WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

妄想乙女の1月は終わる。

こにちはぁ~!(こんにちは根岸風で) 案の定、ぺぺです。

実は。王子様たちの新しいDVDが発売されてるんです…にもかかわらず、なにゆえおうちにいるのか。

昨日、温泉入ってのぼせた~って話をしましたが、どうやら疲れが出てしまったようで、昨日は午後7時を待たずに就寝。そのまま午前10時ころまで爆睡…でも、まだ頭が痛くて(寝すぎ?)、ホントはシゴトに行こうと思ってたのですが、その帰りに王子様たちのDVDとドラクエⅥを買おうと思ってたのですが、断念しました。

お粥をつくって食べたので、少し元気になってきましたが、今日はホントにゆっくり休もうと思います。

こんなふうに1月が終わるなんて(´・ω・`|||)

寂しいですが、来月はラブの月。なにせ、節分ありますからね??? 嘘々。

王子様とのラブラブなバレンタインストーリーまで、あと2週間。

それまでに、体調を万全にしておきます!

おやすみなさい。よい夢を。

発展(BlogPet)

きょうは発展しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「ぺぺろう」が書きました。

2010年1月30日 (土)

妄想乙女湯けむり恋愛事件

休みー! と浮かれてばかりもいられない。明日はおシゴト。束の間の休みを楽しむのです。案の定、ぺぺです。

束の間の休みですから、何をすべきか。

温泉っすねぇ。

「王子様、温泉行きますよ!」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「それは相方と行けよ」

注)王子様の相方サマは温泉大好きデス

「それは、王子様がヤキモチを妬くから、困ります」

「妬かねーよ!」

「それが混浴でも?」

「はァ!?」

「ほら、やっぱり嫌なんでしょ? わかります。でも、ぺぺは王子様のお背中しか流しませんので、安心してクダサイね

「させるか!」

「逆に、背中を流したいってコトですか? いやん、えっちvvv

「ちげーよ!!」

「ひとときも離れていたくないけど、ほかのひとも入ってるから、あんまりいちゃいちゃできないのが残念デス。ああ、でも、温泉でいちゃいちゃなんて、ちょっと…妄想チャンネルにふさわしくないデスね。やりすぎました」

「毎日がやりすぎだよ…」

「そ、それは。ある意味危険なカミングアウト?」

「…こんな時間から、何考えてるんだ!?」


どがっっ!!


ぺぺが何を考えたのか…それは言いますまい。

ただ、恋愛事件にふさわしいモノであるような…かな?(笑)

そして。ホントに温泉行って来ましたよ♪

すっごいいいお天気だったけど、そのぶん寒かったです。だから、露天風呂、いつまでも出られなくって、ようやくあがったら、半分のぼせてました。

休憩室で少しうとうとして、またお風呂に入って。

まったりした、つもりですが、ちょっと疲れました…

そりゃ、のぼせちゃったんだもん、疲れますよね。

休憩室で、眠りにつくときに、ふと君のことを思い出して、ほっこりしたんだ。

そんなお休みの日。

皆さまは、いかがお過ごしですか?

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月29日 (金)

妄想乙女のSWEET MEMORIES

ああ、街がチョコレートの香りで包まれています…でもさー、それより前に、豆まきでしょ!? 案の定、ぺぺです。

「王子様。節分には豆まきしましょうねっvvv

※妄想チャンネルに切り替わってます

「俺がオマエに豆をぶつけるのか? いや、岩石を…いやいっそ、スカッドミサイルを…」

「なんでですかー。ぺぺが痛いメにあっていたら、助けるのが王子様の役目です。ぺぺだって、王子様にお豆なんてぶつけたりしないですよぅ」

「じゃあ、何するんだよ?」

「ぺぺの恋する気持ちを王子様にぶつけるのデス! 王子様はうち~!」

「気持ちわりー…」

「チョコレートを投げてぶつけたりするかも?」

「なんでだよ?」

「ぺぺは恥ずかしがりやサンなので、ふつうにチョコを渡すなんてできないからデス」

「どこが恥ずかしがりだよ?」

「この奥ゆかしさ。大和撫子そのものデス」

「はァ!?」

「だけど、そんな奥ゆかしいぺぺが、時に大胆にラブを表現する、そのギャップに王子様は萌え萌えなのデス! いわゆる、昼間は淑女、夜は…ああ、乙女ですから言えません」

「萌えねーよ! それに、どこが淑女だ!?」

「ぺぺは口下手なので…やむを得ません。このバディでラブを表現します。王子様、ジュ・テーム!!

ぎゅーむ

「うるせぇ!」




どがっっ!!




もう、何がなんだか(笑)

それにしても、街はチョコレートの香り。

だけど関係ないよなぁ…重大なイベントの前日だから、シゴトしてんだろうなぁ、その日前後はずーっと。まぁ、過ごす相手もいないからどうでもいいや。

でもね。

バレンタインの日。そんなロマンティックな状況じゃなく、偶然一緒にごはんすることになって、「ああ、バレンタインだからぺぺが払います」って、そこから始まるロマンティックもあったような。そして、今日、そこで、そのひととごはんしちゃったような。

だけどもさ。

ただ食って、そのあと「カイシャ戻りますんで~!」って…

恥ずかしがり屋にもほどがあるわ。

もっとがんばれ、自分。

だけど、そんなちっぽけなロマンティックを胸に抱いて、今夜は眠るのです。っていっても、今日の帰りは「翌日」。今日も遡り投稿でございました。とほほほほ。

せめて、思いっきり朝寝坊してやるゼ!!

おやすみなさい。よい夢を。



2010年1月28日 (木)

妄想乙女は枯渇する。

帰りの地下鉄、もしも座ったら、絶対に眠ってしまって、寝過ごして、最終電車だから戻ってこれなくて、タクシーに乗るはめになる! 危険!! って思ってたのに、うっかり座ってしま…いそうになって、慌てて立ち上がって、周りのひとを驚かせてしまいました。案の定、ぺぺです。

今年に入ってから、なんとなくタイトルを「妄想乙女」シリーズにしていますが、ネタも尽きてきてる気が…いや、まだまだいけるか?

「どう思いますか、王子様?」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「このくだらない妄想のネタが尽きて欲しい…」

「なんでですかー。愛しいぺぺに逢えなくなるのですよ?」

「せいせいする」

「でも、いつもより眺めのいい左に少し戸惑うのデスね?」

「槇原か!?」

「よくわかりましたね。とにかく、ぺぺがいなくなったら絶対、寂しくなりマスよぅ?」

「ならねーよ!」

「もー。強がっちゃって」

「ちげー!」

「きっといつかは、王子様の元を去らなければならないときが来るのでしょう…」

「それが今であってほしい…」

「そのときまで、いっぱいラブラブと素敵な思い出をつくりましょうね。とりあえず、いちゃいちゃな思い出を、プリーズなのですぅ!

ぎゅ~むっvv

「抱きつくな!」


どがっっ!!


てゆーかね、眠いです。

正直、寝ぼけつつ書いてます…いかんなぁ。

てゆーか、寝てても妄想はできるんですね(笑)

さぁ、明日も大変ないちにちになりそう。

せめて少しでも多く睡眠をとりましょう。

キラキラお目々の乙女でいなくっちゃ、ですもんね。…すでに充血している状況ではございますが…

それでは皆さま、おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月27日 (水)

妄想乙女は発展途上。

バレンタインデー? 何、それ? 美味しいのデスか? 案の定、ぺぺです。

「てゆーか、王子様がぺぺにチョコをくれればいいと思うのデスよ」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「はァ? なんでだよ」

「ぺぺの方が、チョコ好きだと思うんです」

「それはそうかもしれないけど」

「お返しに、ぺぺは王子様に、ありったけのラブを捧げます」

「いらねーよ。熨斗つけて返すよ」

「なんでですかー。リボンをつけて贈り返しマス。愛のキャッチボールvv

「気持ち悪いし、不毛な会話…」

「じゃあ、ロマンティックを話してクダサイ」

「オマエには絶対しない」

「えー、なんで?」

「変なふうに妄想するから」

「違いますー。噛み締めて、反芻するだけですー」

「それが嫌なんだよ」

「ぺぺのとびきりのロマンティックはぁ。話してもいいですけど、王子様、ヤキモチ妬くからなぁ」

「妬かねーよ!」

「ふたりのラブが確固たるものになったからですか?」

「なるか!?」

「未だ発展途上、と。でも、まだまだこれからお互いを知る楽しみがあるっていうコトですね」

「ねーよ」

「ふたりの間に、遠慮なんかイラナイのです。とりあえず、いちゃいちゃするところからスタートしましょうか。といっても、王子様は照れ屋サンなので、ぺぺがきっかけをつくらなくちゃなのデスね。OK。深呼吸して…すー、はー、すー…王子様、ジュ・テームですぅ!!

「うるせーよっ!!」




どがっっ!!




いつまでも、発展途上のふたりです(笑)

一生、進展もしなさそうですが…

いやいや、それは言いますまい。

毎日おシゴトばかりの日々で嫌気がさしますが、ぺぺはいっぱいの妄想とほんの少しのロマンティックで、今日も眠りにつくのです。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月26日 (火)

妄想乙女はピンク色。

火曜日…前向きに考えよう。もう火曜日だ♪ いや、前向きになれない…案の定、ぺぺです。

まだ火曜日なのに、この疲労感はなんでしょう?

いや、実はもう水曜日なんですけど…帰りついて、落ち着く間もなく日にちが変わってしまうのです。もうすぐ、帰る前に日にちが変わるような生活に…疲れるわ。

「疲れるのは、ラブ不足のせいですよ、王子様」

※妄想チャンネルに切り替わってます

はァ!? なんだよ、その責め口調」

「ツマがラブ不足になるのはオットの責任です!」

「俺は夫じゃねーし、妻もいない!」

「じゃあ、ステディがラブ不足になるのは…」

「オマエとは赤の他人だ!」

「でも、赤は裏切らないデス」

「はァ?」

「ぺぺは赤のほうが似合います。青には裏切られ放題デス」

「オマエの持論なんか、知るか?」

「ホントはピンクがいいのデス。だって、ラブの色だから」

「何がラブの色だよ?」

「王子様は言いました。僕のかわいいぺぺ。君はピンク色のイメージだね」

「言ったことねぇよ!」

「あれ? ピュアホワイトだねって言ったんでしたっけ?」

「言ってねぇ!!」

「もう、王子様色に染めてっvvv

「気持ちわりーんだよっ!」




どがっっ!!




