこまで続くのか。

道すがら、スーパーに立ち寄る。

3割引でもなんでもない、お寿司を買う。

ふだんなら、絶対買わない。だって、高いもん。でも今日は買う。

おうちについたら、お寿司はすっかり片寄ってた。苦手なイクラが飛び散ってた。

あたしはお茶も入れないで、手づかみでお寿司を食べる。

お湯が沸くまでの時間がもどかしかった。

あたしはオナカがすいてたの?

ううん、全然。

あたしはココロがすいてたの。

満たされないココロを満たすために食べているの。

お湯が沸く。

熱い熱いお茶を入れよう。

そのあとは、熱いお風呂にでも入ろう。

そして、何も考えず眠ろう。

2008年10月 2日 (木)

時は過ぎ許されて 私に 居場所があるのなら

去年の10月は、王子様に逢うことができたのだなぁ。握手をして、お話もして。ヱヴァンゲリオンを見に行って!とお勧め映画を教わって。恋におちて。あ、最後のは、お互いに、ではありませぬ。一方的に(笑)。それはそのまえから、ずっと、か。案の定、ぺぺです。

ぺぺは秋があんまり得意じゃなくて、それはどんどん日が短くなるからとか寒くなるからとかそーゆー理由なのかな、心身のバイオリズムが乱れるというか、ホントに1年の中でいちばんダメなこになっちゃうので、何か自分の中で楽しいイベントを持ってないとふにゃ~ってなっちゃうのです。だけど、王子様に逢いにいく計画がない。国外逃亡も叶わなそう。ううう…もうダメだ。おなかがすいて、力が出ないんぁ~、何かが違う?

どうやら、楽しいことは「外から」じゃなく、ぺぺの中から、つまり脳内で作り出さねばならないようです。

すなわち、「妄想」。

むふふ、得意分野…

でもないか。最近は、ネタも尽き果ててきているかもしれません。

てゆーか、素晴らしく自分勝手なことを思い浮かべると、王子様はなぜか呆れ顔で登場するのです。ふきだしには「やれやれだぜ」とか入りそうな顔です…承太郎さんみたいだなー(笑) 或いは、なにやらゲーム機を盛っての登場で、こちらを見てはくれません。

なんで~!?

ぺぺの妄想なんだから、ぺぺの好きなように動いてよ~。

と嘆きつつも、王子様だってひとりの人間、やなものはやなのでしょう。

なぜ嫌だと思うのか。

きっとそれは、以心伝心…



むきゃ~~っっ!!!



…今、本気で嫌な顔をした王子様が、頭の中いっぱいに広がっています。

そんなふうに邪険に扱われても、ちょっぴし幸せを感じちゃうぺぺって、もしかしてどM!? でも、ひとのよい王子様にこんな顔させちゃうなんて、すごい特権! ただのファンより1歩進んでる!! …ただの迷惑?

だけど、妄想じゃなくて、本物に逢いたいです。

寂しくて死んじゃうかもしれない。う~ん、でもぺぺは生きてるなー。まだだいじょぶです。

せめて夢で逢いたいです。

夢の中ではラブラブしてたい…けど、夢は妄想以上に難しいのでした。あはー

それでは皆さま、おやすみなさい。素敵な夢を。終わらないラブを。王子様を。



安藤裕子「忘れものの森」 君を失ってデラシネとなりましたが、それでも君のことはいつでも心配です。胸が苦しいです。抱きしめたいです。

2008年10月 1日 (水)

からだが あなたを知らなければ 引きずる想い出もなかった

秋の夜長。夜のしじまに響き渡る、ゲーム音…なんか眠れなくって、ず~っとドラクエしてました。オイラ、ちょっとヤバイかも? 案の定、ぺぺです。

ああ、女子度が下がってゆく…

清らかな乙女たるもの、夜は王子様の面影を追いかけ、微笑みながら眠りにつくべき、なのです。

でも、寝れなかったんだもん。

正確には、夜中起きちゃう、だけど。

このままだと、ぺぺの頬っぺのつるつる感、危うし!です。

たいへん、ぺぺの唯一の取り得なのに。

それもこれも、王子様に逢う機会がないのが悪いのです。ラブ不足=睡眠不足なのです。

逢いたいなー、王子様

長い長い秋の夜、帰り道。お月様の向こう側まで、一緒に歩き続けたい。手をつないで、星を数えて、枯葉を踏んで、歩きたい。

てゆーか、眠いです。

王子様の腕枕で眠りたい…はぅ…ね、眠れない…ラブすぎる…鼻血ぶー。

でも、今夜こそは、そんな素敵に幸せな妄想で眠りにつきたいです。

…あ、自分で「妄想」認めちゃった(笑)

てゆーか、今夜は徒歩帰宅。きっと今日こそ眠れるでしょう。

幸せになりたいなー。胸が苦しいのは、もうたくさんなんです。

それでは皆さま、おやすみなさい。よい夢を。素敵な明日を。



Cocco「雲路の果て」 君の夢を見て、飛び起きた夜中、あたしは泣いていた。こんな夜はいつまで続くの?

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »