WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 僕が笑うから 君はただ僕の名前呼んでね | トップページ | そう 出遅れた 解らない自然体のふり 愛のこと希望のこと生きもののこと »

2009年9月20日 (日)

片想いが突然 恋に変わったあの日から 心にやどった気がする

たとえば。片想いが、恋に変わる瞬間って、どんな化学変化が起きているのでしょうか? 案の定、ぺぺです。

てゆーか、どーやって変えるんだ!?

そりゃもう、告って、それに対してOKしてもらう、でございましょうなぁ。

でも。

「王子様には、告っても、告っても、なかなか化学変化が起きないのデス…」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「オマエのは悪ふざけだろ?」

「違いますー。こんなにも王子様ラブvvvということを、全身全霊で表現してるのに、なんてこと言うですか?」

「どこがだよ!?」

「王子様、大好きデスvv

「あー、ハイハイ」

「ほらー、そーやって軽くいなすじゃないですかー」

「日ごろの態度が悪いんだよ」

「信じてクダサイ、このピュアホワイトなラブ」

「信じられるかよ」

「むー。だから、カラダで表現するしかないのです。ジュテームと抱きつくとか」

「やめてくれよ」

「でも、リアルぺぺは驚くほどヘタレです」

「まぁな」

「おかしな行為でしかラブを表現できてません」

「表現してたのか?」

「挙動不審者として王子様を見つめていたりとか…」

「マジで怖いよ。ひくよ」

「でも…何度お逢いしても慣れない…11月、逢いに行きたいと考えていますが、遠くから拝見してる分にはよいですが、近づくと、ダメなんです」

「ファン心理か」

「近づくたび、匂いを確かめたくて、息を吸いすぎて、過呼吸起こしマス」

「ただのヘンタイじゃねーか!」

「出待ちして、そのままストーキング…」

「するな!!」

注)しませんよ(笑) そもそも、単独行動で出待ちはキツイ。ヤバイ。

「でもね。ぺぺは、もし東京に行けたら。素敵な野望があるのです」

「聞きたくないけど…何だよ?」

「王子様とドラクエですれちがい通信をしちゃうことです」

「珍しく現実的な野望だな」

「もしも運よく王子様とすれちがい通信できたら。「王子様」はVIPルームにお招きするです」

「ほー」

「それで。そこから出れないのをいいことに、眺めたり、においをかいだり、やりたい放題やってやるです…うひひひひ」

「…この…どヘンタイがっっ!!」



どがっっ!!!



いや、すみません(笑) どうも、おかしな方向に妄想が広がってゆきます。

ちなみに、におい吸いすぎとかは、してないですから! 多少は確かめようとして、不穏な動きはしてるかもしれませんが…

まぁ、世間一般では「連休」。ぺぺのカイシャも「連休」。

だがしかし、ぺぺのシゴトそのものは「休んでる場合じゃねーよ、てめー!」。

そんなジレンマから、妄想がワイルド(?)になってしまいました。

しかも、今は早朝です。

朝から、とんでもないどヘンタイ現る、です。

でも、痴漢は朝の電車にも出没するから、まぁやむを得ないのでしょう…あれ、何の話だ!?

リアルな話。現在朝の6時過ぎなのです。てへてへ。

もう一眠り~、の前に、思いついちゃったから、書いてるの~。

でも、こんな朝っぱらから公開するの申し訳ないから、時間ずらして公開しよっと♪

それにしても、「片想いが恋に変わる」。

それって、奇跡に近いかもしれないですね。

好きなひとに「好き」って伝えること。

それだけでも難しいもん。

特に、ぺぺみたいなお笑い進化系はさ。

ウケ狙いみたいだもんなー。そんなもんかー。ま、いっかー。

それでは今日は、このへんで。

おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。リアルぺぺは二度寝^^


DREAMS COME TRUE「The signs of LOVE」 

« 僕が笑うから 君はただ僕の名前呼んでね | トップページ | そう 出遅れた 解らない自然体のふり 愛のこと希望のこと生きもののこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

( ´∀`)/【☆こんばんわぁ☆】

片想いが、恋に変わる瞬間・・・う~ん、なんか素敵な響きです♪
てか、片想いという認識がなくて、それ以前に恋とも思わない存在であった同士が、なにかのキッカケで恋人になり得る存在だったと気付いた時・・・。
在り得ない存在同士だったのに、不思議な運命の悪戯のような恋をしちゃってるのよ、とか言ってみたいです~♪

さざなみサマ。こんにちはです。
恋とも思わない存在…
これはなかなか難しそうです。
なぜか、出逢った瞬間から
「ともだち男子」と「何か違う男子」に
カテゴライズされてしまって、
(顔とかじゃなくて、空気で)
「ともだち男子」は永遠にともだちなんですよ…
神様のイタズラは、別なとこに作用してます。
出逢う時期が遅かった、とか。残念。

こんにちは。

片想いが恋に変わるって?
どうしたらそんなことが起こるんでしょうか?

僕は片想いは片想いで終わってしまうことが多いです。
たぶん、告ってもダメな人に憧れてしまってるんですよね。
告白する前にそういうニュアンスを醸し出して相手をその気にさせるとかいうテクニックがあればねぇ。

ふるちょサマ。こんにちはです。
ぺぺは、毎日、そんな奇跡を夢見てます。
難しいですよね。
恋に変わった瞬間から、
不安が背中合わせにある気分だし。
あんまり恋に向いてないのかもしれません…
王子様ー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 僕が笑うから 君はただ僕の名前呼んでね | トップページ | そう 出遅れた 解らない自然体のふり 愛のこと希望のこと生きもののこと »