というわけで、ラブ不足なのです。

街の中にチョコレートの香りが溢れ返る季節になろうとも、基本、深夜帰宅のぺぺには関係ありますまい。

もちろん、純情一直線の乙女ですから、お義理のなんとやらは一切しませんのよ。

それより何より、今は眠りをプリーズなのです。

おやすみなさい。ふわふわピンク色のかわいい夢を。

2010年1月25日 (月)

妄想乙女がとけるほど恋したい

どうしてこんなに月曜日ってだるいのでしょうか…案の定、ぺぺです。

今朝はうっかりお寝坊してしまって、冷や汗モノでした。

「どうして月曜日がだるいのか…それは王子様がカイシャにいらっしゃらないからデス!」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「俺のせいかよ?」

「王子様のせいデス! こんなにぺぺを夢中にさせるなんて」

「はァ!?」

「もうすぐ2月…2月には、王子様たちがテレビに出ることになってマス。でもね、ぺぺは2月3月とそりゃもう忙しいのですよ? だから、テレビに出るよりも、カイシャにいてクダサイ。そして、そのきらきらの微笑みで、ぺぺを癒してクダサイ、プリーズ」

「どういうロジックだよ!?」

「ぺぺさえよければすべてよし」

「なんだよ、それ」

「恋する乙女は、時に傲慢なのデス」

「オマエはいつも自分勝手だろ?」

「違うもん。王子様の前ではモジモジ君だもん」

「全身タイツ?」

「違いますぅ~! 何ですか、モジモジ君て」

「オマエが言ったんだ!」

「眠くてわけわかんなくなってきたんデス」

「じゃあ、さっさと寝ろよ」

「昨日ね、夜中に起きたデスよ。そのとき、青い光を見ました」

「なんだよ、オカルトか?」

「きっと、夢が叶う暗示だと思いました」

「…前向きだな」

「きっと、王子様と絶好調な真冬の恋をやっちゃうってコトですよね。むきゃ~! 王子様、とけるほどぺぺと恋しちゃってクダサイ~!!」

「するわけねーだろっ!?」





どがっっ!!





外はすっごい雪でした。

今日も打ち合わせだらけで、バタバタでした。

でも、平気。ぺぺにはキミがいるから…Dちゃん(笑)

昨日ね、Dちゃんが寝てる間に帰ったんですが、起きた後、不機嫌で、泣いて、大変だったんですって。申し訳ないような、ちょっぴりうれしいような。いや、全然別の理由かもしれないけどさ。

そうそう、青い光はホントです。

でも、目を閉じてたので、なんだか分かりません。怖い感じはなかったので、夢が叶う暗示だと思ってます。

夢が叶うといいなぁ。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月24日 (日)

妄想乙女の頭脳戦。

今日はおうちデートだったのぉ~vvv 案の定、ぺぺです。

てゆーか、すでに昨日書いてましたよね。Yちゃんちにおしかけて、最年少ボーイフレンドDちゃんと遊んだだけっす…

しかも、朝、お寝坊しちゃって、出張料理人はしませんでした。

ホントはキャベツのステーキをつくろうと思ってたんですよね。あと、こないだ越後屋家でごちそうになったアボカドとグレープフルーツのサラダもつくろうかなぁ、と。

しょうがないので、朝にささっとさつまいもと豆乳の蒸しケーキをつくって、手土産にしました。

Yちゃんちに着くと、お昼寝中だったはずのDちゃんがむくっと起き上がり、ぺぺの顔を見るなり「にこぉ~」。ああ、この笑顔に弱いのよ…「Dちゃん、おはよぉ~vvv」 ぎゅ~むvvv

そこから先は、遊びまくり。

の前に。

もうすぐDちゃんの1歳のお誕生日です。

で、ぺぺはすでにDちゃんの誕プレを買っていて、早く渡したかったので、今日、持ってきちゃってたのでした。だから、まずプレゼント♪

201001241346000

ケロ絵本とケロカスタネットとケロ木琴。このほかに、カエルのロンパースもプレゼントしました。

Yちゃんがケロ好きなので、ついついケロにしちゃいます。

Dちゃんは、いろいろ持っては振り回したりぶん投げたり噛み付いたりとご満悦(笑)

少し遊んだところで、Dちゃんのお食事TIME。途中からぺぺが食べさせてたんですが、ぺぺだとダメなのよ、遊び始めちゃって。

Dちゃんのぺぺに対する認識は「遊んでくれるひと」らしく、食べながらも変顔とかしてきて、ついついぺぺも変顔を返したりするもんだから喜んじゃって、の繰り返し。だから、またYちゃんにお食事役をチェンジしました…とほほ。

ぺぺの手土産の蒸しケーキも、ちょこっと食べてもらいました。

そのあとは、遊びまくり♪

伝い歩きもだいぶ速くなりましたが、主な移動手段はまだハイハイのDちゃん。ぺぺが先回りしてどこかに隠れると、素早いハイハイで追いかけてきます。

そこで、ぺぺが思いがけない場所から出てくると、大喜び。

だからぺぺも、先回りしたり、背後に回ったり、上から飛び降りたり、やりたい放題(笑)

そのへんは、まだぺぺの方が賢いもん。Dちゃんの想像以上のことくらいはできちゃうもんね。

ただ、喜ばせるためにエスカレートしていくぺぺを、Yちゃんがどう思ってるかはビミョーですが…まぁ、長いつきあいだし、ぺぺがこんな性格だっていうことはよぉく知ってるか。

今回、とってもうれしかったのが、Dちゃんがぺぺを後追いしてくれたこと。

っていっても、ただトイレに立っただけなんですが、泣かれちゃった…かわいいなぁ。トイレから戻ったら、極上の笑顔でお出迎え。

王子様も少し、見習ってくれたらいいのに。

「何言ってるんだよっ!」

どがっ!

おっと、一瞬、妄想チャンネルに切り替わってましたね。

そのあと、眠くなってきたDちゃんを抱っこして、Yちゃんとまったりお茶してました。

もう、極上の癒し時間ですよね。

癒されすぎて、もう眠いです。

ああ、ぺぺがお寝坊しなかったら、もっといっぱいDちゃんと遊べたのに。

今度はお外遊びをしようね、Dちゃん。

Yちゃんには、次回は必ず出張料理人します宣言をしてきました。

ごはん、食べてもらうの好きなんですよ。

だけど、しばらくはおシゴトが忙しくなりそう…今度、いつ逢えるかな?

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月23日 (土)

妄想乙女ロマンチカ

王子様と恋に恋する妄想乙女のラブブログへようこそ 案の定、ぺぺです。

どんなふうにラブブログかって?

それはもちろん。

※妄想スイッチON!

「王子様~んvvv ここがどんなふうにラブブログなのか、実演しちゃいましょ?」

はァ!? オマエひとりの妄想劇場じゃねーかよ!」

「なんでですかー。そんなことないですぅ。1000kmの距離を隔てて、王子様も同じ妄想を…いやん」

んなわけねーだろ!? いいからちゃんと説明しろ!」

「まぁいいじゃないデスか。タイトルにロマンチカなんてつけてみたから、思い~っきりロマンティックな会話を楽しみましょうねっvv

「なんでだよ!? それにオマエの妄想力じゃ、ロマンティックなんて無理だろ?」

「はぅっ…するどい…」

「いいから、ちゃんとこのブログのことを説明しろよ」

「はぁ~い」

♪ぴんぽんぱんぽ~ん♪

妄想チャンネルを楽しむ上での注意事項です。

『妄想チャンネル』に切り替わっているときは、王子様とぺぺのラブ(?)会話で進行しますが、現実の王子様とぺぺはまったくもって知り合いではゴザイマセン。王子様はテレビの中の人(芸人さん)でゴザイマス。すなわち、ここでの会話は、ぺぺの脳内で行われる妄想上の会話です。

ちなみに。王子様が実際に喋ったことや王子様のネタなどがちょくちょく散りばめられておりますが、王子様が誰かわかっても、ナイショですよぅ。

皆さまにおかれましては

ひと~つ ホントは、王子様は素敵なひとなんだと思いこむ! できるだけ。

ひと~つ 王子様が誰か判っても、書きこまな~い! 絶対!

ひと~つ 王子様と知り合いでも告げ口しな~い! 絶対!

※ココ、某コントの相方サマ口調で読んでいただけると幸いでゴザイマス…

それでは引き続き、くだらねーぺぺの脳内産物、妄想チャンネル、お楽しみくださいマセ。

♪ぴんぽんぱんぽ~ん♪

「前書いたときのをコピペしやがって…」

「何か問題でも?」

「ないけど。少しはひねりをきかせるとか」

「そうですよね。芸人のツマとして、あるまじき失態でした」

「妻じゃねぇっ!」

「そうですね。ツマだと現実を直視しなくちゃならなくなります。それよりも今は、恋人同士として、ラブラブいちゃいちゃとロマンティックを楽しむのデス!」

「オマエがロマンティックなんて書けるわけねぇだろ?」

「できますぅ~! ちらりちらりと舞い降りる粉雪。言葉少なに歩く白い道。すっかり体も冷え切ってきたけど、なかなか帰るって言い出せないふたり…」

「始まっちゃったよ、コント、『帰りたくない』」

「手も頬っぺたもすっかり冷たくて」

「語ってるコイツ、寒いと頬っぺた真っ赤になるんですよ」

「王子様は、そんなぺぺの頬にそっと触れて、言うんです。「冷たいね」って」

「神田川の世界か!?」

「ぺぺは言います。「大丈夫です。でも、王子様、寒いですよね…」 王子様は100万ドルの笑顔で微笑みます。「寒いけど、君といられるなら平気さ」 だけど、時は過ぎていきます。ますます寒くなってきます」

「この台詞のほうが、確実に寒いよな…」

「そんなとき、ふと王子様が立ち止まります。そして、何か言いよどんで、ぺぺを見つめて、また目をそらします。王子様、どうしたの? ふと見ると、そこは」

00_2   

「おいおい、ちょっと待て」

「王子様は言います。「俺たち、もう半年も付き合ってるんだし…いいよね?」 どうしよう…だけど、王子様なら。ぺぺは戸惑いながらもうなずきます」

「っていうことは、オチは?」

「王子様は、笑顔で言います。「よし、春麗倒しに行こう!」 って。あれ? どこかで…」

「俺のDVDまんまじゃねぇかよ!」

注)王子様たちのDVDの中に、イメージデートの映像が入っていまして、そのまんまのオチでございます。ちなみに春麗、ストリートファイターです。

「いずれにしても、王子様と過ごす時間は、ぼっさいゲーセンでも道端でもどこでも、ロマンティックな時間なのです。だって、リアルに王子様との想い出の場所といえば、雨と汗の熱気でむわ~っとして、卑猥なコール&レスポンスが響き渡っていた、あのRSRのテントの中、ですもん」

「最悪に近いシチュエーションだな」

「どこでもロマンティックの一例ですよ。それでも気になるなら…ふたりぎぅって抱き合ってしまえば、何も見えなくなるデスよ。ふたりだけの愛のパラダイスです。よろしければ、さぁどうぞ、プリーズ!

