WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 大丈夫 息も止まりそうなくらいの約束 守る | トップページ | 何度も 何度も 埋めようとしても 満たされないのは なびかない 風のよう »

2008年11月20日 (木)

ひどく濡れてる記憶は あなたを また ねぇ 探してしまうから。

不思議の国に行っちゃったのは、アリス。妄想の国で逝っちゃってるのは、そう、ぺぺでございます。ふはは。案の定、ぺぺです。

ところで今日は、雪でした。

積もりました。

道路がツルツルでした…なのにぺぺは今日に限ってブーツじゃなくて。

ちょっと事情があったのですが。

う~ん、王子様が隣にいたら、どさくさにまぎれていちゃいちゃチャンスだったのにー…

※妄想スイッチON

「あ~ん、王子様~。ツルツルで滑っちゃう~。腕につかまってもいいデスか?」

「ちょ…ちょっと待って。俺、慣れてなくて…」

あ。そうでした。

ぺぺは北国っこですけど、王子様は江戸っ子。江戸っ子といえば、雪が降ったときに骨折してるはず(歪んだ情報です)。凍ったつるりん道路をさくさく歩けるわけがなかったのでした。むしろ、ぺぺが引っ張っていかなくちゃ、なのかも。

「王子様、だいじょぶデス! ぺぺにお任せ!! さぁ、この手につかまって!」

「…先刻、腕につかまってもいいかとか、言ってなかったっけ?」

「う゛っ、スルドイ…」

「それに、結構、恐る恐る歩いてるよね?」

「そ、それは。シーズン初めだからデスよぅ」

「そんなひとの手につかまりたくないなぁ」

「なんだかんだいっても、ホントは手をつなぎたいのでしょう?」

「全然」

「くすくす。王子様は照れやサンだからなぁ」

「別に」

「いいデスよ、手くらいつないでやっても」

「なぜそこで強気になる?」

「てゆーか…ぺぺは手をつないでほしいのデス!

イヤだ!



あれー? おかしいなぁ。

いちゃいちゃと手を握り合うはずだったのに…

わかりました、王子様。続きは夢の中で、ってことですね!?

…空耳かな、今、「イヤだ!」って聞こえた気が…

ふざけてないで早く寝なくちゃですね。

どうにかして2月のライブに行けるように、画策しなくっちゃ。

それでは皆さま、おやすみなさい。素敵な夢を。スイートなラブを。



Cocco「星に願いを」 欲張りな心が君を求めていた。もう少し、一緒にいたい。いつだって、もう少しだけ。止まることのない想い。堪えてたら涙が出たから、慌てて逃げ出した。

« 大丈夫 息も止まりそうなくらいの約束 守る | トップページ | 何度も 何度も 埋めようとしても 満たされないのは なびかない 風のよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

心がうっとりしましたよ

みほサマ、こんばんはです。
なかなかいちゃいちゃになれません。
誰のせい!? ぺぺのせいか…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大丈夫 息も止まりそうなくらいの約束 守る | トップページ | 何度も 何度も 埋めようとしても 満たされないのは なびかない 風のよう »