WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

そして。

今年もお世話になりました。

お逢いしたことは、王子様以外の方はないと思うのですが、

(かずちゃんさんとは、横浜ですれ違ったかもしれないデスねw)

ここに来てくださる皆さまは、ぺぺの大事な人です。

寒い季節です。

お体には十分気を付けてくださいね。

それではよいお年をお迎えください。

ありがとうの代わりに、ぺぺは書きます!

また来年、この場所でお逢いしましょう!



大掃除を今年も放置し、温泉宿に逃亡するぺぺでした。えへっ❤

2013年12月30日 (月)

妄想乙女メモリアル。

2006年1月1日、「ぺぺ」は産声をあげました。案の定、ぺぺです。

今見ても、カッチカチに固まった文章。

********************

やっと、去年からの公約を実現することができました。

でも、公約でのブログのタイトルは「恋愛ジャンキー」でした。

なんにしても、バーチャル恋愛の達人ということで。

好きなものいろいろあるので、これから手探りで自分色にしていくつもりです。

(2006.1.1)

********************

まだ、王子様の「お」の字も書かれてません。が、翌日にはもう王子様のコト、書きたくてむずむずしてるwww でも、どうしても、○○の××さんが好きで~とは言えず、いえ、書けず、もじもじもじ、と。だって、好きすぎるんだもん。あのころも、今も。

王子様のコトが好きすぎて、始めちゃったブログ、なんですから。

そのときは遠くから思ってるだけでいい、なんて思っていましたが。

その約3週間後。

初めて王子様に逢いました。いえ、たまたまあったライブに気付き、迷って迷って、ついに出掛けてしまった(途中で階段から転げ落ちた)、という感じで、緊張しすぎてて、心の準備もないまま握手までしたので、帰りは泣いてしまうという…

清純派デス!

今やどがっばかりする王子様だって、思わずきゅんと…

「しねーよっっ!!」


どがっっ!!


この予定調和が生まれたのは、妄想チャンネルとして大きかったです。

オチをつけやすくて…いや、オチって何だ? 乙女のラブブログのはずだったのに。オチなどいらーん!

とか言いつつ、このどがっを武器に、シチュエイションコントもできたし…

********************

あたし、ぺぺ。妄想乙女コーポレーションで、OLやってるの。

今日は月曜日…お仕事はつらいけど、だけど、月曜日は楽しみなの。

だって、会社に行けば、大好きなあのひとに逢えるから…

「おはようございます、『王子様』さん」

「おはようございます、ぺぺさん」

隣の営業部にいる『王子様』さん。いつも偶然、同じ電車、同じエレベータ。会釈する程度だったのが、挨拶まで交わせるようになった。

いつから好きになったのかな? わからない。

だけど、気付いたら、目で追っていた。いつも瞳の端っこに写っていないと、寂しくなる。

「おっはよー、ぺぺちゃん。今日も『王子様』さんに挨拶できたの?」

「も~! やめてよぉ、朝から恥ずかしいじゃん」

「コーヒーでも入れて、持っていってあげればぁ?」

「なんでー? 絶対変だって思われるよぉ~」

給湯室で、同僚のユミちゃんとじゃれていたら、『王子様』さんが苦笑しながら近づいてきた。

「お茶、入れたいんだけど。ちょっとよけてくれますか?」

「あ、はいっ、ゴメンナサイ…あの、よかったら、何か、入れますか?」

「ありがとうございます。じゃあ、コーヒーを」

(2009.10.19)

********************

我ながら、萌えポイントをついてるなぁ(笑)

こんなことばかり毎日書いてました。

そう、元々は毎日更新がウリだったのです。

毎日更新をうたいつつ、2度ほど入院し(このときは予約投稿でガッツリ埋めてました)、シゴトが激忙しくなったのでやっぱり予約投稿し、旅にも出、パソコンが壊れてひらがなしか打てなくなる時期もあり。