「するわけねーだろ!?」


どがっっ!!


ロマンティックも何も、まさかのパクリネタでございました…

まぁ、土曜日なので、まったり書いてるうちにこんなになっちゃったってトコでしょうか。

今日は、ちょこっとカイシャに行って、そのあと大好きな雑貨屋さんとか本屋さんとかぶらぶらしてました。そうそう、ホコモモラから、前に欲しがってたスカートが入荷した連絡もあったんだった♪ 明日行きたいところだけど、明日は久しぶりにDちゃんとのおデートです。うふふ、楽しみ。それもまたロマンティックってゆーことで。

でもね。ホントのロマンティックはもっと小さくって。

だけど、もうこんなに長く書いたので、今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月22日 (金)

妄想乙女の熱い夜。

今日もむっちゃ寒かったっす…でも、乙女の夜は熱いんだもん♪ 案の定、ぺぺです。

だって、ほら。金曜日だし。

金曜日の夜といえば、そりゃ、もう。ね。

「That's いちゃいちゃTIME!! お楽しみの時間ですよぅ~。さぁ、熱い夜にしましょうね、王子様っvvv

※妄想チャンネルに切り替わってます

「オマエ、金曜日は絶対残業じゃねぇかよ」

「はぅっ。今のシゴトの関係で、絶対に金曜日にあげなければならないモノがありますから…そして、今日も結局遡り投稿…とほほほほ」

「何がとほほだよ」

「そんな疲れも癒してくれる、王子様とのラブな時間デス!」

「ラブなんかねーよ」

「だって。熱い夜、なんてタイトルにつけちゃったもん。熱くならなくっちゃ。読者サマも期待してマスよぅ?」

「してねーよ。オマエは今日の夜、ただ熱かったんだろ? あの事務所、異常に暑いもんな。30度近くあるし」

「な、なんでそのコトを…まさか、覗いてマシタか?」

ちげーよ! 昨日の投稿で書いてただろ?」

「そういえばそうだっけ」

「ひたすら、汗だくで、作業してただけだよな」

「やっぱり覗いてマシタね?」

「見るまでもなく知ってるんだよ!」

注)妄想チャンネルはひとり二役でお送りしております

「でも、ここは王子様が覗いてたって方が、ストーリーとしておもしろいじゃないデスか。「そうさ、ぺぺがなかなか帰ってこないから、心配で会社まで行ってしまったんだよ」「そうだったのですね。ごめんなさい。心配させて」「ほかの男と仕事をしているから、思わず妬いてしまったよ」「仕方ないじゃないデスか。でも、ヤキモチを妬く王子様、なんだかかわいいデス」「からかうなよ。そんなこという口はこうして…」 むきゃ~っっ!! ヤバーイ! オトナの時間デスぅ~!!

「何もしねーよ!!」


どがっっ!!!


ホントにね。暑かったんです、事務所が。

汗だくでいろいろ資料作ったりして、すっげーがんばって、ようやく終わらせて外に出たらむっちゃ寒くって、もうカラダがめちゃめちゃになりますわ。

おまけに、帰り道、皆さんに置いていかれるし…そりゃ、ぺぺ、歩くの遅いですけどー。でもさ、すっげーツルツル滑るんだもん、気をつけて歩かなくちゃなんだもん。

それでもね、金曜日。

ほんの少しのロマンティックを抱きしめて眠るのさ。

皆さまにはロマンティックのおすそ分け。気づいてる方もいらっしゃるかもですが、ぺぺのもうひとつの本気で乙女ブログ、1月22日から再開いたしました。

1月22日。

初めて、王子様に逢った、王子様に触れた、記念日です。

夢見がちで、内にこもりがちなぺぺが、初めて一歩を踏み出して、夢を叶える階段を上り始めた日でした。

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。素敵なラブを。

2010年1月21日 (木)

妄想乙女のツラノカワ

朝。顔の皮がメリメリとはがれる夢をみました。案の定、ぺぺです。

まるでパックのようにはがれるのですが、はがれすぎて痛い!と思ってみると…ああ、グロい。超ビビって飛び起きました。

「サイアクです。衝撃的だったんですよぅ、王子様」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「オマエの面の皮がどれだけ厚いかの暗示だな」

「ぺぺね、皮膚が薄いってお医者サンに言われたデスよ?」

「そういうことじゃなくて」

「どんなぺぺも大好きだってコトですね?」

「ちげーよ!!」

「でもね、皮膚が薄いから、乱暴に扱わないでクダサイなのです」

「はァ?」

「痣とかできやすいんで、その…き、きすまーくとかは…」

「しねーよ!」

「そうですよね。そんな独占欲丸出しのことをしなくっても、ぺぺは身も心も、妄想さえも、王子様だけのモノですもんねvv

「そういう問題じゃねーよ」

「あまりにもぺぺが愛しくて、そんなことはできない、と」

「・・・」

「だけど、ぎぅってハグハグされるのは大好きです。後ろからぎぅも素敵だけど、前からでもOKでゴザイマス。だから遠慮なしに、ど・う・ぞ、なのだっっvvv

「するか!!」




どがっっ!!




えーっと、皮膚が薄いのは事実です。いつも青痣だらけです。ガサツだから、だけじゃなくて、ホントに痣になりやすいんですよぅ。

そして、乾燥しやすい!

カイシャはかぴかぴに乾燥してるので、ホントに大変。

そして、今日シゴトしてた作業の場所は、更に乾燥がひどくって、湿度20%以下、しかも暑い! なんと28度!

ふだんシゴトしてる場所はむっちゃ寒くって、ひざ掛け+湯たんぽ、厚手のニットカーデにもこもこソックスという重装備なのに、こっちに来ると汗だくなのです。間をとってくれー!

そんなぺぺの本日のおシゴトグッズ。

_002 うさぴょんのひざかけにごまちゃんのミニ扇風機。そして、「ことりちゃん」と呼んでいるつぼ押しグッズ(笑)

手前のかば君とキラキラは、前髪をとめるためのピンです。中途半端に伸びてきたので…

そろそろ髪切りに行かなくちゃ。

Mくんとおデートvvv

でも、日曜日はDちゃんとデートだもんねーvvv

さぁ、明日もガッツリ残業になりそうな気配だったので、今日は早く寝なくっちゃ。

おやすみなさい。今日はどうにか、よい夢を。

2010年1月20日 (水)

妄想乙女は時をかける。

今日も眠いです…案の定、ぺぺです。

毎日、「今日金曜日だっけ?」って思います。

「金曜日…恋人たちの夜です。すなわち。王子様とぺぺの夜なのデス!

※妄想チャンネルに切り替わってます

「はァ? いつもに増して唐突だな…」

「今日が水曜日だなんて、ぺぺは信じません。金曜の夜なんです。だから王子様といちゃいちゃするのデス~vvv

「水曜だろうが金曜だろうが、いちゃいちゃなんかしねーよ」

「ぎぅってするだけですか?」

「絶対しない!」

「強く抱きしめすぎると、ぺぺが折れてしまいそうだから?」

「そんな体型してねぇだろ?」

「王子様の恋に曇った目には、ぺぺが華奢で儚げに映っているのデス!」

「曇るか!?」

「バカラのグラスでも扱うように、やさしくやさしく丁寧に扱ってくれるのですね?」

「しねーよ!」

「はっΣ( ̄□ ̄;)まさか王子様はぺぺを不可触の女神として崇めているんじゃ…」

「なんでそうなるんだよっ!?」


どがっっ!!


女神はどがっっとされませんよね(笑)

ああ、本当に、金曜の夜だったらいいのにな。

でも、眠すぎるとつぶやきつつ、なんとなく夜更かししちゃう自分がいけないんですよね。

今日こそはいっぱい眠って、よい夢をみたいです。

それでは、おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月19日 (火)

妄想乙女・カヴァーアルバム

すげー眠い!!って思ったけど、まだ火曜日なんですね…案の定、ぺぺです。

今日は打ち合わせに次ぐ打ち合わせで、疲れ果てました。そんで、ひとつ重要なメールの返信を忘れてたことに今気付きましたが、取り返しがつきません…とほほほほ。せめて、明日少し早く行って、さくっとメールしてごまかそう(笑)

シゴトがぎゅうぎゅう詰まってきて、いろんなことをいっぱい忘れてしまいます。

「このままではイケマセン。ラブで隙間を埋めなくては…王子様、ぎゅ~むvvv

「何すんだよっっ!!」

どがっっ!!

※妄想チャンネルに入った瞬間にどがっとされました…

「でも、まだまだくじけるわけにはいかないのです。なぜなら、ぺぺは不屈の精神を持つ、妄想乙女だからです」

「迷惑な話だ」

「なんでですかー。王子様はこんなにも愛されてるのに」

「だったら、今度出るDVDの宣伝でもしてくれよ」

「そ、それは…王子様が特定されてしまいマス」

「さんざん、特定できるようなことを言ってるくせに、なんでそこでひよるんだよ?」

「そこがぺぺのかわいいところデス」

「自分で言うなよ」

「そうですよね。ぺぺのかわいさは王子様にだけ伝わればいいんデス。てゆーか、王子様、ややマニアックですねぇ」

「俺はマニアックじゃねぇ!」

「まぁ、そんな小さなことはいいんです。ぺぺは王子様の側にいるだけで幸せです」

「俺はオマエが側にいないことが幸せ」

「尾前さんといういまいましいひとがいるんでしたっけね」

「ちげーよ!」

「王子様、もうちょっと側にいたいけど、今日はもうお別れです…」

「は?」

「名残惜しいですね。でも、ぺぺは眠すぎるんです」

「あーあー、さっさと寝てくれよ」

「え、王子様の腕枕で? いや~ん、眠れなくなるぅ~vvv

「するわけねーだろ!!」


どがっっ!!


