WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« All's right with the world! | トップページ | それはとても晴れた日で 泣くことさえできなくて »

2014年11月 4日 (火)

ギラララおひさま かぜもよんでるよ フウリンソウにアホイ! ごあいさつ

蓄積された残業ダメージは、朝に表れます。むくんでるのにゲッソリ感が漂い、目の下にはクマさんが冬眠中…なんだ、こりゃ。シャワーの後も醒めないアタマ。案の定、ぺぺです。

定時に帰って、自炊して、お風呂に入って、少しテレビ見たりPCしたりくつろいで、ストレッチしてから眠る…なんて、それは雲の上の話ですか?

朝のジョギングなんて、もう遠い昔の話…東京に行った日の朝は走ったんだけどな(笑) 今は寒いし、暗いし、春までお休み…

なんて言ってる場合じゃな~い!

これはイカン!!

(自称)15歳、乙女として花開くこの時期に、この体たらくは、だめよ~、だめ、だめ…

「今年の大賞だと思うので、使ってみました♪ 王子様たちも、何か大賞を狙ってクダサイ」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「相方は飽きっぽいからなぁ…」

「王子様がしっかり前フリして、言わざるを得ないような状況を作り出すとか」

「相方みたいなこと言うなぁ」

「だってぇ、王子様のプライベートの相方なんですもん♡」

「違うだろ? オマエが、相方のインタビューかなんかを見て、そのとおりに言っただけだ」

「うっ、王子様、スルドイ! 恋人に対する観察眼、ハンパないっす」

「違げー!!」

「ノロケはこのへんにして。最近、ぺぺの、疲れの顔に出てるっぷりがハンパないんです」

「老化だな」

「花も恥らう(自称)15歳なのに」

「すでにドライフラワーだろう…」

「確かに乾燥肌ですけどぉ」

「そういう問題じゃねーよ。そもそも自らを『花』とか、おこがましいと思え」

「花なんかじゃない、君は、人だ! 僕の愛しい乙女なんだ! …王子様の心の叫び、しっかりと聞き取りマシタ!」

「空耳だ!!」




どがっっ!!




王子様とぺぺ…コンビ名は、あ゛~、忘れた(笑)、「妄想センチメンタル」だっけ?(適当)は、この「どがっっ!!」で大賞を…狙ってません(爆)

まずは、コンビ名を思い出さなくちゃだわ…いや、何かが違う…。

乙女は流行語などつかってはナラナイ、乙女が廃ります。

少し古風なくらいが奥ゆかしくてよろしいかと。

ぺぺはそう思うんでしてよ。

昭和だからとか、違うからっ。ぺぺは(自称)15歳なんだからっ。

そんなこと思いつつ、今宵はフェードアウト。

おやすみなさい。よい夢を。

« All's right with the world! | トップページ | それはとても晴れた日で 泣くことさえできなくて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« All's right with the world! | トップページ | それはとても晴れた日で 泣くことさえできなくて »