WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 赤い電車に乗っかって 夢を探しに行くんだよー | トップページ | 甘い言い訳溶け出した3度目の春 »

2011年6月 8日 (水)

でっかい東京 こんな街もあるんだ

今日は久しぶりに、朝からぽっかぽか♪ でも、風に一筋の涼しさがあるのが、ああ、ここは北の地なんだなぁって感じです。案の定、ぺぺです。

さて。

昨日の続きです。

といいたいところですが。

今日はPOWERがありませぬー。

めっちゃ眠いでございますー。

ゆえに。日曜日の乱闘騒ぎについてでも書きましょうか。

日曜の終わりは、さえませんでした。

楽しかったときのことはいずれ書くつもりデスが、もうくたくたに疲れて帰って、でも、今日はホテルの近くによさげなカフェがあるって調べてたから、そこで晩ごはんすることだけを楽しみにしてました。

が。

日曜日、お休みだなんて!

がーんΣ( ̄□ ̄|||)

軽くやさぐれて、ホテルまでぽくぽく歩いてる途中に発見した「す○や」でねぎ玉牛丼をテイクアウトしました…いいんだい、お昼にいいもの食べたから…それに、ねぎ玉牛丼、食べてみたかったんだもん。

途中のコンビニでも食糧を調達しました。野菜ジュースとか。いちお、バランスとか考えます。

で。

ホテルのお部屋に戻って、ベッドに腰掛けて、ふーっと一息ついたときに。

異変を感じました。

異変ってゆーか…

このお部屋に…

もうひとりいる気配…

もうひとり…

いや…

もう1匹。



ぶーんと飛ぶ、巨大な蝿!!




すげー音。そして、見たこともないでかさ。すげーな、東京。じゃなくて。





どこからどうもぐりこんだんだ!?




ぶんぶんと追い払って、どうにかしてお部屋から追い出したいところ、なのですが、なかなかうまく行かず。とりあえずおとなしくなったので、お茶を入れて、牛丼を頬張り、野菜ジュースも飲み、デザートにグレープフルーツのタルトまでいただき、食後にはミルクティも入れて飲み。

ぷふー、満足~。

って思ったときに、またしても異音。

くっそー、蝿めー!

ぺぺのくつろぎタイムをどうしてくれる!?

新聞をぶんぶんと振り回して、ぺぺの側から遠ざけます。

でも、それだけじゃイカンのだなぁ。

どうにかして、お部屋から追い出さねば。

ここは、戦うしかない…か!?

というわけで。

新聞を片手に、蝿をドア側に追い詰める作戦です。

なかなか思うようにいきません。

でも、どうにかドアまで追い詰めました。

ここでドアを開けて、外に追い出せば…

そっとドアを開けると。

蝿はなぜか、ぺぺに向かって飛んできました。

「ぐぎゃーっっ!!>д<」

ドアの外に悲惨な奇声だけを残し、またドアを閉めてしまい、またしてもお部屋で格闘です。

なんだか知らないけど、蝿も好戦的になってきて、ぺぺに向かってきます。

なんてこった。

ひえーとかしょえーとか奇声を上げつつ応戦します。

そんなとき。

何かの拍子に、新聞を投げ飛ばしたら、蝿はその下敷きになってしまいました。

これは…どうするべき?

この新聞を踏めば…すべてが終わります。

でも…

できない…

ぺぺは、その上に、さらに新聞を置きました。

1部だけだと、蝿が新聞を避けて、また現れるかもしれないと思ったからです。

でも、これでも安心できない…

そんなに重くないけど大きな紙袋も、そのうえに乗せました。

そのまま…

その、蝿が生きているのか、もうお亡くなりになってしまったのかもしれない、謎の新聞置き場を放置したまま、ぺぺは翌日、チェックアウトしたのでした…

と、ここまで書いて、ふと思いました。

超なげーよ、今日の話。

蝿ごときでこんだけ書けるんなら、どんな話だって書けたような…気がします、が、気のせいだと思うことにします。

こうやって、ぺぺの東京、王子様とのラヴい再会ものがたりは、ずるずるぺったんと長くなっていくわけです。

もう、いやーん。

それでは今日はこのへんで。

おやすみなさい。よい夢を。


くるり「赤い電車」

« 赤い電車に乗っかって 夢を探しに行くんだよー | トップページ | 甘い言い訳溶け出した3度目の春 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

蝿との格闘たいへんでしたね。。
でも、こんなに文章がいきいきしてるってことは、結構楽しかったんですか?(笑)
刺激的ほら素敵見える世界がきらめくわnote

ふるちょサマ、こんばんはです。
なんだかわからないけど…長くなりました(笑)
あの蝿、どうなったのでしょう。
チェックアウト後、清掃の人が
新聞を避けた途端に、ぶーん、なんて…
いや、新聞の下でぺっしゃんこだったとしても…
申し訳なさすぎマス…ううう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤い電車に乗っかって 夢を探しに行くんだよー | トップページ | 甘い言い訳溶け出した3度目の春 »