さらに、2度もお休みをいただいております、スミマセン。

現在は、書けるときに書きたいだけ、のゆるゆる書くコトのリハビリ生活を続けてます。

しばらくは、このままで。

こんなこと続けてる間に、いろんなSNSの台頭でブログってばすっかり地味~で流行らない存在になりつつありますが、ぺぺはやっぱりここが一番好きなんです。

上の、引用したときのタイトルは「NO BLOG NO LIFE」。

書かない日もあるけれど、ここにしか「ぺぺ」はいません。「王子様」もいません。

だから、できるだけ続けたいなと思ってます。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます☆

ぺぺは、笑顔をつくれるような文章を書けるように、精進いたします。と言った舌の根も乾かぬうちに、また王子様とのいちゃいちゃ妄想を書きたいと思いま~す、えへっ☆

それでは長くなっちゃいましたのでこのへんで。

おやすみなさい。良い夢を。

2013年12月27日 (金)

ふりむけば。

「王子様! 事件です!!」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「…いったい、何だよ…」

「気が付いたらデスねぇな、な、なんとっ! 正解はCMのあとっ!!」

「ガタガタうるせぇな。さっさと言えよ」

「ううう。王子様ってば、情緒のカケラもない」

「だから何だよ」

「あのですねー。なんとですねー」

「うぜーな」

「この妄想チャンネル、今回が3000投稿目、なのでぃす!!」

「だからどうした?」

「3000投稿デスよぅ?」

「で?」

「3000回も王子様にラブと伝える」

「おぞましい!」

「かの有名な『僕は死にましぇーん』的なものは、101回。ぺぺは3000回」

「マジかよ、怖えぇ」

「正確には、ぺぺろうが書いたものもあるし、ラブより納豆について多く書いてたこともあるし、ごにょごにょごにょ」

「は?」

「だけど、とにかく、3000回。実にめでたいデス」

「甚だ迷惑な話だ」

「ぜひとも、王子様からお祝い、プリーズ」

「節目だし、これでやめてくれ、頼むから」

「いやん、そーゆーのじゃなくてぇ」

「は?」

「あ・い・の・こ・と・ば、的なものを、ひとつ、よろしく頼むデス、さ、さ」

「うるせぇよ!!」




どがっっ!!




愛の言葉はいただけませんでしたが。

さっき、気づきました。あ、3000投稿目だ。

節目なのでいいことを書こうと思いましたが、気が付くとこんな感じ…ま、振り向けば、こんなことばっか書いてましたもんね、あはー☆

いろいろあったけど、気づいてすぐなので、あんまり思い出せないやー。

お風呂に入って、のんびり思い出しましょう。

次回予告、妄想乙女メモリアル、Coming soon! …かな?(笑)

久しぶりにアメリのDVDを見て、ほっこり幸せ気分です☆

あとはお風呂でまったりしよーっと♪

おやすみなさい。よい夢を。

2013年12月25日 (水)

スタンバイしたらみんなミュージックフリークス

夢を見ました。雨の中、傘もなく、歩いていました。目覚めました。雪でした。雪の中、傘もなく…ってか、相変わらず遅刻ギリギリなので傘を忘れても取りに戻れずダッシュしてただけーw 案の定、ぺぺです。

なんとなくもの悲しい夢を見たので、しんしん降り積もる雪と相まって、なんだか寂しいクリスマスです…

「それもこれも、王子様がいないからだーっっ!!!」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「なっ! なんだよ、急に」

「なぜ、クリスマスイヴの日に、王子様は来てくれなかったデスか!?」

「行くわけねーだろ、そんなの当り前じゃねーか」

「なんでですかー。あ…来てほしい派なのかー。ぺぺから王子様のところに行くべきだったんですね」

「来るな!」

「えー、待ち合わせ派? 昨日、すっごい寒かったデスよぅ。そりゃホワイトクリスマス、ロマンティックだったけど、ぺぺってば昨日ぼーっと歩いてたら滑って転んじゃいました。えへっ」

「老化現象…」

「廊下減少? 学校のハナシですか?」

「は?」

「そーいえば、新しいパソコンになってから、文字に色をつけれなくなりマシタ。無念」

「内容でわかるから大丈夫だろ。バカなのがオマエだ」

「かわいいボケがぺぺ、切れ味鋭いツッコミが王子様」

「切れるもんならガッツリ切ってやりたい」

「そんな話をするより、ラブのハナシが大事デス。寒さに震えるぺぺを、抱きしめてtonight…これは王子様の呼び名にあやかって、あえての発言」

「はぁ?」

「トシちゃんといえば王子様」

「だから何なんだよ」

「まぁ、ハグしましょってコトですよぅ。さ、さ、どうぞっ♡」

「しねーよっっ!!」




どがっっ!!