ホントに眠いんです。

でも、お洗濯物を干さなくては。

ところで、謎の本日のタイトル。

これを載せたかっただけです。

200909231748000 201001032106000

ぺぺの、かばくんコレクションでした。

上はぬいぐるみ×2とひざかけブランケット、シャープ、トートバッグ、いつものマスコットかばくん。

下は塩コショウ入れと布巾、ノート、ちびタオル、湯たんぽ、ぬいぐるみ(いつも一緒に寝てる子)、いつものマスコットかばくんです。

なんてかわいい、かばくんコレクションの写真のアルバム。

カバアルバム。

…いや、もう、これ以上は言いません。

どれだけ眠いかわかっていただけたことでしょう。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月18日 (月)

妄想乙女をスキーに連れてって

1月の空から降りしきる粉雪 歩こう 僕のまちは一晩で息を飲むほどに・・・(クラムボン「メロウトロン」より)それにしても、最近が雪が降りすぎです! 案の定、ぺぺです。

「真っ白い街はロマンティック…とはいえ、最近はひどすぎですよね、王子様」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「オマエの住む街なんてそんなもんだろ?」

「そうかもしれませんが…うーん、でも、王子様が想像してるのとはちょっと違うと思います」

「例えば?」

「大通公園をクマが散歩してるとかはないです」

「え、いないのか?」

「山にはいますけど…ぺぺの住む街は、相当広いですよ? 山から大通公園まではめっちゃ遠い…と思います」

「思います?」

「よくわかんないから」

「なんでだよ? 住んでるんだろ?」

「方向オンチ、地理オンチなうえ、距離オンチでもあるんです」

「初耳の言葉だな」

「まぁいいや。せっかく真っ白く街が生まれ変わってるのだから、ピュアホワイトな恋人たちにふさわしい行動をしましょう

「は? 何だよ、それ?」

「手を繋いで、ふこふこに積もった雪にダイブ! ラブラブカッポーの型抜きデス!」

「気持ちわりー…」

「なんでですかー。みんな微笑ましく見るですよ?」

「見ねーよ。思わず目を逸らすよ」

「あまりのピュアホワイトさが眩しくて、直視できないのですね。わかります。ぺぺもそんなに白いものを見たら、眩しすぎてくしゃみが出ます。いわゆる『まぶくしゃ』です」

「そういう問題じゃなくて」

「もしかして、ウィンタースポーツ派ですか? ぺぺ、しばらくやってないんですよぅ。でも、王子様が手取り足取り教えてくれるんなら、喜んでいたします!!」

「なんで俺が教えるんだよ?」

「ぺぺが教えるですか? スキーならちょっとはできるけど…そんなに上手くはないですよ?」

「教えなくていい!」

「スポーツを楽しんだあとは、まったり温泉ですよね。雪が降りしきる中の露天風呂はロマンティックだし、気持ちいいですよ? あー、でも、温泉…」

「どうした?」

「温泉って、男女別々じゃないですか。王子様、ぺぺと片時も離れたくないだろうから、どうすれば…こ、混浴ですかねぇ? にごり湯とかだったら、だいじょぶでしょうか? 王子様、ヤキモチ妬いたりしませんか? それとも…むふふ…王子様ってば、妄想しちゃ、いやんv ああ、湯煙の向こうに王子様が…むきゃ~!

「気持ち悪いこと想像してんじゃねーよ!」




どがっっ!!




実際、ウィンタースポーツは、今はしてないです。寒いし、めんどくさいし。てゆーか、前に腰を悪くしまして、そのときにドクターストップがかかって、それ以降する気が起きないのでした。やればできるとは思うけど、何せめんどくさい。道具重いから、乙女には不向きなのです。

妄想乙女はコタツで丸くなる、が正解です。

ああ、太るわけだ(笑)

こうも雪が降り積もると徒歩帰宅も大変だし(遭難します)、寒いから何をする気も起きないし。

おとなしく、春が来るのを待ちますか。

でも、今年は春が来てほしくないような…うん、そんな気がします。

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。



2010年1月17日 (日)

妄想乙女のかわいいモノ倶楽部~vol.2~

昨日の今日からは一味二味違うんだぜ♪ テンプレを変えてみました。よりラブリーに、より乙女に。でもポップさは失わず、と思ったのですが、いかがでしょう? 案の定、ぺぺです。

昨日、赤ちゃん抱っこしすぎてたせいか、筋肉痛です(笑)

ほら、ぺぺ、華奢だから…

「いいかげんなことを言うな!」

「あ、王子様から来てくれるなんて…ラブでしゅ~vvv

※妄想チャンネルに切り替わってます

「オマエが嘘をつくからだろ?」

「ぺぺは少し嘘をついたほうがいいのです。だって、お鼻が高くなるかもしれないでしょ?」

「そんなひでー嘘なら、10mは伸びるぞ?」

「ま、まさか。1mmくらいの嘘なのに」

「また嘘つきやがって。さらに10mくらい鼻が伸びるな」

「はぅっ…もう喋らないコトにします…喋らずに、この溢れんばかりのラブを表現するには…これしかないデスね…」

ぎゅ~むvvv

「はふぅ~ん、王子様の匂い、ラブ~vvv

「…嗅ぐなっっ!!!」


どがっっ!!


おっと。

華奢の一言から妄想が広がってしまいました。

そうじゃなくって。本日の本題は、かわいいモノのご紹介。

だって、テンプレかわいくしたから。そして、写真がたまってきたから(笑)

さてさて。こちらは何度も登場してます、現在のぺぺの毎朝マグです。

200902221846000 このラブリーなうさこにやられて、迷わず購入。毎朝の豆乳ティをいただくとき、くつろぎTIMEのお茶やココアをいただくときにも欠かせないうさこです。

このうさこが好きすぎて、ふと気づくと似たうさこのグッズがたまってました。

_114 ちびっこトートバッグと、ペンダント? 首から提げます。お洋服のアクセントになって、とってもかわいいの♪

てゆーか、この日、ぺぺのバッグの中からは、こんなにたくさんのうさが。

_116 …なんと、着てたカットソーを脱いでの撮影(笑)ちなみに、カイシャの某お部屋で撮ってます。

そのときに誰か入ってきたら?

もちろん、「覗かれた!」と言って騒ぎ立てます。逆セクハラなんて言わせません!!

ちなみに、カットソーの上にはしっかりホコモモラのカーデを着て、前を止めてますから、シゴトなのにうさぎのカットソーを着ていたということはばれてません(笑)

右上のチェリーとうさのは、マイ箸です。ピンクの水玉のお箸がくるまれてるんですよ~。あんまりにもかわいいので、持ち歩くことにしたものです。

この日、この写真をとったついでに、バッグの中身全部も撮影したので、晒してみます。

_119 さくらんぼとピンクとうさこに弱いことがバレバレな中身ですなぁ。

密かに、ぺぺの宝物も入ってます♪

手前のがま口は、ベトナムのSo・Co・Laさんから、無理を言って通販させてもらったものです。

このなかには、王子様ライブで手に入れた缶バッジが入ってます

ANNA SUIの冬バッグは、もうよれってますが、お気に入りです。

そうそう、時間外には、ブーツだと疲れるので、おうちみたいなルームシューズを履いてるのですが、それがとってもかわいいのだ♪

_112 右のがルームシューズです。

左は、この日に履いてた靴。

大神戸製靴のKononってシリーズの靴で、とってもかわいいのです。

そろそろ、ベタベタに少女趣味なぺぺの押し付けがましい写真連打に疲れてきてるでしょうが、もうひとつだけおつきあいくださいませ。

現在のぺぺのカッコでしめくくりますね。

201001132059000 セールで買ったツモリのナイトウェアにもこもこのソックスです。

ああ、柄物だらけ。

でも、好きなんだからしょうがないですよね。

ということで、自己満足ではありますが、ぺぺの「かわいい」って思ってるものを一気にお見せできて、満足してます。

かわいいものを見せあっこして、「かわいいよね~」って言い合うのって、女子だけに許される楽しみなのかな?

だけど、いくらかわいいモノを持っていても、なかなかかわいい女にはなりきれず。

すきなひとのまえで強がってしまうこの性格を、少しでもかわいくしたい、今日この頃なのです。

それでは皆さま、おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月16日 (土)

妄想乙女と炎のゴブレット

今日は、昨日(正確には今日)予告したとおり、越後屋家に行ってまいりました。案の定、ぺぺです。

越後屋さん…昔からこちらにお越しいただいてる方には、懐かしさを覚えていただけるでしょうか? 初めての方のためにカンタンに言いますと、元同僚でございます。ダイエットのライヴァルであり、いたずらの標的である、腹黒い殿方でございましたが、めっちゃかわいい奥さまとめでたくご結婚され、めっちゃかわいいべびちゃん(女の子)にも恵まれております。

今回は、越後屋家で行う新年会にお呼ばれしました

前に一緒に働いてたAさんも8月にべびちゃん(こちらも女の子)が産まれて、その子も来るというので、とっても楽しみ♪

ホントはね、越後屋さんのために、カロリーこってりWチーズのオレンジケーキを焼こうと思っていたのですが、昨日最終電車で帰宅という体たらく(しかも、乗換えの電車が終わってて、タクシーも使うというゴージャス?感)で、材料を買うことができず、断念しました。

それにしても、越後屋べびちゃんのUちゃん、かわいいの~vvv

最近はよくDちゃんと遊びますが、女の子はやっぱ違いますね。

AさんのべびちゃんSちゃんはまだ4ヶ月ちょっと? 5ヶ月弱? なので、まだちっちゃいの。でも、すっごいかわいい! 笑顔になられると、溶けちゃう~んvvv

もう、嫌がろうが何しようが、抱っこして遊んで♪

ランチはシェフ越後屋が腕をふるってくれました。

ホントに美味しかったぁ。

基本はイタリアンで、メインがとろっとろのビーフシチュウ。

いっぱいいただいちゃいました。

お喋りもいろいろして、楽しい時間を過ごしました。

そうそう、越後屋さんちに一緒に行ったのは、後輩女子のさよちゃん(仮名)。2年前、一緒にスイーツを食べに出張に行き、昨年は一緒に山を登ってる女の子です。

最近、元気がないと思っていたのですが、彼女の話もいっぱい聞けて、よかったです。

いろいろあるのよねー、ワーキングガールは。

べびちゃんずと遊んで、楽しい時間を過ごして、元気いっぱい!

と言いたいところですが、木曜日からどうも体調が悪くて、イカンです。

貧血気味なのかなぁ?

せっかく美味しいご飯をいただいても、これじゃあだめですね。

いっぱい寝て、早く元気になりたいです。

王子様との妄想も、いっぱいしなくちゃ、ですもんね。

リアルな話…えーっと、まだヒミツ。えへへ。

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月15日 (金)

妄想乙女と雪の夜

てゆーか、すっげー吹雪いてます。案の定、ぺぺです。

カイシャに取り残されるんじゃないかと思いましたが、なんとか最終電車で無事、帰還しました。ということで、遡り投稿でございまする。

眠い目をこすりつつ、本日は、おともだちのさざなみさんからいただいたバトンをやってみます。てへ

***********************

お名前は?

