WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 君は歩く 考えてるずっと 歩き方変えてまでずっと ごまかし効かなくて困った | トップページ | あなたの指が しみついたままで 上手に歩けるはずもないのに わたしは何処へ? »

2009年1月22日 (木)

嘘じゃないさ 目の前を夢中で過ごしているさ それなのに

目の前を、夢中、というより、必死で過ごしています…案の定、ぺぺです。

いや、それもビミョー…眠くて、水中をたゆたってるみたいな、ぽや~んとした時間もあるしなー。

とりあえず、日々をどうにか過ごしてます。えへ

そして今日は遡り投稿…

う~ん、こんなときこそ、カラダ中、ラブでいっぱいにしなくては。

※妄想スイッチON

「というわけで。ぺぺにはラブが必要なのです~。さあ、王子様、ホールド・ミー・タイト!」

「な、なんだよ、急に!」

「だって~。ぺぺには、お外に出ると7人の敵がいるのです。ゆえにおうちでは癒されなくてはイケナイのです」

「7人の敵がいるのは『男』だろう」

「まぁ、細かいことは置いといて。いちゃいちゃしましょうよぉ~」

「なんでだよ!?」

「王子様だって、癒されますよ♪ なにゆえに、ぺぺのほっぺがつるつるなのか。それは王子様の癒しのためなのデス~。えへっ★」

「別に俺は癒されなくていいから」

「え~? 我慢はカラダによくないですよ?」

「我慢とか、ないから。いや、我慢してるのか、俺?

「ああ。溢れ出す♂としての本能を、ラブゆえに我慢しているのデスね…ごめんなさい。ぺぺは罪深い女です。ぺぺがあまりにも清らかな乙女だから…」

「ちげーよ!!」



どがっ!!



「毎日、『我慢して』ぺぺの妄想与太話につきあってやってるんだよっ!」



こんなわけで。

本日の妄想劇場は終了いたしましゅ。

ホントに王子様は、毎晩のご出演、ありがとございます&おちゅかれさまです。別に王子様本体には何の影響もないか(笑) てゆーか、影響があったら、怖いよ。毎晩、午前0時前後に悪寒がするとか、鳥肌が立つとか(笑)

万が万、もとい万が一、そんな事態が発生しているのだとすれば。



それはもう、運命ですから、諦めてクダサイね、王子様vvv



…クシャミでもしてるかな(笑)

それでは皆さま、おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。



クラムボン「adolescence」 目を合わせることもできないあたしを、許してください。あたしは、どこまでも、弱い。それはすべて、君のせい。

« 君は歩く 考えてるずっと 歩き方変えてまでずっと ごまかし効かなくて困った | トップページ | あなたの指が しみついたままで 上手に歩けるはずもないのに わたしは何処へ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 君は歩く 考えてるずっと 歩き方変えてまでずっと ごまかし効かなくて困った | トップページ | あなたの指が しみついたままで 上手に歩けるはずもないのに わたしは何処へ? »