クリスマスの日もかわらずおばかでゴザイマシタ。

そうそう。切れ味鋭いといえば、ぺぺってば、イヴイヴの日に、ばっつり指先切っちゃったんですよね。朝、バゲット切ろうとして、ざくーっと。

深く切ると、痛いより先に、寒気が来ますね。ぞくぞくっとしてから、ぎゃーってなりました。

傷パワーパットで癒されつつあります。あれ、すごいっすねー。何度もお世話になってます…何度もお世話になる年か?とも思いますが…あ、15歳、ぺぺって(自称)15歳だからかー(笑)

めっちゃ眠いのも育ち盛りだから。←まだ言うかw

寝る子は育つ、横にだけ。それじゃいやん。

おやすみなさい。よい夢を。

2013年12月24日 (火)

MERRY CHRISTMAS!

1387701710640

煙突を上るサンタさん発見!

1387704638908

今年のクリスマスイヴイヴのごはん♪

1387792365744

相変わらずつくり過ぎ~(笑)

今日は朝、昼、夜に分けて同じの食べましたー(爆)

2013年12月22日 (日)

僕はここにいる 心は消さない

もういくつ寝るとクリスマス♪ 案の定、ぺぺです。

昨日までよく晴れてて、だけど寒いから道とかつるっつるになってて、まったくもって嫌だなぁと思ってたら、今日はどさどさと降り続く雪。ホワイトクリスマスへの準備でしょうか。

ぺぺは、相変わらず、23日にはめっちゃお料理しまくるつもりで、ガッツリ買いだめもいたしました。冷蔵庫、ぱんぱん。むふー☆

24日にはカイシャの仲良しちゃんたちに配ろうと思って、小さいプレゼントも買いました。

クリスマスカードも書かなくちゃ。←遅っっ。

今日はこれから、大きなツリーを見に行きます。

たしか一昨年、王子様たちが突然こちらでライブすることになって(いや、突然じゃないかw)、そのときにも見たツリーです。てか、このまえのライブ会場の近く。

そこには、王子様が遊んだゲーセンもあるのです。

聖地!!

クリスマスの奇跡を信じ、ぺぺは聖地で祈るのです。

来年こそ王子様と…むふー❤

いや、むふーじゃなくってさ。少しお話したいなーと最近思います。お話…緊張して何も言えないのはわかってても、それくらい近くに。

…前回、マネージャーさんなら目の前通ったんだけどなー。

思い切って話しかけるべきだったか?

「ダーリンがいつもお世話になってますー❤」

…嘘はイカンな。

おやすみなさい。よい夢を。

2013年12月18日 (水)

さよなら僕の小さな家族 いちご畑でまた会おう

毎日フツーにフツーのことを書きたいな。案の定、ぺぺです。

だけど。

「王子様。フツーの一日って、どんなデスかねぇ?」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「俺を呼んだ時点でフツーじゃねぇよ」

「そうかー。呼ばずとも王子様が傍にいる、そんな日常」

「違げー!」

「朝、目を覚ますと、伏せられた王子様の長いまつげに光が射し…王子様、まつ毛そこまで長くないかw」

「w、じゃねぇよ! あ、ツッコミどころ間違った」

「くぐもった声で奏でられる『おはよ』。王子様ってば相変わらず酒焼けの声」

「酒焼けじゃねぇ! いや、そこじゃないな」

「トーストの焼ける香ばしい匂いとコーヒーメーカーのたてる音…あー。コーヒーほとんど飲めないんだったw じゃ、紅茶で。あ、最近、カフェオレなら飲めるんだ。じゃあ、オーダー、カフェオレでお願いしま~す♡」

「オーダーって何だよ? う、ツッコミどころはそこじゃなくて」

「ゆっくり味わう間もなく、とりあえずなんでも口に入れ、バタバタと出かける慌ただしい朝。行ってらっしゃいの…いやん♡ でも、時間なくてもここは外せない~」

「うるせー!!」


どがっっ!!


