WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 妄想乙女は焼き鳥を喰らう。 | トップページ | おいおいパンチがなってない しょうがないから動けない »

2011年7月16日 (土)

今日はあなたに手紙を書きます あなたを見てきたわたしなりに

拝啓、王子様。案の定、ぺぺです。

今日、のんびりとお風呂に入りながら、森見登美彦さんの「恋文の技術」を読んでいて、ふと思いつきました。

今日は王子様にお手紙を書きましょう、と。

今更恥ずかしいような気もしますが、このように公の場で文章を晒している者として、王子様の胸を打つような恋文ごとき小指でちょちょいと書けるくらいでなければならないと、決意を新たにしたところでございます。

さて。

初めて王子様を認識したころに遡ってみます。

…いつだ?

…えーっと…

…うーん…

………。

あー…王子様は、それとは気づかないうちに、わたくしめの心にしっかりすっかりちゃっかり入り込んでいたわけでございます。

そこから先は下り坂を転げ落ちるようにフォーリンラブ、嗚呼、フォーリンラブ。

テレビをつければ偶然写りこんだ壁の花の王子様にきゅんとし、インターネットにつなげばたまたまGyaoの再放送を期間限定でやっていたので若かりしころのジャニ系王子様に舌鼓を打ち、本屋に行けばデッドストックのごときお笑いの本から王子様を発掘し、夢を見ればいつだってなぜか相方サマと親しげに話しており…なぜだ? ああ、きっと、将を射んと欲すればまず馬を射よ、ということだったのでせう。でも、相方サマは赤兎馬くらいの破壊力を秘めており、だとすれば王子様は呂布か関羽か、だけどわたくし三国志は絶対的『呉』フリークゆえ愛する武将は陸遜さまと答えざるを得ない状況にございまして…

王子様も陸遜さまはお好きでしょうか。KOEIの三国志をするときに、ゲーム後半には欠かせない武将ですよね。武力はそれほどではありませんが、知力も統率力も政治力も申し分なく、そして顔がカッコイイ。きゃっ☆ いつまでも「青二才」のイメージがあるところもたまらないです。嗚呼、たまらんです。本妻に、とは申しませぬ。陸遜さまの第三夫人くらいにしていただければ幸甚に存じます。

…あれ? 何の話でしたっけ?

そうそう。王子様とは何度かお話もさせていただきましたね。

いちばん心に残っているのは、やはりRSRのときでせう。

芸人オーラゼロの王子様が一般人オーラと雨合羽を身にまとって現れたあの日のことを、今も忘れることはできません。いくら雨模様だったとはいえ、テレビに出ている方として、アタマにタオル巻き~の、ビニールのペラいコート着ぃ~のという状況はいかがなものか。

なんてことは思いませんでした。

ホントのホントに胸がいっぱいで、隣にいることさえままなりませんでした。

耳に届くのは、どうにも卑猥なコール&レスポンス。王子様の隣では笑うことさえできませぬ。頬を朱に染めて「まぁ嫌だわ汚らわしいわ」とつぶやくか、或いは言葉の意味が解らずに無垢な乙女の眼差しで王子様に「××って何なのですか?」と問いかけるか。

どちらも選べずに、斜め後方から王子様のことをガン見しておりました。

ああこんなところに黒子があるのだわ、むふふふふ。

…おっと。決してわたくし、怪しい者ではございませぬ。ただただ王子様のマニアックな情報を知りたいだけに候。故に細部に至るまで瞼の奥に焼き付けることを所望していただけに過ぎないで候。

あのときに王子様が自分撮りをしてくださったデジカメは、その後壊れてしまいました。てへてへてへ。

そんなこんなで、完全に読んでいた本に影響されていただけだにゃーという気配を漂わせておりますが、よーくよーく考えてみれば、この妄想チャンネルそのものが王子様への世界一長い恋文であると開き直れば開き直りきれるような気がしないこともなく、それであれば今ここで小手先で猪口才なことを書き連ねるよりも、過去ログ全部読んでくれぃと言い捨ててマッハダッシュで逃げ出すのが正解のやうな気がしておりますです、ハイ。

なお。

ふざけてんじゃねぇかこのど変態が、と思われる向きもありましょうが、たぶんそれは気のせいであったり思い過ごしであったりいたしましょうぞ。

これだけは信じていただきたい。




今、眠すぎてノートパソコンに顔を突っ伏しそうになりつつも書いているこの状況こそが王子様への限りないラブである、かもしれない、そんな気がする、ような気がする、んじゃないかなきっと、何書いてるかもう実際わかんないんだわときどき記憶が飛ぶんだわマジで。




そんなことなので。

おやすみなさい。夢で逢いませう。

« 妄想乙女は焼き鳥を喰らう。 | トップページ | おいおいパンチがなってない しょうがないから動けない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

夢で逢えても、ぺぺしゃんだって気づかなかったりして(笑)。
なんてことないですよね。
すれ違うだけでぺぺしゃんだって判るはずですっ。


どうかぺぺしゃんによい眠りを。

かずちゃんサマ、こんにちはです。
そのとおり、もしかするとぺぺは
王子様の夢における最多出場者かもしれないのに、
「いつも出てくるアレ、誰?」
と思われてるかもしれないのです。
ただムカムカと殴りたいキモチだけが残ってるとか…
ではないことを祈ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妄想乙女は焼き鳥を喰らう。 | トップページ | おいおいパンチがなってない しょうがないから動けない »