WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« ちいさいカラダは もう じっとしちゃいられない | トップページ | いつも私と恋をして。 あなたがいかに大人かは知らないけれど »

2014年7月28日 (月)

いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に

夏は海。海はラブ。案の定、ぺぺです。

カイシャにいてもうずうずと、ああ、海に行きたいなー、と思います。夏だから。

「Tシャツを脱ぐと、まぶしいビキニの肢体…思わず目を細める王子様…そんなラブの始まり」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「ねーよ。ってか、まぶしい肢体ってなんだよ。見苦しいだけの代物だろ?」

それは、そのごにょごにょ…でも、王子様にとっては最強だとゆーことで」

「ねーわ!」

「じゃあ、肢体はあきらめますぅ。なりたて(自称)15歳のまぶしい笑顔! これでどうだ!」

「お肌の曲がり角曲がり切って、小じわの気になるお年頃…」

「違いますぅ。ぴっちぴちですぅ。…黙ってればわからないことをどうして言っちゃうかなぁごにょごにょ…」

「何ごにょごにょ言ってるんだよ」

「なんだかんだ言っても、けっきょく王子様はぺぺのことが好きなんだなぁってことを言ってマシタ」

「はァ?」

「だって。王子様曰く、見苦しい肢体で、小じわが気になったとしても、そんなぺぺをラブだと。それって、ぺぺがナイスバディで絶世の美女だからラブってゆーのより、ずーっと強いじゃないデスかぁ」

「そもそもの根底が間違ってるだろ!」

「そうデスよねー。王子様の目から見たぺぺは、美女とは言えないまでもベリープリティですもんねー」

「違げーよっ!!」

どがっっ!!

そんな、ベリープリティななりたて(自称)15歳のぺぺがお送りします妄想チャンネルでゴザイマス。

それでもねー、ときどき思うんですよぅ。

始めてからもう8年。あのときはもぎたて(自称)15歳だったぺぺも、もうぴっちぴち(自称)15歳。

いつまでこんなことやっているのだろうと…(自称)15歳の間はやっていようかな?(笑) そんで、けっきょく、50年後も(自称)15歳で、むきゃ~とか、どがっとかやってるの。くふふ。それもまた楽し♪

ってか、好きなものが似合ううちは、なんでも好きなようにやってていいのかなって、思うようになりました。

ここでのぺぺは、きっといつまでもこんな喋り方だし。

ただ…王子様たち、50年後って…もう90歳弱…きっと元気にコントしてる!と信じよう。それって、素敵だ。

だけど。

今ももうビキニはきっついわ~…(冒頭の話、ですね)

おやすみなさい。よい夢を。

« ちいさいカラダは もう じっとしちゃいられない | トップページ | いつも私と恋をして。 あなたがいかに大人かは知らないけれど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちいさいカラダは もう じっとしちゃいられない | トップページ | いつも私と恋をして。 あなたがいかに大人かは知らないけれど »