慌ただしい朝、だけが現実とリンクしてるwww

せつないっす。

毎朝、遅刻すれすれゆえ、すっげー走ります。近所の小学生が、ぺぺを見つけると、躍起になって追い越そうと追いかけてきますが、追い越されるのはオトナの沽券に関わるので、全力で駆け抜けます。ええ、負けたことなんかございませんよ。だけど、こないだは後ろに響く足音が尋常じゃなかった。いつもはいいとこ2,3人なんだけど、あのときは5,6人いたんじゃないかな? つるつる滑って転びそうになるのをこらえて全力疾走w 絶対負けない!

そんなふうにめちゃめちゃ走って、駅に着いたら汗だく。今朝の気温ってたぶん0度くらい、なのに額を流れる汗www

どうしてくれよう。

こんな乙女って、いない…

てか、ぺぺのごくフツーの日常を描くと、なーんか、どことなーくお間抜けなんですよね…

お部屋が散らかってて、床置きしてた本の角に足の小指ぶつけて悶絶とか。

カイシャについてバッグを開けたらアボカドが出てきたとか。

フツーって、なんだろう。

フツーって何かね?(北の国から‘92巣立ち風に)

と、なんだか哲学めいてまいりましたので、今日はこのへんで。

昨日久しぶりに早めに寝たらカラダ楽なので、できるだけ早く寝ようと思ってます☆ でももう遅い。えへ☆

おやすみなさい。よい夢を。

2013年12月17日 (火)

眠れる森の妄想乙女。

昔、あるところでひとりの乙女が産まれました。案の定、ぺぺです。

その乙女はぺぺと名付けられました。そして、生誕祭が開かれました。この祝宴に、賢女たちが招かれました。王国に賢女は13人いました。しかし賢女の食事用の皿は12枚しなかったので、ひとりは招かれず家にいなければなりませんでした。

祝宴は盛大のかぎりをつくしておこなわれました。祝宴の終わり近くになると、賢女たちはぺぺに、それぞれぺぺに見合った素質をさずけました。一番目の女からは妄想が、二番目からはスイーツが、三番目からはお笑いのセンスが、以下同様に様々な素質がさずけられました。十一番目の女が予言を終えたちょうどそのとき、突然十三番目の女が祝宴の場に入ってきました。彼女は招かれなかった復讐をしたかったのです。誰にも挨拶せず、誰も見ることすらせず、女は大きな声で言いました。

「ぺぺは十五才で糸繰車のつむ(糸巻き)の針に刺され、倒れて死ぬであろう!」

女はこれだけ言って、きびすを返して広間を去りました。みんな愕然としていました。そのとき、まだ予言を終えてない十二番目の女が歩み出ました。彼女は先の邪悪な呪いを消すことはできませんでしたが、弱めることはできたので、こう言いました。

「ぺぺは亡くなられるのではなく、百年の深い眠りに落ちるのです」

ぺぺを不幸から守ってやりたいと思った王様は、国中の全ての糸繰車を焼却すべしとの命令を出しました。


さて、ぺぺにさずけられた賢女たちの言葉はすべて実現しました。ぺぺは、妄想がちで、スイーツ大好きで、お笑いのセンスがあるかどうかはビミョーなブログを書いていて、この子を見ると誰でも残念に思わないではいられませんでした。

ぺぺがちょうど十五才になった日のこと。ぺぺはひとりぼっちで城に取り残されていました。そこでぺぺは、城内あらゆるところを歩き回り、気のおもむくままに部屋から部屋を訪れ、とうとう古い塔のあるところにやって来ました。ぺぺは狭いらせん階段を上って、小さな扉の前にたどりつきました。扉の錠にはさびた鍵がささっていました。それを回すと、扉がはねるように開きました。そこは小さな部屋で、糸巻き棒を持ったひとりの老婆が、せっせと亜麻を紡いでいました。