 ぺぺ(PEPE)です。

おいくつですか?

 永遠の15歳です!

ご職業は?

 妄想家。オトメニスト。何をするかは不明です…

 そういえば、株式会社乙女企画の社員という説もありました。

資格は持ってる?

 妄想5段。もうすぐ師範代です。

今、悩みが何かありますか?

 妄想がオ・ト・ナになりつつあって、困ってます。

 だって、ぺぺ、思春期なんだもん。(笑)

あなたの性格を一言で言うと?

 乙女。(キッパリ!)

 決して、めんどくさがりとか、ガサツとか、男前と言われるとか、そんなことは…ごにょごにょ

誰に似てるって言われた事ある?

 ビーバー。げっ歯類の小動物。

社交的? 人見知りしちゃう?

 リアルに超人見知りです。意外って言われますが、結構固まるタイプです。シゴトじゃなきゃ喋らないし。

人の話にはしっかり耳を傾ける?

 聞きます。ネタになりそうだと、さらにしっかりと(笑)

ギャンブルは好き? 嫌い?

 乙女ですから、いたしませんわ。

好きな食べ物飲み物、嫌いな食べ物飲み物は?

 LIKE 甘いもの全般、焼き鳥、桃、茄子のお料理、ミルクティ、いちご味のもの、LOOKチョコレート…どういう取り合わせ!? 

 HATE レバー、うに、イクラ、悪魔のお水と呼ばれるアルコール全般(好きだけど飲めない、このせつなさ…)

恋人いる?

 恋する乙女に愚問を…

 …ああ、王子様、プリーズ…

彼氏・彼女にするならこんな人が理想(5つ)?

 1 王子様!!

 2 一緒にいると笑顔になれるひと。つまり、王子様

 3 いっぱいお喋りをしたくなるひと。すなわち、王子様

 4 好き嫌いなく、美味しくごはんを食べるひと。それは王子様

 5 くどいようですが、元はいいカラダしてただろうに、間違って筋肉が脂肪に変わっちゃった風なぽっちゃり体形のひと。どう考えても、王子様

彼氏・彼女と喧嘩をした時、自分から謝れますか?

 そんな経験ありましたっけ?

 王子様とはラブラブなので、喧嘩なんかしないもぉん。

 …も、妄想だからできないんじゃないかとか、そんな問題じゃないですよねっ?

 リアルには…自分が悪ければ、いっぱい謝ります。

 でも、折れないときは、絶対に折れない、なぁ。

親友と呼べるお友達は何人いる?

 3人。

バトンを回してきたあの人...正直この人の事は○○である。

 さざなみさんのブログには、結構前から立ち寄って、読み逃げしてました。

 意外な一面をいっぱい持ってらっしゃるので、いつも面白いなーと思ってます。

 基本的には、かわいらしい女のひと、なんじゃないかなぁって、想像してます♪

 そのうえ、空手なんかされてて、すごい! 素敵です。

今までの自分の経歴で面白い事や自慢できる事は?

 おばかなことはいくつもしていますが…

これの為なら1食抜ける!!

 ラブのため。

 あー、いっつも3食以上、しっかり食ってんなぁ…

趣味・特技(いくつでもOK!!)

 趣味は陶芸(今はやってないけど)、お笑い観賞、お菓子作り、そして妄想(笑)てゆーか、書くこと。

 特技は、うーん、鏡文字を書くのが得意です。どこででも寝れます。

今、行きたい場所は?

 プーケット! ウミガメさんの産卵を見たいのです。

 ホント、暖かいところに行きたいです。吹雪なんて見たくねーよ!

もし自由に使える10万円があったら何に使う?

 王子様の布教活動(笑) DVDを買い占めます。ホントは、きっと、ホコモモラに行って、ワンピとか買ってるような気がします。或いは、東京お買い物ツアーとか。

将来の夢を語って下さい♪

 夢は語るものじゃなくて、叶えるものです。

その夢の為に、何かしている事はある?

 日々是努力也。ホントか!?

バトンを回す人の紹介を盛大にお願いします♪

 まわすほどおともだちのいないぺぺ…

 よろしければ、お持ち帰りクダサイ。

 で、楽しんでみてください。

***********************

それにしても、バトンって、「本人」が出てきちゃいますねぇ…恥ずかしいです。

すっかりとっぷり夜も更けて、現在時刻は16日AM1:20でございます。

早く寝なくちゃ、明日は懐かしの越後屋さんと遊ぶのだ♪

でもね。金曜の夜は少しだけロマンティック。

ほんの少しの面影を胸に抱いて、ゆるゆると眠りたいと思います。

Σ(゜□ ゜;) ルールを見ないでやってた。

今更、ルールのご説明です。

***********************

バトンのルール

① 必ずバトンを回す、5人の大切な大好きな方々を題名に書いて驚かせて下さい。

② 回ってきた質問には素直に等身大の自分で答えましょう。

③ やらない子はお仕置きです!!

④ ルールは必ず掲載しておいて下さい。

***********************

あはははは…さざなみさん、ごめんなさい…

③以外は守れてないおばかちゃんです…もう寝よう。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月14日 (木)

妄想乙女・イン・ブルー

占いを信じますか? ぺぺはいいコトだけを信じます。とはいうものの。朝のテレビの星占い見て、最下位だとなんとなくブルーになっちゃうんですよね…案の定、ぺぺです。

だけど。

「ブルーと言えば、王子様ですよねっ!」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「無理やり俺を思い出すな!」

「思い出してないですよぅ? 王子様はいつだって、ぺぺの胸の中に住んでるデス。きゃっvvv」

「今すぐ引っ越させてくれ…」

「なんでですかー。4LDKくらいありますよ?」

「どういう自信だ?」

「王子様が望むなら、素敵なイングリッシュガーデンもプールもネバーランドもなんでもつけちゃいますよぅ」

「いらない、いらない」

「ぺぺがいればそれだけで、ってコトですね? きゃっvvv」

「オマエがいなければ、それだけでってコト」

「ぺぺがいなければ、それだけでブルーですか? そうですよね…わかります」

「何がだ!?」

「でも、王子様。青は裏切らない。王子様をブルーにさせちゃうぺぺだって、王子様を裏切らないデス!」

「いいよ、そんな宣言」

「そうですよね。揺るがないぺぺのラブは王子様にびんびん伝わっちゃってるハズですもん」

「どうにかして揺らいでほしい」

「恋のスパイス的に?」

「は?」

「男って、狩猟本能があるから、追いかけたいって思うモノなのでしょう? ぺぺのように従順だと、ちょっと醒めてきちゃったりする場合もあるのでしょうね。ときには、王子様にヤキモチを妬かせたり、追いかけたい!って気持ちを起こさせるように工夫しなくちゃ、なのです。追いかけたい…ぺぺ、アレをやりたいです。波打ち際で、ふふふ、つかまえてごらん、みたいな、アレです。そしてね。王子様が待てよ、とかいって追いかけてきて、最後には後ろからぎぅ…むきゃ~!! たまらん、たまらんですっ!!

「気持ちわりー!!」




どがっっ!!




波打ち際の追いかけっこは、特にしなくていいです(笑)

だって、砂浜走ったら、ハンパなく疲れそうだし。お互いにぜぇぜぇしてたりなんかしたら興醒めでしょ? それもまたよしなのかもしれませんが。ぺぺはいいや。

それより何より、乙女の憧れ、後ろからぎぅ。

これに尽きるでしょう。

フツーにハグもよいですが、なんかそれ以上にうしろからぎぅってロマンティックな気がします。

だってね、例えば波打ち際、放課後の教室、夕暮れの公園、どんなシチュエーションに当てはめても、素敵な光景でしょ?

特に、王子様とぺぺの身長の差は約20cm。

程よくね?

後ろからぎぅして。耳元で囁いたりして。むきゃ~!

だけど現実はさ。

こないだだいすきなひとがぺぺの後ろでふと立ちどまったから、ちょっとどきどきしてたらさ。

持ってた紙で、いきなり首の後ろくすぐられて。ぺぺ、「みぎゃっ!」とか叫んで、笑われちゃっただけさ。

それは反則でしょう…

ロマンティックは期待してなかったけどさ…ぺぺのどきどきを、返して~!!

まぁ。後ろからぎぅ、にはまだまだ遠すぎっつーことで。

ハタチになればロマンティックもあるさー…もう過ぎてたっけ? いやいや、まだ15歳だもん。

っつーか、最下位にふさわしく、すっげー頭が痛くって、発熱してきてますよ。

早いとこ寝なくちゃ。それで、せめていい夢でも見たいものでございます…

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月13日 (水)

妄想乙女のお買い物日記

とはいえ、今回、セールの戦利品は少ないのですが…案の定、ぺぺです。

でもね。大好きなホコモモラのコートやANNA SUIのカットソー、ツモリチサトのナイトウェアなんかを買って、ほくほくしています。

てゆーかね。

ぺぺはホントにお買い物が好きなんですよぅ。

お洋服はもちろん、雑貨屋さん大好きだし、ドラッグストアや本屋さん、スーパーなんかも大好きです。

もちろん、いつもいつもお金使ってるわけじゃあないですよ?

