WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« ほんの少しの僕の気持ちも 巡り巡るよ(BlogPet) | トップページ | 妄想乙女はロマンティックに憧れる。 »

2010年11月 6日 (土)

妄想乙女は亡失する。

ぺぺがピアスホールを開けたのは、今年の5月。大事に大事に育てて来ました。それは、雑貨屋さんでひとめ惚れしたうさぎのピアスをつけるため。なのに…。案の定、ぺぺです。

ピアスホールを開けてすぐに、買ってしまったうさぎのピアス。

いつのまにか1個なくなってて、でもホールはひとつだからまぁいいやなんて呑気に考えてたのですが。

その1個も、いつのまにかなくなってました…

なんで~!?(TдT)

つけもしないのに、持ち歩いてたぺぺが悪いのでしょうか?

…悪いですね…

ちなみに、このうさぎのピアス以外は、まだ1個もなくしてないです…

けっきょく、1度もつけることのなかったうさぎのピアス…

今、いずこ。

悔やんでも、もうどうにもなりません。

いつか、王子様に買っていただく素敵ピアスを夢見つつ、妄想乙女は生活するのです。

「王子様からは、どんな素敵ピアスをいただけるのでしょうね?」

※妄想チャンネルに切り替わってます

「ないから」

「スウィートテンまでおあずけデスか? もぉ、王子様ってば釣った魚に餌はやらない派なんだからっ。でも、決定的なところでは、ちゃんとすっごいの用意してくれるんですよねー」

「ねーよ。ってか、釣ってもいないし」

「えー、大きくお口を開けて、待ってますよぅ」

「ゴミ入れてやる」

「なんでですかー。飴ちゃんとか入れてクダサイよぅ」

「飴くらいなら」

「ラブをたっぷりとこめた飴ちゃんデスね?」

「何もねーよ」

「もぉ、王子様ってば。ラブたっぷりは『あ~んvv』の基本でしょ?」

「オマエ…そんなこと考えてたのか…迂闊に飴もやれないな…」

「そんなことって。王子様とのラブのことじゃないデスかぁ」

「ラブなんかねーよ」

「ラブなんて軽いものじゃない、と。心を受け取る、と書いて、愛。王子様の愛、しっかり受け止めます!」

「うるせぇよっ!!」




どがっっっ!!!




ということで。王子様からのピアスプレゼントは望めそうにありませんから、またそのうち雑貨屋さんで初代うさピに代わるラブリーピアスを手に入れようかと思います…

ああ、お金たまらないわけだわー。

ってか、貯める気もないけど(笑)

楽しめるうちに楽しまないと、ね。人生は短い。

なんて最近は言ってます。でも、ホントそうですよ。

昨夜はあんまり眠れなかったけど、今夜はいっぱいお散歩をしたから眠れるかな。

おやすみなさい。よい夢を。

« ほんの少しの僕の気持ちも 巡り巡るよ(BlogPet) | トップページ | 妄想乙女はロマンティックに憧れる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほんの少しの僕の気持ちも 巡り巡るよ(BlogPet) | トップページ | 妄想乙女はロマンティックに憧れる。 »