WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 荒れた唇隠して君は家出娘 秘密の道草 雨やどり 冷たい肌のアノラック | トップページ | 間違いだらけの私 君を求めているから 何も言わないで 何も言わないで ただ優しい目をしていて »

2009年5月12日 (火)

こころの雨やまない 流れてくれないこと あああ きみにぶつけてみる

今日の天気予報、夕方から雨。たかをくくって&朝出るのが遅くなっちゃったので、チャリで出掛けたら。天気予報はよくあたります。とゆーことで、思い切り雨にあたって、ずぶ濡れになっちゃいました。案の定、ぺぺです。

しか~し!!

雨 → ぺぺフィルター → ラブ → ロマンティックレイン

王子様と逢う日には、雨の日が多かった。

いや、ピカピカに晴れてた日もあったけどさ。

想い出のRSR。雨上がり、王子様に出逢った。少しだけ、並んで歩いた。お話をした。

「だから、雨は嫌いじゃないんです。だけど、こんなにずぶ濡れになるとは。大した雨じゃなかったけど、30分も当たり続ければこうなるのか…クシュン」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「あれ、ぺぺって、雨にあたると溶けるんじゃなかったっけ?」

「そうデス。ぺぺはなめくじなので、雨にあたると溶けちゃ…って。違うわーー!!

ぽすっ。 ←バイオレンス音FROMぺぺ

「なめくじはね、塩で溶けるんデス!」

「ツッコみどころがおかしいぞ」

「それにしても、ロマンティックレインですよ?」

「へぇ」

「もしくは、ドラマティックレイン」

「言い直す意味あるのか?」

「あの日はとても雨でした。AIGLEのかわいいウィンブレを着ていたぺぺは、ぐしゃぐしゃに濡れながら、大好きなくるりを聴きました。岸田さんは、『雨、やまへんか? 虹、かけたるわ』って言って、出ない虹のかわりに、素敵な声で「虹」をうたってくれました」

「いい話だな?」

「けっ、笑っちゃうぜ」

「…おい」

「嘘です。ぺぺはきゅんとして、いろんなひとに言いふらしました。あの日の岸田さんは、めっちゃかっこよく見えたんです。だけど。王子様のステージを見たとき、キッシーのことはアタマから吹っ飛びました」

「ひどい話だな」

「そして。雨あがり。ひとりで歩く王子様を見つけました。ダッセー雨合羽にタオル巻き。まったく感じられない芸能人オーラ。それでも王子様に気付く、ぺぺの果てしないラブ」

「…今、すげーけなしたよな?」

「いいえ? 今はラブの話をしてるダケですよ?」

「まぁいいけど」

「数メートル、並んで歩きました。そのとき王子様の左手は、ぺぺの腰の辺りを、抱こうか抱くまいか、うろうろと彷徨い」

「おい! 話を作るな!」

「嘘です。王子様はぺぺの左側にいましたから、左手がぺぺの腰の辺りって、どんなアクロバティックな体勢だよってことになります。ホントは、ぺぺがめちゃめちゃ震えながら、王子様の斜め後ろで発情してただけです」

「発情!?」

「それも嘘です。そんな余裕、ねーよ。緊張しまくりだよ」

「リアルぺぺなんて、そんなもんだろ?」

「さすが王子様。ぺぺの理解者です」

「理解っていうか…表裏一体?」

「細かいコトはどーでもいいのです。残り少ない春の日、ロマンティックレインが降りしきる、桜の花がまだ咲いているこんな夜に、いちゃつかずして、いったい何時いちゃつこうぞ?」

「今度は何キャラ?」

「それでは改めまして。王子様、ラブでしゅ~vvv ぎゅ~むvvv

「改めるな!!」


どがっっ!!


そんなわけで、ロマンティックレイン。

ぺぺは今日、研修だったので、さくっと帰ってこれたのさ。

冷え切って寒かったけど、お風呂に入って、温まって、ぬくぬく、ほゎほゎ、とろ~ん。

いい匂いに包まれて、今宵は大好きな君に、せめて夢で逢えますように。

おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。


クラムボン「雲ゆき」 そろそろキモチを君にぶつけたい。話してもいいですか? 君が好きだから。ホントは君といたいから。

« 荒れた唇隠して君は家出娘 秘密の道草 雨やどり 冷たい肌のアノラック | トップページ | 間違いだらけの私 君を求めているから 何も言わないで 何も言わないで ただ優しい目をしていて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 荒れた唇隠して君は家出娘 秘密の道草 雨やどり 冷たい肌のアノラック | トップページ | 間違いだらけの私 君を求めているから 何も言わないで 何も言わないで ただ優しい目をしていて »