WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 空気が薄いのか水かさが増したのか こんなに苦しいのは初めてです | トップページ | 秘密のマシーンのスイッチひねって すべてはついに動き出す »

2008年12月18日 (木)

笑撃の夜!

王子様とぺぺのラブラブな世界(別名:ただの妄想)へようこそ。案の定、ぺぺです。

とはいえ、本日お送りいたしますのは、妄想愛の劇場ではなく、まぎれもない事実でゴザイマス…心してお読みください。なんちて。

さて、イベント続きでしたが、本日最終日。

ぐったり疲れての帰り道。時刻は午後9時過ぎ。

まっすぐ帰る? どっかでお茶する? ネカフェで漫画でも読む?

あ、足を伸ばして、お風呂に入りたい。

このだるさを取るためにも、温泉、行っちゃえ♪

というわけで、てくてく歩いて、近場の温泉まで行きました。

そんな夜の話。

ぼわ~んとしたアタマで服を脱いで、まずは洗い場でボディソープを泡立てていると、隣に韓国かな台湾かな、日本人じゃないアジア系のおばちゃん3人が座りました。

隣のおばちゃんがぺぺに話しかけてきました。

「肌キレイね」(ビミョーに日本人と異なるイントネーションで頭に思い描いてください)

「ありがとございます~」

ぺぺは、肌だけは褒められます。何せ、特技つるつるほっぺですから(笑)

「いつまでもちますか?」

「…ハイ?」

何歳までつるつるがもつのかを聞かれてるのかな? でも、そんなのわかんないし、と考えていると。

「日焼けサロン」

「…は、ハイ?」

「日焼けいつまでもちますか?」

…ぺぺは、色黒っこです。でも、日サロ利用と思われるとは。てゆーか、今も日サロ通いってあるのでしょうか? 行くまでもなく黒いので全然わかりません…

「え~と、日焼けじゃないです。もともと黒いんです」

「もともとクロイ?」

「ずっと黒いんです」

「…ずっとクロイ?」

あれー、日本語わかんないかなぁ?

でも、そのおばちゃんが何かを思い出そうとしてるふうだったので言葉を続けました。

「地黒なんです」

おばちゃん、ぱっと顔を輝かせました。

「地黒!!」

そしたら、ほかのおばちゃんたちも、なぜか呼応しました。

「ジグロ!」

「ジグロ!!」

夜の10時。

なぜぺぺはおばちゃんに囲まれ、地黒と叫ばれ続けなければならない!?

ほかのひとも一斉にこっちを見るし…穴があったら入りたいですよ…

ため息をつきつつも、いろんなお風呂や塩サウナなどを堪能し、露天風呂に行くと、先ほどのアジアおばちゃん3人組とまた一緒になりました。

「おねちゃん、ヒトリでだいじょうぶですか」

「え、大丈夫ですよ?」

また、何を言われるんだろう?と思いつつ、返事をしました。

「おねちゃん、おいくつですか?」

「○○です」 妄想チャンネル公称は15歳ですが、ここでは実年齢(笑)を答えました。

「○○!?」

確かに、ぺぺは童顔です。年よりずっと下に見られます。

「ウソだー!!」

そのおばちゃんの声に、他のふたりもまた呼応しました。

「ウソダー!」

「ウソダー!」

露天風呂に響き渡る「嘘だ」の大合唱…なんでだー!?

「おねちゃん、ウチのムスメより大きい(年上ってことかな?)よ。ゼンゼン○○歳、見えないよ。手も小さいよ」

「いや…手は…」

「おねちゃん、ムスメより顔も小さいよ。でも、手がいちばん小さいよ」

「はァ…(なぜ、手が小さいことに行き着く?)

「ホントに○○歳?手が小さいのに?」

(だから手は関係ないでしょう)…はい、そうなんです」

「ウソだー」

「ウソダー」

「ウソダー」

嘘だの大合唱の中、哀れぺぺは「お先に失礼します…」と言い残し、露天風呂を後にしたのでした。

それにしても…これを書いたらぺぺが特定されるかもしれないと思いつつ、あまりにおもしろかったので書いちゃいました。

ホントに…癒しを求めて温泉に行って、これは。

まぁ。得がたい経験でした。あはは。

現実は妄想よりも恐るべし(笑)

それでは皆さま、おやすみなさい。地黒な夢を。嘘じゃないラブを。

« 空気が薄いのか水かさが増したのか こんなに苦しいのは初めてです | トップページ | 秘密のマシーンのスイッチひねって すべてはついに動き出す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
一人でいると心配されるほど小さく見られるなんていったい何歳だと思われたんだろう?
アニメに出てくるような三人組のおばちゃん達ですね。温泉トリオの「ウソダー」…ウケル(笑)

ふるちょサマ。こんばんはです。
プールでは中学生、スキー場では小学生に間違えられたぺぺです(笑)
ホントに、アニメのような世界でした。
妄想の世界ではぶっ飛んでるぺぺも、現実の前ではフツーに羞恥心を覚える乙女なのです。でも、おもしろかったです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空気が薄いのか水かさが増したのか こんなに苦しいのは初めてです | トップページ | 秘密のマシーンのスイッチひねって すべてはついに動き出す »