WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« おねつの日 | トップページ | 君の顔 日食みたい 記憶が遠くなってく »

2009年7月21日 (火)

君と月の向こう側へ 白い光に包まれて 許されて・・・

王子様と恋に恋する大妄想炸裂ブログへようこそ。案の定、ぺぺです。

腹痛&発熱は止まず、朝もくったりしてましたが、逃げ腰になってはいけないのです。がんばれ、女の子!

てな具合で、ホントは昨日やその前に書いておきたかったことを書かなくちゃなのです。

「だって。ぺぺは王子様に恋をするために生まれてきたの…きゃっ

※妄想チャンネルに切り替わってます

「…何が言いたい?」

「熱でうなされようとも、ユ○クロの洗いざらしの伸びきった部屋着でごろごろゲーム三昧していようとも、ぺぺは恋するラブリーガールだということを忘れてはイケナイということです」

「少しも『ラブリーガール』じゃないけど…」

「セクシーレディ?」

「ますます遠ざかってく…」

「まぁ、王子様にとって、かわいいマイガールということで」

「珍獣だよ、珍獣」

「ところで今日、のどが痛くて、カイシャでのど飴食べようと思ってあけたら、飴ちゃんが双子だったですよ!!」

「割れてたってこと?」

「ううん、2個入ってたの! 正確には、1個のちゃんとした飴ちゃんと、も1個半分の飴ちゃんがね、小袋の中にぎしっって入ってたの!!」

「ふーん。よかったね」

「王子様とぺぺみたい せまいお部屋でいちゃいちゃvvv

「ちげーよ!」

「そうそう。お部屋でいちゃいちゃラブラブといえばですね」

「だから、してねーよ!」

「お休みのときに、録画しておいたレッドシアター見たですよ」

「ほー」

「王子様たちももうすぐ出るんですよね? 楽しみデス。きゃっvvv

「そりゃどうも」

「そうそう。うれしさで話がずれてしまいましたね。先週のレッドシアターで大好きなロッチがネタをやったのですよ」

「大好きな、ね」

「もぉ~。妬かないでクダサイよぅ。いちばん好きなのは、お・う・じ・さ・ま・だ・ぞっ

「…ウゼー」

「でね、ロッチのネタって、ワンルームマンションが舞台だったんですけど」

「うん」

「ふたりの仲良しそうな様子に、笑いながらも、きゅんとしてしまいました。すごくナチュラルで微笑ましいんだもん。そのあと、内村さんの補足で、おふたりが一緒に住んでるっていうのを知って、ますますきゅんとしました。同棲しているからこそのあの空気感! 超、萌えマシタ」

同棲!? ぺぺって、まさか、腐女子…?

「考えてみれば、王子様を好きになったころ、齧り付くように見ていたGyaoの動画…王子様と相方サマの素の感じにときめいていました…あの感じを思い出して、甘酸っぱい気持ちになったのです…」

「あのねぇ…」

「もっとも萌えたのは、やっぱり仲直りツイスターでしょうね…相方サマの前で、学生時代のような素直な瞳で語る王子様…はにかんだ笑顔…ふたりだけのスイートな時間…ラブラブだったころ…」

「おいおい、気持ちわりー妄想するなよ?」

「なんでですかー。美しきかな、コンビ愛です。ぺぺは、ライヴァルが相方サマだというのなら、いさぎよく身を引くですよ?」

「身は引いてほしいが、誤解されるのもいやだ…俺はどうすればいいんだ…」

「だけど…相方サマにお返ししてしまう前に、少しだけ、素敵な想い出がほしいのです…」

「いや、返すも返さないも、相方とはそんな関係のワケねーし…」

「せめて最後に、思いっきりいちゃいちゃな想い出を。さぁ、王子様、ぺぺを受け止めてクダサイ! 王子様、ジュ・テーム!!

ぎゅ~む

「ウルセー!!」




どがっっ!!




いや、ホントに、ロッチの醸し出す、あのほんわかした空気感。ぺぺの萌えポイントを巧みについてまいりました。

本気で腐女子的嗜好があるわけでもないのですが…(ネタとしてはアリ。おもしろいから)

ふたりであんなふうににこにことネタ合わせしてるのかと思うと、ほのぼのしちゃうのね。

王子様相方サマのエピソードだと…相方サマのおうちに行った王子様が、相方サマの手料理(素パスタとでも言おうか? 素ナポリタン?)を冷たい目で一瞥し、食わずに帰った話とか、萌えポイントはいっぱい…あれ、違う?

でもね。ラジオのときとか、ふと出るんですよ。

それをおかずに、3倍飯を喰らう、と。…違う?

さ、萌えとか言ってないで、ドラクエの続きをやらなくっちゃ。

強い装備に変えたいと思いつつ「王子様(ホントは王子様の愛称)から眼鏡(リアル王子様、めっちゃ似合うんだもん! かっこよさ3倍増!! 萌え死ぬ!)をはずせず、う~ん困ったなぁなんて思っている、ぺぺなのでした。

おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。



斉藤和義「月の向こう側」 いつかふたりで。そういえば、明日は日食。一緒に見れるかな?

« おねつの日 | トップページ | 君の顔 日食みたい 記憶が遠くなってく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おねつの日 | トップページ | 君の顔 日食みたい 記憶が遠くなってく »