WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 別れが迫る 泣くなお願いだから そばにおいてね | トップページ | 僕が何千マイルも歩いたら どうしようもない僕のこと認めるのかい »

2009年2月26日 (木)

東京は夜の7時

夜の7時。

今日は王子様のライブの楽日。

まさか、来れるとは思ってなかった。

チケットは、ない。

だけど、当日券が出ているはず。

急がなくちゃ、売り切れちゃう前に。

空港からタクシーを飛ばす。

早く、早く。



ぼんやり風に吹かれた タクシーの窓を開けて

あなたに逢いに急ぐの トーキョーは夜の七時



夢のようにキラキラと輝く街。

これから始まる、あのひとの作り出す夢の世界へと繋がっている。

笑いさざめく恋人たち。

木曜の夜は華やいで。

だけど、これからあたしは、世界でいちばん、幸せな女の子になるの。

大好きなあのひとと同じ空気の中で、あのひとの気配に包まれて。



早くあなたに逢いたい

早くあなたに逢いたい

東京は夜の7時 嘘みたいに輝く街

とても寂しい だから逢いたい



会場まであと少し。

まだチケットはあるかしら?

いちばん後ろの席でいい。

立ち見だって構わない。

神さま、どうか、あのひとの側へ。

緞帳が上がる前に。



★ ★ ★



こんばんはございますです。案の定、ぺぺです。

一昨日にも書いたくせに、またしても『東京は夜の7時』。でも今回はややロマンティックバージョンで。

こっちのほうが、妄想乙女・ぺぺにふさわしく、ラブちっくワールドでございます~。

実は同じ日に書いてるんですけど(^^;)

時間さえあれば、小型ジェットでもチャーターして行きたいところですが…あ、これは時間の問題じゃないか。発着の空間の問題ですね。え、違う?

いずれにしても…次回は行きたいと切に願ってます。

やっぱ、ライブがいちばんいいです。涙流して笑い転げれば、ストレス発散にもなるし。

東京、行きたいなぁ。ショッピングも楽しめるし…あれ、主旨が違う? 

ぺぺの住む街に来てくれるんなら、シゴトなんかどうにかして行っちゃうんだけどなぁ。残念。去年、1回も来てくれなかったの。今年は来てほしいな。

ちなみに。本日も予約投稿。リアルぺぺは、悲しく働いておりマス…きっと。

でも、7時には、ほわんとお空を見上げることにしましょう。

王子様にも繋がってる空。

どうか、ライブ、大成功でありますように、祈りをこめて。

それでは皆さま、おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。



PIZZICATO Ⅴ「東京は夜の7時」

« 別れが迫る 泣くなお願いだから そばにおいてね | トップページ | 僕が何千マイルも歩いたら どうしようもない僕のこと認めるのかい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 別れが迫る 泣くなお願いだから そばにおいてね | トップページ | 僕が何千マイルも歩いたら どうしようもない僕のこと認めるのかい »