ぶらぶら見てるだけで幸せなんです。

あー、でも、つい買っちゃうかぁ。

小さいものとかですけど。それこそ、入浴剤とか。ちびタオルとか。

イケナイなぁと思いつつ、欲しくなっちゃうのだ。

そんなぺぺのバイブル的な本といえば。

201001132130000 レベッカのお買い物日記♪

映画にもなりましたよね。まだ見てないんですけど。

おおたうにさんの表紙に惹かれて買ったのが最初で、全巻買ってます。

このお買い物シーンが大好き♪

あ、もちろんぺぺは、ここまでお買い物しませんからね。

あと、ついつい買ってしまう本は。

201001132133000 絵本です。

リサとガスパールは、輸入本です。セールで買ったはず。

バムとケロはYちゃんからのご紹介でした。

絵本とか写真集とかお料理の本とか、眺めて楽しいものが大好きです。

特に絵本は、ほのぼのした気分になるから、好きだなぁ。

最後にご紹介しますのはコチラです。

201001132134000 comichikoおねーさんのご本でございます。

第2版が出たと聞いて、買ってきたものです。

とってもかわいい手づくり小物や、いろいろな帯の結び方が書かれてます。

今は着物を着る機会はありませんが、もってるだけでうれしくなります♪

ほかにもいろいろご紹介したい本はあるのですが、ブックレビューはいろんな方がやっているので、あくまでぺぺらしく、ジャケ買い的なご紹介のみにしますね。

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月12日 (火)

妄想乙女の初恋をキミに捧ぐ

ぺぺのラブは王子様に捧げちゃいますよぅ~。案の定、ぺぺです。

だけど…

「王子様…ぺぺ、王子様が初恋ではないんデス」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「だから?」

「王子様、ヤキモチを妬かないでクダサイね?」

「妬かねーよ!」

「ちなみに、ぺぺの初恋はコチラでご覧いただけマス」

「しっかりちゃっかり宣伝だけはするんだな」

「王子様も胸もきゅんとなるような純情ストーリーですよ?」

「うさんくせー…」

「…ぺぺにもそんな時代があったです」

「まぁ、それはそうかもな」

「もちろん、今もピュアピュアですけど」

「はァ?」

「王子様に純情一直線デス」

「嘘くせー…」

「もぉ。ぺぺのこの、清らかに澄んだ瞳をご覧ください」

「寝不足で血走って淀んでる…」

「きょ、今日はだいじょぶだもん! 確かに乾燥してて、コンタクトを断念しましたけど…これは、王子様が『時には眼鏡っこも萌えるよね』って言うから…」

「言ってねーよ!」

「つまり、どんなぺぺにも萌えてるんですね?」

「なわけねーだろ!?」

「そんなぺぺ萌えの王子様に、ぺぺのピュアホワイトにラブリーピンクなな恋心をすべて捧げマス。王子様、どうか受け止めてクダサイっ。王子様、ジュ・テームですぅ~!!

「いらねーよっっ!!」




どがっっ!!




リアルな初恋のひとは、ぺぺのお誕生日が近づくと夢に出てきてくれてたのですが、ここ2年くらい出てきてくれません。記憶が薄くなったせいなのか、王子様がいてくれる(?)せいなのか。

だけどね。

未だに誰かをすきになると、このときと同じ、なんですよね。

妄想ではいろいろがちゃがちゃやってますが、ホントに王子様と逢って話したときのぺぺなんて、どきどきして地に足がつかないうえに超挙動不審になっちゃってたし。

変に意識してきょどるか、或いはお笑いに走ってしまうか。

昔から全然変わってないです(´・ω・`|||)

少しくらいロマンティックなこともしたい今日この頃…

だけど、どんなふうでも、すきなひととふたりで過ごしたときは、思い出してみるとなんとなくロマンティック、なんですよね。

何か渡すときに、偶然手が触れて、妙にどきどきしちゃったり、とか。

…うっわー、自分で書いてて、妄想より恥ずかしいじゃねぇかよ、このへん!

ヤバイので、寝ます。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月11日 (月)

妄想乙女は乾燥する。

今日は王子様の舞台の最終日。本当なら、ご馳走でも作って待っていてさしあげたいところですが、たぶん打ち上げでしょうから、おとなしくブログでも書くことにします…? 案の定、ぺぺです。

「本当はいちばんにねぎらって差し上げたいのデスよ。だけど、おつきあいも大事ですもんね…」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「変な言い方しやがって。知らないひとがみたら、絶対誤解するだろ!?」

「え、今日は5回もするデスか? いやんvvv

「…何を、だ?」

「妄想?」

「…ほー…そうじゃなくて! ちげーよ。まるで一緒に住んでるみたいな書き方をするんじゃねぇ!」

「そうですね。ぺぺは王子様宅の合鍵をもっているダケです」

「持たせてねーよ!! 全部オマエの頭の中の出来事だ! 皆さん、これはコイツの妄想ですからね!」

「まぁ、細かいことは置いておいて」

「細かくねーだろ!? 大前提だ!!」

「ぺぺはアレをやりたかったデスよ。お疲れさまでした、お食事にします? おビールが先? それとも、ア・フ・ロ? あ、いろんなことが混じって間違っちゃった。てへ★」

「あえてボケたんだろうが、そこよりもツッコミたいことが満載過ぎて、どうしていいかわかんねー…」

「王子様ぁ、湯加減、いかがですか?」

「いきなり風呂の設定かよ…」

「お背中流しましょうか?」

「結構です!」

「結構なお手前で?」

「ちげーよ!」

「それにしても、すごい湯気で王子様が見えない…」

「ここに妄想力の限界点があるんだな…」

「でも、半裸の王子様がサウナに入ってるDVDとか持ってますから、あれで補完すれば…うひひひひ…」

「余計なコトをするな!」

「じゃあ、おこたでビールでもいただきましょうか?」

「なんでオマエと差し向かいでビールなんか飲まなきゃなんないんだよ?」

「ラブだからです!」

「俺は関係ねー!」

「まぁ、細かいことはいいじゃないですか。お鍋も食べごろですよ?」

「打ち上げで食ってきたからいらねーよ」

「え、もっといっぱい食べましょうよ。小食だと、ぺぺ好みのボディになれないぞ

「太らせる気か!? このデブ専女!」

「違います。筋肉がウッカリ脂肪に変わってしまった、元はいいカラダだったろうになぁ…という間違った感じの肉厚ボディが好きなんです」

「昨日、パツパツのデニムの上にぷよっと肉が乗ってたオマエに言われたくねーよ!」

「はぅっ。痛いトコロを…」

「てゆーか、この茶番はいつまで続くんだ?」

「5回分デス

「冒頭のボケの設定がまだ生きていたとは…」

「でもね。お風呂も入って、ごはんも終わると、あとは…困りマシタねぇ。今日は早い時間に書いてるデスよ?」

「…よからぬことを考えているな?」

「では改めまして。王子様、舞台おちゅかれのジュテームでしゅー!!

「させるか!」



どがっっ!!



それにしても、5回分の妄想って、どんだけでしょうねぇ?

それは置いといて。

また、似たようなネタになることをお許しクダサイ。

でもね、ドラッグストアで見つけちゃったの。

この入浴剤。

201001111629000 これは!?

買わなきゃ、でしょ?

「お姫様志願の乙女心に告ぐバスソルト」なんて書いてあるし♪

ぺぺのためにあるようなモノだわ。

さすがに、このパッケージはどうかと思いますが…

これを、王子様のスマイルに入れ替え…ほにゃ~、かっこいい…とは思えないなぁ。何のネタだっけ?って思いそう。

何にせよ、これは、次回東京に行くときに、勝負入浴剤として持っていこうと思います!

ちなみに、本日はミルクの入浴剤でした。

だって、乾燥がひどいんだもん。

カサカサをだいすきなひとにも見られちゃって(っつーか見せちゃって)、「ひっでーな」なんて言われちゃったの。乙女として、どうよ?

ああ、もっとラブがそこらじゅうに転がっていれば、もう少し潤いを保っていられるでしょうに…てゆーか、カイシャが乾燥してるのがいちばん悪いんだもん!

でも、責任を転嫁しててもしょうがない。

少しはお肌のお手入れとかもしなくっちゃ…ね。

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。


2010年1月10日 (日)

妄想乙女は萌えるがキャラバンは進む

え、日曜日ですか? も・ち・ろ・ん。乙女ですから、デートに忙しいんですのよ。…言ってみてぇ~! 案の定、ぺぺです。

デートに忙しいどころか、今日なんかシゴトだぜぇ?でゴザイマスのよ?

やってらんねぇ。やってられませんわ。

でもね。

「今日は王子様が舞台で、ぺぺはチケットを取っていないので、やむを得ず今日はシゴトに行ったのデス」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「どうでもいいけど、言葉遣い、悪いな」

「そんなコトないデスよぅ?」

「そんなことあるだろう」

「じゃあ、直したらデートしてくれますか?」

「直そうが直すまいが、やだ」

「なんでですかー。ぺぺはおデートがしたいんですぅ。手をつないで歩いたり、カフェでお茶したり、川べりでお喋りしたり、その程度でいいんですけど」

「高望みしすぎだ!」

「そうかなぁ…」

「しかも、学生っぽい」

「そりゃもう、ぺぺ、15歳ですから」

「そんなわけねぇだろ?」

ぼすっ! ←謎の(笑)バイオレンス音

ぐふっ…そうか、年は禁句だったっけ…」

「王子様は、ぺぺが想像するような、青春青空デートがお気に召さないのですね?」

「そういうわけじゃ…」

「つまり。王子様もオトナのひと。オトナの妄想チャンネル的なデートがお望みだということなのですね? 「そうさ、ぺぺ。時にはオトナの妄想チャンネルにしようぜ」「いやん、王子様。まだお子様が起きている時間です。ふさわしいだけの慎みを持ってクダサイ」「何を言うんだい、ハニー。こんなに愛し合っているのに。これ以上我慢なんか、で・き・な・い・ぜ」「あぁん、ダーリン。その視線に、ぺぺ、クラクラしちゃいますぅん」 さぁ、王子様。その萌え萌えラブビームを放つ視線、プリーズ!

「何が慎みだ、何が萌え萌えラブビームだ!」


どがっっ!!


今日はね、金曜日にできなかった分のお片づけをしに行ったのです。

もっともっとかかるかと思ったけど、意外と早く片付いたので、助かりました。

それだったら、もうちょっと遅くに行ってもよかったなぁ…(朝に弱いぺぺ)

そして、もうちょっとかわいいカッコしてけばよかったなぁ…(頭ボッサーとしてた)

まぁいいや。

帰り道、ホコモモラに寄って、セールのときにチラ見した春物で目をつけてたモノをも1度見ようと思ったら、もう売れてなくなっちゃってたのでした。

あと、フランシュリッペで、買おうかどうしようか迷ったカットソーも、アタリマエになくなってました。

しょんぼり。

ヤケになって、ドラッグストアに立ち寄り、入浴剤を買い込んできました。

またたっぷり楽しめそう。

それでは今日はこのへんで。

今日も早起きすぎたので、超眠いのです。

ロマンティックのカケラを抱きしめて眠ったら、いい夢見られるでしょうか?

おやすみなさい。よい夢を。


2010年1月 9日 (土)

妄想乙女シルブプレ

お休みまで長かったぁ…案の定、ぺぺです。

同じ1週間なのに、長めのお休み開けって、長く感じちゃいますよね?

「王子様~、お休みですからふたりでまったりしましょうよぅ」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「俺は舞台だ!」

「はっΣ( ̄□ ̄;) そ、そぉでした。それをウッカリするなんて、ぺぺはツマ失格デス…」

「妻じゃねーし」

「まだ恋人デシタね。てへ★」

「ちげーよ!!」

「王子様の舞台が終わったら、改めてまったりいちゃいちゃしましょうねっvvv

「しねーよっっ!!」

どがっっ!!