「こんにちは、おばあさん。そこで何してるの」とぺぺは言いました。

「糸紡ぎじゃよ」

「ぴょんぴょん動いてる、その面白そうなものはなあに」

そうぺぺは言って、糸巻き棒を手にして自分も糸紡ぎをしようとしました。しかし糸巻きに触れたとたん、呪いが実現して、針で指を刺してしまいました。ぺぺは刺されたと感じた瞬間に、そこにあった寝台の上に倒れて、深い眠りにおちいりました。城の周囲ではいばらが伸びてしげみになりはじめました。いばらのしげみは年ごとに高くなり、ついには城全体をおおい隠して成長を続けたので、城はまったく見えなくなり、屋根の上の旗でさえ見えなくなりました。


こうして、眠れるぺぺの伝説がゆきわたりました。ぺぺは妄想乙女と呼ばれ、噂が広まるにつけ「どうやら美女らしい」と尾ひれがつくようになったので、ときどきよその国の若者たちがやってきては、いばらのしげみを突破して城へたどり着こうとしました。しかし彼らは失敗しました。

長い長い年月のあと、とてつもなく素敵な若者がやってきました。その名も麗しい「王子様」! 王子様は、老人がいばらのしげみの話をするのを聞きました。老人の話によると、いばらのしげみの向こうには城が建っていて、城の中に「妄想乙女」というたいへん美しい乙女が、もう百年も眠っているということでした。すでに他の多くの若者たちがやってきて、いばらのしげみを通りぬけようとしたものの、みんな失敗したことも聞きました。

「だけど、ぜひとも貴殿には行ってほしいのじゃ」

嫌な予感がした王子様は、老人に何度も断りました。が、老人はどうしても、どうしてもとせがみます。最終的に、コントのセリフだと思っていえばいいからと頭を下げられ、やむなく王子様は言いました。

ぼくは怖くない。美しい妄想乙女に会いに行くのだマジかよ…」


その時、ちょうど百年の月日が流れ、ぺぺが眼をさますべき日がやってきていました。

王子様が近よると、そこにはなぜかお菓子の道があって、まったく王子様を傷つけずに通してくれました。

「全然いばらじゃねーし」

王子様が歩を進めると、あたりは静まりかえって、息をする音が聞こえるほどになりました。

ついに王子様は塔に着きました。扉をあけて小さな部屋に入ると、そこにはぺぺが眠っていました。ぺぺの寝相はたいへん悪く、あまつさえいびきまでかいていたので、王子様の目は点になりました。

「なんだよ、あのじじぃ、少しも美女じゃねーよ」

王子様がつぶやくと、なんと。ぺぺの目がぱちりと開きました。

「うゎっ、ホラーか!?」

「違いますぅ。100年間、王子様を待っていたのです、アイラビュー♡」

ぺぺに夢見る眼差しで見つめられた王子様は、身の危険を感じ、脱兎のごとく塔から駆け下り、城を出ると、その入り口を固くいばらで縛りました。

『開けるな危険』の貼り紙を貼ると、王子様は満足げにうなずき、怪しい城を後にしました。

「さーて、ゲーセンでも行くかー」

王子様に逃げられたぺぺは、やむを得ず、二度寝を決め込んだのデシタ。おしまい。

*****

最近の眠さハンパなく、午後イチのPC作業のとき、メモした文字が完全に寝てたり、夜も何かしてる途中の寝オチだったり、朝は朝で何度寝かわかんないほどとろとろ眠って起きれないのです。

そんな状態なので、こんな話を書いてしまいましたとさ。あはー☆

おやすみなさい。よい夢を。

2013年12月15日 (日)

妄想乙女は一日にしてならず。

今日はTHE MANZAIを見てます。王子様たちはコント専門なので出ることはありませんが、お笑い好きなのでしっかり見てるのデス。案の定、ぺぺです。

それにしても、すっかり真っ白な世界です。

金曜日は後輩Iちゃんのおうちで鍋パ&宅飲みでガールズトーク…めっちゃ吹雪いてて、息できなかったー。Sサマと駅に向かうときに、「死ぬー!」とか騒いでました。ホントに風が強くて、息吸えないんだもん。

