WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« SAYONARA | トップページ | クリスマスイヴの日は あのこが隣にいてくれたらなぁ »

2010年12月17日 (金)

すこし瞼 重くなって ゆっくりと目を閉じてみる 遠くで君の声がした

えーっと。今日は、忘年会というものでしたの。なので、久々に遡りの投稿デス。案の定、ぺぺです。

あ、ご安心クダサイ、酔ってないですよぅ。

ただ、久々のカラオケではじけてただけです。

B級カラオケクラブも、もうずっと活動してないなぁ。だから、もうずーっとうたってませんでした。アイドルなのに(笑)

年が開けたら、女子会をする約束もしました♪

ああ、女の子同士って、いいなぁ。

どうでもいいですが、女子会とかでも、ぺぺはコイバナはほとんどしません…だってだって。

「王子様とのこの逢瀬、誰かに見つかるわけにはいかないじゃないデスかぁ」

※どういうわけか、妄想チャンネルに切り替わりました

「はぁ?」

「王子様は芸人さん、ぺぺは素人。格好の噂の的となってしまいマス」

「何が噂だ、なるわけねーだろ?」

「お似合いすぎて羨望の的とか?」

「絶対ならねぇ!」

「ただ…ぺぺは王子様の芸事の邪魔になってはイケナイと思ってるんですよぅ」

「存在そのものが邪魔だ」

「いとしすぎて、練習に身が入らなくなるから?」

「どうしてそう思える!?」

「じゃあ身を引きます、っていいたいトコですけどぉ」

「言ってくれ。頼むから、言ってくれ…」

「身を引いたところで、王子様とぺぺは運命のキズナで固く固く結ばれちゃってマスもん。離れても、また出逢って、ふぉーりんらぶ・あげいんデス」

「アゲインも何も、最初からフォーリンしてねーし」

「抗うと、苦しくなるデスよぅ?」

「オマエがそばに寄ると苦しいんだよ」

「胸がどきどきして? わかりマス。ぺぺも同じデス。ああ、王子様。ふたりは何もかもが同じなんデスね? はふ~ん、ラブ~」

「うるせぇっっ!!!」




どがっっ!!




こんなコイバナ、ひとに言えるわけないじゃないですか!?(笑)

胸の奥に、そっとそっとしまっておきます。

妄想チャンネルは、王子様への片想いの歴史です。

コイバナは、ここでだけ、そっと、つぶやかせていただきます、どがっってなっちゃうのも含めて。

今日は、ホントに久しぶりの最終電車でした。

乗り換えのホーム、反対側に誰かの姿を探しちゃうのは、きっと、もう、癖ですね。

それでは今日はこのへんで。

だって、明日はデートだもん♪ …Dちゃんと。

だから、ちゃんとオシャレしていかなくちゃ、ね。

おやすみなさい。よい夢を。



クラムボン「Forklore」

« SAYONARA | トップページ | クリスマスイヴの日は あのこが隣にいてくれたらなぁ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SAYONARA | トップページ | クリスマスイヴの日は あのこが隣にいてくれたらなぁ »