そうなんです。王子様は11日まで毎日、舞台でお忙しいので、ぺぺの妄想に構っていられないようです…???

そういう問題じゃないか。

でも、舞台あけの12日はぺぺはまたおシゴトだから…

そういう問題じゃないですね。

そんなぺぺ、本日はおうちでまったり過ごしました♪

おうちでまったり、といえば、ぺぺの大好きなお風呂。のぉんびり入りました。

お風呂といえば、入浴剤。

今日はYちゃんからクリプレにもらったこの子を使いました。

201001030937000 このマトリョーシカちゃんのなかから、ちっちゃなマトリョーシカちゃんが出てきました♪

超かわいいので、どこかに飾っておきます。

最近は、少し贅沢な入浴剤を使っちゃってます。

ちなみに、旅行とかでホテルのお風呂を使うときには、あわあわになる入浴剤を使ってます。

あれ、なんか気分いいんだもん。

外国の女の子になった気分で、ほにゃほにゃ鼻歌うたっちゃいます。

明日はどれにしようかなぁ?

201001091941001 チュッパみたいなのもYちゃんにもらったの♪

ほかにもいっぱいもらって、もうけっこう使っちゃった。

女子気分のときにはばらの香り、まったりくつろぎたいときにはラベンダーの香りを選ぶことが多いかな?

ミルクっぽいのが好きです。

あとね。

201001091941000 これは湯の花。

11月に行った、箱根で買ってきました。

お土産に、と思ったのですが、自分で使ってるヤツ(笑)

だって、試してみたかったんだもん。

これね、使うと、体が白くなります。成分が付着するのかな? 

一瞬、美白!と思ったけど、シャワーをかけたら元に戻っちゃった。

ちなみに、最近お風呂では、ドラクエやってます…だからいっつものぼせ気味…

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月 8日 (金)

妄想乙女はつらいよ 純情篇

せっかくの金曜日。だけど、王子様には逢えなくて…って、アタリマエか。今日も王子様は東京で舞台、ぺぺは遥か北の地でおシゴト…案の定、ぺぺです。

さて、某国民的映画のようなタイトルをつけてみましたが(前々回も映画からでしたっけ)、今日のぺぺはもう体調サイアクで、休めるなら休みたかったけど休めずに、でもろくなシゴトもできずに、けっきょく帰ってきたわけでゴザイマス。

だから、タイトル負け(笑)

許してください、あしたはきっと書けるから。…書けるかな? とりあえず、ひたすら寝るしかないですよね。寝れば元気になれるはず。

こんなぺぺにも、ほんの少しのロマンティックがあったから。

やっぱり金曜の夜は特別なんです。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月 7日 (木)

東京は夜の7時

※本日はどっぷり妄想の世界でございます


ぼんやりテレビを見てたらおかしな夢を見ていた…


お出掛けの準備が終わって、ぼんやりとテレビを見ているうちに、うたた寝してしまったみたい。

浅い眠りの中で、おかしな夢を見ていた。

どこか歪んだ世界の中で、あのひとは笑っていた。

あのひとが笑っていれば、それだけでいい。

そんなふうに、そっと見守っている夢。

ああ、夢だったんだなぁって、ぼんやりした頭で考えて、ふと時計を見ると、あと少しで午後7時。


あなたに会いに行くのに 朝からドレスアップした


せっかくだから、お洒落して逢いに行こうって思って、新しいワンピースに袖を通したのに、少し皺になっちゃった。

アイロンでもかけ直したいけど、もう時間がない。

バッグにメイク直しの道具を放り込んで、慌てて、家を出る。

早く、早く急がなくちゃ。

開演は夜の7時。

タクシー、早く、あたしを、あのひとの元へ。


ぼんやり風に吹かれた タクシーの窓を開けて

あなたに会いに急ぐの


タクシーの窓を開けて、冬の風に少し吹かれた。

冷気が車内に入り込んで、しゃっきりと目が覚める。

それから慌てて、手鏡を覗き込む。

マスカラ、落ちたりしてない? グロスはちゃんと輝いてる?

いちばん綺麗なあたしを見せたいから。

神様、どうか、今夜。

あたしに魔法をかけてください。

とびきりの、一夜だけの、シンデレラ。


東京は夜の7時

嘘みたいに輝く街

とても寂しい

だから会いたい

東京は夜の7時

本当に愛してるのに

とても寂しい

あなたに会いたい


もう少し、もう少しであのひとに逢える。

この扉の向こうには、あのひとの世界が広がっている。

ねぇ、言葉を交わすとしたら、どんな言葉を交わしましょう?

それよりもまずは、瞳を合わせて、微笑んで。

それですべてが伝わるはずだから。

あたしは扉の前で、そっと笑顔の練習をする。


.**********************************

本日は王子様の舞台初日なので、久しぶりの妄想劇場でした。

ああ、どうだったのかなぁ…行きたかったなぁ。

だけど今日のぺぺは、体調サイアクで、珍しく定時ソッコー帰宅でございました。

セールも行けず…しくしく。

それでは今日は、このへんで。

おやすみなさい。よい夢を。


PIZZICATO FIVE 「東京は夜の7時」

2010年1月 6日 (水)

妄想乙女は二度寝る。

朝、お布団の中、たゆたゆ…遠くでけたたましいアラーム音。うるさいケータイは放り投げて、さて、またゆるやかな眠りの中へ…って、それじゃいか~ん! 起きなくちゃ!! 案の定、ぺぺです。

お正月に二度寝の習慣が身についてしまって、とっても危険です。

「でも、こぉんなに寒いと、お布団が恋しくなるのです。代わりに王子様の人肌でもあれば別ですが…」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「一生布団にいろ!」

「え~、王子様の人肌のほうがよいですぅ~」

「絶対、ない!」

「なんでですかー。王子様だって、ぺぺをぎぅってすれば温かくって、暖房要らずですよぅ? 超エコです!」

「俺はエコじゃなくていい」

「もぉ~。そんな頑なな王子様を、ぺぺのラブが変えてゆくのですね。これもひとつの愛の物語ですぅ。はふ~ん」

「ねーよ!」

「ないよないよも好きのうち」

「はァ!?」

「あのね。好きの反対は無関心なんです」

「ん?」

「つまりですね。王子様がひとつひとつにツッコミをくれるっていうことは、ぺぺに無関心ではいられないっていうことで、即ち、ぺぺをラブだということなのです!

「・・・」

「王子様?」

「・・・」

「今、王子様はぺぺへのラブを、改めて噛み締めているのですね」

「・・・」

「噛み締めきったあと、初めて交わすのはどんな言葉なのでしょうか? 読者サマもわくわくして待っていてくれてるハズです」

「・・・」

「目まで閉じて…ぺぺを反芻してるですか? Your love forever ひ~とみ~をとじて~ き~みを~えが~くよぉ そ~れだけで い~い~~♪」

「…ぐ…」

「ん? 何か言いました?」

「・・・」

「そ、それとも、もしかして…逆白雪姫パターンなのでしょうか? お、王子様のそのくちびるに、ぺぺがちゅーすると、目覚めて飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん♪となる…はぅ…リ、リップクリームを塗らなくちゃ…(ぬりぬり)…は、歯磨きも必要でしょうか? …(ガシガシ)…やはりここは姫っぽい衣装に着替えたほうがよいですか? それはまぁいいか。それでは王子様、不肖ぺぺ、今年のファーストキッス、いかせていただきまぁ~す!!


「させるかっ!!」





どがっっっ!!!





ということで(笑)

こんなの書いて、そのあとどーしろっちゅーねん?って感じです。

ああ、妄想ぺぺ、恐るべし。

ところで、読者サマが気になっているはずの「今年のファーストキス」発言。つまり、昨年はどうだったの!?と思っているのではないでしょうか。

ふっふっふ。

昨年のぺぺのファーストキス、その話は去年の3月7日「妄想乙女のREAL☆KISS」にくわし~く書かれております! ぜひお読みください! そして…腰砕けになってください、とほほほほ。

その後、Dちゃんのかわいいほっぺにちゅーとかはいたしましたがな。

…そのほかは、もう言えません。乙女のヒ・ミ・ツvvv

え? 言えない、じゃなくて、ない、んじゃないかって?

…す、するど…じゃなくて、言えません!

ああ、今年もエロアザラシ君に逢いに行っちゃおうかしら(笑)

てゆーか、王子様に逢いたいです。

明日から王子様は舞台です。

どんなふうにお芝居をしているのか、本当に見たい、見たいけど、今回は行けません…チケットも取ってないし…残念です。ちょうどセールの季節だし、行きたかったなぁ、東京。でも、セールの時期だから、危険すぎるんだよなぁ、東京(笑)

そうそう、お買い物っていえばね、と話を続けたいのですが、気がつくとめっちゃ長くなってたので、今日はこのへんで、続きはまた明日。(書けるか?)

おやすみなさい。よい夢を。



2010年1月 5日 (火)

妄想乙女、またしてもやらかす。

新年に入ってから、ず~っとタイトルを「妄想乙女」シリーズにしていますが、特に理由はありません。飽きたら変えます。案の定、ぺぺです。

毎回、タイトルって困りますよねぇ。

ぺぺだけ?

最初に書くこともあれば、書き終わってからおもむろにつけることもあります。

今日はタイトルから書き始めました。

「さぁ、王子様、クイズです。ぺぺは何をやらかしたでしょうか?」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「すべて」

「…ハイ?」

「その存在」

「…そのすべて、その存在そのものが愛しいというコトでしょうか。それはよ~くわかります。だって、ぺぺもだもん。でもね、王子様。今はクイズのお時間ですよぅ?」

「そのくっだらねークイズに答えたんだよっ!」

「う~ん…ぺぺ、耳の調子が悪いのかなぁ?」

「とぼけやがって。オマエは毎日、何かしらやらかしてるだろ?」

「ただ王子様ラブなだけですよ?」

「それそのものが誤りだ」

「なんでですかー。ああ、王子様も自分を疑っているのデスね? こんなにピュアホワイトなラブを経験したことがなかったから…その戸惑い、ぺぺもわかりマス」

「どうしてそう、都合のいい耳をしてるんだ!?」

「王子様も恋すればわかりますよぅ」

「オマエ以外にしか恋しねーよ!」

「オマエにしか恋しない? むきゃ~!! 王子様、ぺぺもですぅ!!

「うるせーよ!!」




どがっっ!!




すっかり話が変わってしまいましたね。

本題です。

さぁ、ぺぺはなにをやらかしたのか。

答えはCMのあと!

