WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 妄想乙女はなにゆえに祝杯をあげる? | トップページ | 妄想乙女の優雅な休日。 »

2010年9月25日 (土)

妄想乙女は夕焼けに染まる。

夕方。お買い物に行って、おうちに帰ると、部屋の中がピンク色に染まってました。夕焼けの光が、お部屋いっぱいにたまっていたのです。ほんのわずかな時間でしたが、ホントにすごい体験をしました。案の定、ぺぺです。

これでお部屋が綺麗だったら、もっと素敵だったのに…

衣替えを早くしたいのですが、か、風邪が…咳が…ゴホッゴホッ…



…すみません、言い訳です。



確かに風邪は治らず、時折、ものすごい勢いで咳込んでます。

ホントにこれって、風邪なのかなぁ?

よもや、結核とか…

注)違います

「やっぱり、美少女の定番といえば、結核、なのでしょうか…前略、王子様。ぺぺは今、空気のきれいなサナトリウムで静養しています…早く完治して、また王子様と素敵な日々を過ごしたいです…」

「…いったい、何なんだ? このシチュエーションは。おまけに美少女って誰のことだ?」

「あぁん、王子様。お見舞いデスか? それとも寂しくて迎えにきてくれたとか?」

※なんと、妄想チャンネルに切り替わってます

ちげーよ! 何ばかなことやってるんだよ?」

「シチュエーションコント?」

「コント?」

「来年のキング・オブ・コ○トに出ようかと思って。ほら、前にコンビ名を考えマシタよね。そう、その名は『落第センチメンタル』」

「…まだ覚えてたのか…」

注)うそこメーカーさんで「王子様」と「ぺぺ」でコンビをつくるとこうなります

「リアルにラブラブなふたりが繰り広げる、みんなが赤面するほどのいちゃいちゃコント」

「どこからどこまでつっこめばいいんだ? 全部か…」

「でも…基本的に下ネタは嫌われてますよね…」

「そういう問題じゃねーよ」

「だから、コントのセットをふたりの住む愛の巣から、サナトリウムに移してみたデス。王子様は言いマス。『こんなところで、すまないねぇ』。ぺぺは答えます。『それは言わない約束でしょ、おとっつぁん』。…あれ?」

「何がしたいんだ、オマエは」

「ま、ネタは王子様が考えればいいデス。王子様がどんなにボケても、ぺぺがしっかり拾ってツッコミますから」

「どう考えてもオマエがボケだろ?」

「確かに王子様はツッコミ王子です。だけど、ぺぺだって蝦夷地のツッコミプリンセスですから」

「誰がいつそんなことを言ったんだ?」

「今、ぺぺが思いつきマシタ」

「…あー、ハイハイ」

「ところで、うそこメーカーさんの話がちょっと出たので、ついでに話しますが。今、うそこメーカーさんで、恋愛通信簿ってゆーのがあるんですよぅ」

「それがどうした?」

「ぺぺね、言葉でうまく愛を表現することは得意みたいなんですけど」

「できてるのか、これで」

「あのね…えーっと。耳貸してクダサイ」

「嫌だよ。なんでだよ」

「恥ずかしいもん」

「じゃあ、言うなよ」

「えー? あのね…うまくキスができないみたいなんデス…」

「どうでもいいよ、そんなの」

「え、王子様が個人レッスンしてくれるデスか!? いや~ん、むきゃ~っっ!!

「そんなわけねーだろ!?」







どがっっ!!!



それにしても、ホントに風邪の治りが遅いです。

それって齢のせい…いや、急に寒くなったせいでしょう。

今夜はおでんなんか作っちゃったもんね。ほっくり煮えた大根さんや、ふんわりはんぺんさん、熱々のこんにゃくさん…くぅ~、たまらん。久々に幾許かのアルコールも摂取しちゃいましたよん♪

あ、さすがにもう醒めてますから、ご安心あれ。

さてさて、本日の「続きを読む」以降ですが、まじめなことを書いてます。

なので、お嫌いな方はここまでで。

おやすみなさいです。よい夢を。

気になる方は、続きへどうぞ。

☆   ☆

えーっと、お詫びです。

1つ、せっかく書いていただいたコメントを非表示にしています。

なぜなら、王子様について書いてあったので…

ホントにごめんなさい。でも、困っちゃうんです…

王子様について、誰なのか考えるのも、このひとだって思い込むのも、何も考えないのも自由ですけど、お願いだからどういうひとかとか、書かないでクダサイです。

真面目なお願いでした。

それでは今日はここまで。

おやすみなさい。よい夢を。

« 妄想乙女はなにゆえに祝杯をあげる? | トップページ | 妄想乙女の優雅な休日。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

あ〜〜〜!!!
失礼しました。犯人は僕ですね。
王子様が特定できなければいいかと思って言ってはいけない事をペラペラと…
ホントにすいません。。
反省しております。。

ふるちょサマ、こんばんはです。
コメント、非表示にして、ごめんなさいです。

部屋ってなに?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妄想乙女はなにゆえに祝杯をあげる? | トップページ | 妄想乙女の優雅な休日。 »