お鍋はぺぺが豆乳鍋をつくったのですが、豆乳分離させちゃってきちゃない出来になりました。とほほ。でも美味しかったからよしとしましょう。

帰りには、吹雪きがおさまっててよかった♪

1386943827757

お月様もぽかんと出てました。

昨日はお天気よかったので、はりきってお散歩に出たら、めっちゃ寒かった。ホウシャレイキャク。道はとぅるとぅる。

1386997496270

真っ赤なななかまどの上に積もった雪がとても綺麗でした。

1387001326052

あまりの寒さに肩を寄せ合う自転車たち(笑)

雑貨屋さんを発見したり、大好きなベーグル屋さんで新作の美味しいベーグルを買えたり、新しくできたカフェでまったりできたり、凍るかと思ったけど楽しいお散歩になりました。

1387001878143

このカフェの隣に、マフィンのお店ができるらしいです。素敵♪

今日はまた猛吹雪。だけど、また、素敵なインテリアのお店に行ったり、ドラッグストアをながめたりと外に出かけました。

で、唯一購入してる漫画の「きのう何食べた?」の新刊が出てたので、買ってきました。

まだ外は風がぴゅうぴゅうしてます。ってか、ときどき家揺れてるしw

だけど、お家でぬくぬくしつつ見るお笑いは最高。

王子様たちが出てればもっと素敵…いや、緊張して楽しめないから、これでいいや。

そんな週末。

おやすみなさい。よい夢を。

2013年12月11日 (水)

恋するハダカデバネズミ

タイトルにはなんの意味もゴザイマセン。なーんとなくつけました(笑)案の定、ぺぺです。

それにしても、かわいそうなネーミングですよね。

自分がそんな名で呼ばれてたら泣けてきますTдT

は…歯はちょっと出てるかもだけどさ(なにせ、似てる有名人「ビーバー」ですから…人じゃねーし!)…裸でもネズミでもないもん。

「ま、王子様がぺぺを呼ぶときは、『恋するかわいい僕の子猫ちゃん』とか、そーゆー感じですかねぇ?」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「はァ!?」

「逆にぃ。ぺぺが王子様を呼ぶときは、どーしよっかなー? 『白馬に乗ったマイダーリン』? きゃっ」

「乗らねーよ!」

「うーん。白馬ってイメージはあんまりないなぁ」

「勝手に変なイメージを持つなよ」

「あ。でも。ジョッキー姿は似合うかも☆ てゆーか、王子様はなんでも似合う~。青じゃなくても似合う~♡ 和服もいいし、いつもの学ランもお似合いだし。眼鏡+スーツ最強だし、帽子も似合う。あーん、最高ですぅ~☆」

「気持ち悪りー声を出すなよ」 ←でも褒められてまんざらでもない?

「だからぁ。お色直しはいっぱいしなくちゃ、ですね?」

「…はい?」

「まずはタキシードで、それから和装? いやん、夢が広がっちゃいますぅ」

「…何の話だ?」

「えー、ぺぺから言うのぉ? 恥ずかしいなぁ。あのね、王子様とぺぺのぉ」

「それ以上言うなっっ!!」



どがっっ!!



あー、驚いた。ハダカデバネズミの話がこんなになっちゃうんですねー。

ぺぺ自身、「ぺぺ」の話のぶっ飛び方に驚いています(笑)

…ま、ぶちぶち、何かしながら書いてるから、さっきまで何かいてたか忘れてるのがデフォなんですけど(爆)

忘れちゃうっていえば、ダイエット。今日は、ランチの時間に、みんなとのおしゃべりが楽しくて、ついいっぱいお菓子を食べてしまったので反省してます。なかなかお砂糖抜きは難しいなー。おうちごはんにしてもね、ケチャップとかソースとか、フツーにお砂糖使ってますから。なんでもやりすぎは大変だぁ。そこまで神経質になりたくないけど、せめて、原材料のてっぺんに「砂糖」って書いてるものは、避けたいところです。たまにはいいかなって思いつつ。だって、我慢しすぎたら、リバウンドしちゃうもん。我慢しなさすぎてリバウンド繰り返してるオマエが言うなって感じではござんすが、まぁ、ねぇ?(笑)

