WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 側に居て欲しいよ 痛いの、届くかな? 重なる不条理 無様な祈り | トップページ | キミをそんなに想い続けても あたしにできることなんかなくて »

2009年7月14日 (火)

裸足のままでゆく 何も見えなくなる 振り返ることなく 天国のドア叩く

ぺぺは最近、戦士になりました…案の定、ぺぺです。

あ、ドラクエの世界の話ですよ?

今までは、王子様の名を語ってその世界に入っていましたが(主人公が男の子だったせいもありますが)、今回初めて、ぺぺの名でやり始めたのです。

「ホントは職業『乙女』なんですけど、そーゆーのはないし。吟遊詩人もないし。しょうがない、王子様をも守る、戦士になりますよ」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「いいよ、ほっといてくれよ」

「なんでですかー。一緒にいちゃいちゃ遊びましょーよぅ。パーティプレイもできるし」

「やだ」

「えー。あ、そっか」

「何?」

「大好きなぺぺを、仮想世界とはいえ、戦いに参加させるなど、絶対にできないという、王子様のやさしいお気持ちの表れなのですね? わかりました。その愛情、しっかりと受け止めます」

「そんな愛情、あるか!?」



どがっっ!!



「…でへー」

「う゛っ、何だよ、その気持ち悪い笑い方…」

「王子様の『どがっ』も久しぶりだなーなんて」

「…喜んでる…のか?」

「えへへ~」

ぴとっ

「これからも、こうやっていちゃつき漫談、がんばりましょうね~vvv



「するかーー!?」





どがっっ!!





でも、ホントにいいと思うんだけどなー、クールでバイオレンスな王子様と暴走ラブハンターぺぺのいちゃつきコント(笑) 新しいと思いますが、いかがでしょう?

実際は…殴られるのなんか嫌ですよぅ(笑)

だって、ぺぺはアタマぽふぽふしてほしい派ですもん…て、関係ないか。

女の子は愛されてナンボ、褒められてナンボです。

たまにはいちゃいちゃラブラブ妄想でも…いや、できない…ぺぺには無理だ…溶けちゃう、ぺぺ、溶けちゃうよ~。

なんてばかなこと言ってないで、本日もまたドラクエタイム突入します

それでは皆さま、おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。



くるり「ロックンロール」 たったひとかけらのプライドが邪魔をする。だけど、たったひとかけらの勇気で、ほんの少し、幸せの灯がともる。今夜も神様に祈ります。


« 側に居て欲しいよ 痛いの、届くかな? 重なる不条理 無様な祈り | トップページ | キミをそんなに想い続けても あたしにできることなんかなくて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ホットしました

mihoサマ。こんばんはです。
ほっとしていただけて、何よりです…
といっても、いつもと同じように、殴られてるだけのような気もしますが…?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 側に居て欲しいよ 痛いの、届くかな? 重なる不条理 無様な祈り | トップページ | キミをそんなに想い続けても あたしにできることなんかなくて »