WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 妄想乙女のハンドメイド熱は高まる。 | トップページ | 妄想乙女のアタマの中は。 »

2011年3月27日 (日)

妄想乙女、カバーズオンリー。

SP革命篇、やっと見に行きましたぁ☆ 今回の真木よう子さんも素敵でした。憧れます。案の定、ぺぺです。

内容は…まだ上映中で、ネタバレになるのでやめますが。前作と併せて、じっくりドラマでやってもよかったんじゃないかなんて思いました。そして、シーズン3に突入、と。

映画見たあとはランチして、そのままお買い物に突入しちゃいました。

ま・た・し・て・も。雑貨屋さんです。

自分でも作れるようになりたいわん、なぁんていいつつ、出来上がってるのを見ることが大好きなのでございました。えへへ。

「そぉんなデートを、王子様と楽しみたいんですよぅ」

※どういうわけか、妄想チャンネルに突入です

「楽しいわけねぇだろ!?」

「だって。まずは、映画。これはラブラブカッポーのデートの定番でしょ?」

「映画自体はそうだけれども」

「手に手を取り合って、見るデスよね? あるいは王子様ってば、暗がりに紛れて…むふふふふ…

「よからぬことを考えているな…?」

「そのあと、ちょっといいお店でランチ。リアルぺぺは、ハンバーグ食べました。ミディアムで注文したのに、ほぼレアのハンバーグです。でも、ウマーだったので、よいです」

「ああ、そうですか」

「羨ましいデスか?」

「いや、別に」

「欲しかったら、あーんしてくれたら、あげますよぅ。ちゃーんとふぅふぅしてからあげますから」

「キモチわりーな」

「そしてお買い物デス。かわいい雑貨を目の前に、ついつい暴走しがちになるぺぺを、時にやさしく見守り、時にツッコんで買い過ぎを阻止してくれる。そんな王子様、大好きデスっ☆」

「うるせぇよっ!!」



どがっっ!!



でもね、たとえ恋人だとしても、一緒に雑貨屋さんに行くのは嫌かも。

雑貨はひとりで見るか、趣味の合う女子同士で行くか、どちらかでしょう。そのほうが楽しいと思います。

今回、羊毛フェルトでできたかばさんを見つけてしまったので、ついつい買ってしまいました。

買います~って持っていったら、けばけばしてたところを針でちくちく刺して整えてくれたのですが、なんだか痛々しかった…

おうちに来てくれたかばくん。これから大事にするからね。

こんなにかばさんを集めてどうするんだろうと思わないこともないですが、好きだからしょうがないですよね。

お買い物のあと、本屋さんで1冊本を読み、晩ごはんまで食べて帰ってきました。

困ったもんです。

疲れ果てて、めっちゃ眠いです。

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。

« 妄想乙女のハンドメイド熱は高まる。 | トップページ | 妄想乙女のアタマの中は。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妄想乙女のハンドメイド熱は高まる。 | トップページ | 妄想乙女のアタマの中は。 »