いっぱい歩いて、できるだけ手づくりのカラダにやさしいものを食べて、ストレス感じないように丁寧にくらせば、それでいいじゃん。…あ、ラブ忘れてた。ラブ大事。

…なんか、広がりすぎて、話のおとしどころがわからなくなってきたので、このへんで。

そうだー。今日、超いいにおいのハンドクリーム、ちょっとお高いけど買っちゃったー♪

王子様、ぺぺの香りに気づいてね☆

おやすみなさい。よい夢を。

2013年12月 9日 (月)

妄想乙女の平凡な日々。

あわ、あわ。更新が週に一度くらいになってしまってますぅ~。案の定、ぺぺです。

ま、王子様は内心ほっとしてるのかもしれません^^;

ブログを書かずに何をしてるかと申しますと。

ま、基本はシゴトですなぁ。

働かねば王子様に逢いにゆけぬゆえ。

ただ、体調が著しくよろしくなかったりしますので、のんびりペースです。

土曜日は、まったりとお買い物してました。自然食品のお店で、最近おやつによくいただいてる干し芋やナッツを買ったり、マクロビのお店で玄米買ったり、途中でオーガニックでお砂糖使わないお店でスコーン買ったり、ランチはヴィーガン対応のお店に行ったり。

そうそう。そこのランチ、湯葉の唐揚げがメインのプレートを頼んだんですけど、鶏肉みたいに肉汁風のモノがじわーっと出てくるんですよね。不思議ー。

こんなにヘルシーがんばってたのに、今日はランチに大きなクッキーもらったのをパクリ、三方六ももらったのでむしゃむしゃ…うーん、砂糖抜きは一進一退。だけど、意識してるからきっと大丈夫。

12月、飲み会も増えるし、食生活気をつけよう。

ストレッチも頑張り中です。

そんな毎日。

てか本日、超絶眠い…ヤバい~。溶けそうだ~。

でもお洗濯もの干さなくちゃだわ。

おやすみなさい。よい夢を。

2013年12月 2日 (月)

妄想乙女はピュアホワイト。

しばらく書いてませんでした。なーんか疲れてましゅ。案の定、ぺぺです。

とぅるんとぅるんの雪道を無理くり散歩したり、セータイ行ったあと夜中に岩盤浴までいってみたり、そんでもって今宵は日中ずーっと接客してたためにガッツリ残った仕事を残業して片づけるなんて、無茶なことばかりしてるせいですが。

「あー。春が待ち遠しいデスね。春になれば薄化粧~♪」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「薄化粧ごときでは隠し切れないビーバー顔…」

「ん? なんかおっしゃいましたか?」

「いやいや。何も」

「あー。でもなー。年明けたら王子様DAYSの始まりだったんだわ☆」

「何だ、それ?」

「1月にはぺぺをぴっかぴかに磨き上げ、2月には東京で逢瀬、3月には王子様が迎えに来てくれる…むきゃ~っ! たまらん計画デスっ」

「迎えに行くんじゃねぇよ! たまたま、ホントにたまたまそっちでライブなんだよ」

「偶然を装った必然…むふー♡」

「そんな気持ち悪りぃものはどこにもない!」

「ようやくあの日の約束も果たせますね」

「は?」

「今度逢うときまでに、お互い痩せましょう」

「…オマエずっと根に持ってたのか…?」

「根じゃなくて。心の支えにしてたんですぅ」

「そのわりに全然痩せなかったな。痩せないくせにライブだけはちゃっかり来やがって…ただのファンならいいんだけど」

「そうなんです。ずっと痩せてなかった、だからお話ができなかったんです。今回、痩せました。だから、王子様ってばぺぺをさらっちゃうの~、いや~ん」

「ンなことしねーよ!!」 



どがっっ!!



そう、来年のことを話すと鬼が笑いますが、それ以上に大爆笑しちゃうくらい面白い王子様たちのライブが来年にはあるのです。

がんばれ、ぺぺ。未来は明るい!

へろへろのナイスバディ(なわけないかw)に鞭打ち、ぺぺは、今は馬車馬のごとく…もとい、ダムを造るビーバーのごとく…なんか違うな…がんばるのさっ。

ただなー。残業増える→お菓子をいただく機会が増える→つい食べてしまう→太る。

なので、残業はもうしなーい!

とはいかんだろうな、やっぱ…

少しでもラクできますように。

おやすみなさい。よい夢を。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »