WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 溶けてなくなった氷のように花の名前をひとつ忘れて あなたを抱くのです | トップページ | 最高の甘い笑顔で嘘ついた キミはいつでもシークレット »

2009年1月 7日 (水)

月日は過ぎて いま時を知り あなたのことだけ今 やさしくしたい

う~ん。すっかり怠け癖がついてます。案の定、ぺぺです。

眠いんですよね~。春だから? うにゃ~。寒いからかなぁ。寒いのに寝たらヤバイっすよね?

でも、夜のカイシャはホントに半端なく寒いです。もこもこ防寒具を着こんで、靴下を2枚重ねて履いて、おシゴトしてます。

傍らには、セールで買ったかわいいサーモマグv

どうしてもカイシャにいる時間が長いので、デスクまわりがどんどんかわいいモノに侵略されてます。

そうやってセルフケアしてるわけです。

それにしても、ぺぺのデスクはファンシー(笑)ですよ。日に日にひどくなってます。

1 Photo

コレは8月の写真ですが。

今は病状が悪化してます(笑)

気が付くと、マウスにかわいいシールを貼っていたり。ガムのボトルもカスタムされてたり(笑)

あとは隣に王子様さえいてくれれば…

※妄想スイッチON

「というわけで。今日は王子様と同僚になっちゃうのデス~。禁断のオフィス・ラブ。えへ★」

「あー…」

「何を戸惑ってるですか、王子様?」

「俺、会社勤めって、したことないんだよ。背広も着慣れないし…」

※背広―以前、王子様は「スーツ」と言わず、「背広」と表現していました。いつの時代だ?

「えー、でも素敵ですよ かっこよさ3割UPですvvv ラブMAXです!」

「うん…」

「…ここでバイオレンスな展開にならないのは、調子狂いマスね…」

「なんか落ち着かないんだよ。俺、何すればいいのかな?」

「とりあえず、給湯室あたりでいちゃいちゃしてみますか?」

「うん…」

うゎ…王子様、ホントにヤバイですよ? お熱ありませんか?」

「もう、俺、駄目かも」

「ホントにムリっぽいですね。しょうがないなぁ。すみませ~ん、王子様&ぺぺ、今日は早退シマス!!

「…なんでぺぺも一緒に…?」



というわけで。

意外な王子様の弱点でございました。

ホントはシゴトくらい、ちゃんとこなせるだろうと思いつつも、へなちょこ王子様もかわいいかなー、なんて妄想です。

いやー、ホントにかわいいです。DVDのへろへろ王子様を彷彿とさせます。

弱いトコ見せれるのも、ラブならでは、ですよねっ。

でも、実際は…早退なんて無理です。土曜日、ボーイフレンドのM君(4歳)に逢いに行こう(=髪を切りに行く)かと思ってましたが、どうやら残務処理になりそう…寒いんだよなー、休日出勤。

まぁ…今は考えないようにします。

そんなことより、早く寝よう…

今日も遡り投稿、ぽちっと。

それでは皆さま、おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。



くるり「さよなら春の日」 さよならの日が近づいています。だけど、ホントは、いつまでも、そばにおいてほしい。どんなかたちでもいいから。泣きたいくらい、いつだって一緒にいたいの。

« 溶けてなくなった氷のように花の名前をひとつ忘れて あなたを抱くのです | トップページ | 最高の甘い笑顔で嘘ついた キミはいつでもシークレット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 溶けてなくなった氷のように花の名前をひとつ忘れて あなたを抱くのです | トップページ | 最高の甘い笑顔で嘘ついた キミはいつでもシークレット »