じゃなくて。

え~っと…ぺぺねぇ、よくやっちゃうんですよ。どじっこですから。

トイレのあと、スカートのすそをおぱんちゅのなかに入れてしまう。

つまり、後ろから見ると、半ケツといいますか、おぱんちゅが見えちゃってましゅよ、的な。

その状態で、上にコートを羽織っているとはいえ、地下鉄に乗り。そしてそのあとコートを脱いで歩き回り…

フツーに歩いてたら、見知らぬ女の子がダッシュしてきて、「あの…スカート…」って。おしりのあたりを触ってみると…ありゃりゃ…?

Σ<( ̄□ ̄|||)>

あ、あながあったらはいりたい…

それにしてもさー。新人のKくんと一緒に歩いてたんですけど、どうして気づいてくれないかなぁ。

「何気に気づいてて、見てたんでしょ!?」

と問い詰めたら、「そんなことないです」ってうろたえてました(笑)

…てゆーかさ。こんな乙女にあるまじきこと、書かなきゃいいのにね。

ついつい書いてしまう、お笑い体質のぺぺ。

今年こそは、素敵なレディに!

…なれるといいな。

なれたらいいけど、今日も帰り道、横断歩道ですっ転んでしまいまして。

後ろにいたお姉さんに「大丈夫ですか?(苦笑)」と言われ、「だいじょぶです!」と言ったものの、膝をしこたま打っていて、今見たらでっかい青あざになってました…腫れてるし。

到底、レディとは思えない状況です。

でもさ。今日はちょっとだけ、ぺぺは幸せでした。えへ。

そういえば、ぺぺの初夢は、びゅんびゅん流れ星が飛び交っている夢でした。

願い事がいっぱい、叶うのかもしれません。

たったひとつでいいんだけどな。欲張りません。

だから、たったひとつだけ、ぺぺのために。もうひとつは大切な友達のために。みっつめはあのひとのために。

ほかのたくさんの流れ星は、皆さまのお願いを叶えるお星様になってもらいたいです。

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。




2010年1月 4日 (月)

妄想乙女の初××。

と、期待で胸を膨らませるようなタイトルにしてみましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。案の定、ぺぺです。

さて。初××。

「王子様、何だと思いますぅ?」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「何でもいい」

「そんな言い方しないでくださいよぅ。今日晩ごはん、何にする?って聞いたら、かわいく『ハンバーグとか答えるオットであってほしいです」

「はァ?」

「そしたらぺぺが、『じゃあ王子様、お肉捏ねるの、手伝ってクダサイねとか言って、一緒にキッチンに立つんだけど、王子様がぺぺをくすぐってきたり、イタズラをするから、なかなか支度が進まなくって…」

しねーよ! てゆーか、もしそんな状況になったら、イタズラしてくるのは絶対、オマエの方だろ?」

「はぅっ。さすが王子様は、ぺぺのことよくわかってるです」

「わかりたくもないけどわかるんだよ」

「一心同体ですもんねっvvv

「認めたくはないが、ある意味そうなんだよな…」

注)今更ですが、妄想チャンネルは一人二役でお送りしております☆

「ところで王子様。質問に答えてクダサイですっvvv

「興味ない」

「ああ。王子様ってば、ちょっとえっちぃことを考えマシタね? それで、ぺぺの過去の恋愛なんて知りたくない!って拗ねちゃってるわけデスね? 王子様、かーわーいーvvv ヤキモチ妬いてるなんて」

ちげーよ! そもそもオマエに過去の恋愛が存在してるのかも怪しすぎる」

「ギク…でも、それなりにあるもん。ひゃくにんぎりだもん」

「ビミョーに使い方おかしいし。ますます経験の薄っぺらさを露呈してるな…」

「はぅっ。王子様たちのネタは、一見おばかですが、意外とインテリなんですよね…王子様のツッコミに、さりげない頭のよさを感じマス。そんなところも大好きですっ! 王子様、ジュテームでしゅ~vvv


ぎゅ~~~むっvvv


「抱きつくなっっ!!!」




どがっっ!!




さて。聡い皆さまはもうお分かりですね? 本日のぺぺ、初仕事でございました。

だから何なんだよ?

でも、初仕事って言ってもさ~、昨年のやり残しとか(すげー気が重いヤツ)ばっかで、全然「2010年!」って気持ちにならないんですよね。いつものことか?

おまけに、朝からいろんなところでぺこぺこ頭下げるから、軽い貧血を起こすし、もう新年とかイラナイ、今13月でいい! でもぺぺは13っていう数字は嫌いだから、12.5月でいい! とか意味フなことを考えてました。

そんな初仕事。皆さまはいかがでしたか? まだこれからですか?

ということで、ぺぺはこれから、セールの戦利品(帰りに寄っちゃいました)を整理しようと思います。

Dちゃんの誕プレなんかも(プロパーですが)買って来ちゃった♪

ああ、まだまだ書きたいことはあるのですが、それはまた明日。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月 3日 (日)

妄想乙女の萌え正月。

おはよございますです。案の定、ぺぺです。

お正月はお笑い番組が多くて、チェックに疲れます…実家に帰ってたりしたので、ほとんど録画してて、そのチェックに勤しんでるところです。

「王子様、出てませんねぇ…」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「ほっといてくれよ」

「暮れのには出てましたけど。ああ、いつぞやのお正月。王子様はなんと温泉地からの中継でした。お正月から、王子様のヌード…むふふふふ…なんて素晴らしいお正月…」

「気持ち悪い見方をするな!」

「そういえば、このまえの単独のときにも、王子様は半裸になってイマシタ。…もしかして、王子様って露出狂…?」

「んなわけねーだろ!?」

「ダメですよぅ。そういうのはぺぺにだけ、見せてクダサイ!」

「オマエは変態か!?」

「何か問題でも?」

「…開き直りやがった…」

「ところでぺぺは、昨日、セールに行きましたよ」

「またか!?」

「何か問題でも?」

「また開き直りやがった…」

「そうそう。王子様にも何か買って差し上げたいのですよ。せっかくメンズのもお安くなっているわけですし。王子様はカノジョさんにお洋服を見立ててもらうのが常ですよね?」

「小ネタ挟んできた…」

「だけど、詳しいサイズがわからないのデス。採寸しますから…まぁちょっと脱いでみてクダサイよぅ。うひひ」

「このド変態が!!」



どがっっ!!



…新年早々、なんつーことを書いているのでしょうか?

さて。ぺぺはセールに行ってきました。

いつものように、大好きなホコモモラ。ここはいつ来ても、素敵です。

シンプルな黒いコートが半額になっていたので、買ってしまいました♪

なんと、ライナーはそれだけでも着れるのだ♪ かーわーいー♪

そのあと、フランシュリッペやCOCUE、ANNA SUI、シンシアローリーなんか行きましたが、激混み加減に疲れてしまいました^^;

ホントに、すっごい人出でした。

雑貨屋さんにも行きたかったんですが、断念して、お菓子の福袋を買って、帰りました。

ちなみに。お洋服の福袋は、毎回大笑いする、ネタとしか思えないようなお洋服のオンパレードだったので、もう買ってません…運がないの?

お菓子なら、けっきょく全部食べちゃうし、好みじゃなかったら誰かに小さなプレゼント、ってしてもいいでしょうし、いいかなーと思いました。

ついでに、昨年末にミスドの福箱買ったので、そのチケットでドーナツもいくつか交換してきました。

さらに実家に行って、いろいろ持たされて帰ってきたので、おうちはお菓子の家状態です。

甘党ぺぺにはたまらない状態ではありますが。

こんなので萌えてちゃイケマセン。

乙女ですから、今年はラブの年にしなくちゃなのデス!!

とはいえ。

ぺぺ、15歳。まだまだ色気より食い気です!

…一億総一斉どがっっ、でございましょうか。

まぁ、ここのブログにはそんなにひと、来ませんけどねー。

それでは今日はこのへんで。早起きしたので、一眠りしようかと思います。

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月 2日 (土)

妄想乙女の見る夢は…

もちろん、らぶ・らぶ・ざ・わーるどで王子様といちゃつく夢…を希望していたのですが、初夢はまだ見てません…今夜こそは。案の定、ぺぺです。

いい夢にするためには、質のよい妄想を…

と思っているのですが。

親戚づきあいも大変でゴザイマス。

すっかり疲れて、くったくた。

今日はもう寝ようと思います。

素敵なラブストーリーは明日にでも。

王子様、たっぷり2日分、いちゃいちゃしましょうねっvvv

…ん? 遠くでどがっって聞こえたような?

おやすみなさい。よい夢を。

2010年1月 1日 (金)

妄想乙女のお正月☆

今年は夢を叶える年にするぞー!! 案の定、ぺぺです。

「だから、一緒にがんばりましょうね、王子様っvvv

※妄想チャンネルに切り替わってます

「俺、関係ないだろ?」

「アリアリです。だってラブだもん♪」

「関係ねー!」

「とりあえず、お正月といえばおせちでしょう。今年はこんなんでした」

201001010906000 「オマエ…ひとりでこんなに食ったのか!?」

「まさか。大食いぺぺでも、いっぺんには無理ですよぅ。毎日ちびちび食べるんデス」

「…寂しいなぁ…しかも、伊達巻焦げすぎだろ?」

「ギク。でも、今日これから実家に行くもん」

「だからこんな時間に書いてるのか?」

「そのとおりです。王子様とは以心伝心vvv

「誰でも気づくだろ!?」

「じゃあ、お雑煮でもいただきますか?」

201001010924000 「関東風?」

「王子様の好みに合わせマス。王子様は江戸っ子なので、こんなふうでしょ?」

「そうじゃねぇだろ!?」

「実家でもそうだったデス。今年は豪華に生麩を入れてマス。ゆずと三つ葉の香りがします。さ、これ食べたら、初詣にでも行きますか? いちゃいちゃと手をつないで。神様も妬いちゃうかも? きゃっvvv

「安心しろ、妬くようなことは一切しないから」

「隠れてコソコソいちゃいちゃするってことですね。じゃあ、こっそりと、今年初ぎぅ、いたしますか。王子様、ジュテームでしゅ~!!

「するか、ボケ!」



どがっっ!!



新年初どがっでございました。

実はもう、初詣は行ってきて、これから実家に行ってまいります。実家っていっても、歩いて30分程度の距離ですが。

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい(?)。よい初夢を。ぺぺにもプリーズ!

あけおめデス☆

今年もよろしくお願いしましゅ

特に王子様vvv きゃっvvv

嘘々。冗談でゴザイマス。

皆さま、こんなぺぺですが、よろしくデス。


2010.1.1 PEPE

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »