WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« あなたは私の大事な真っ白い粉雪 あなたは私の夜空 私の光 | トップページ | ××は夜の6時…ちょっとまえ »

2014年12月27日 (土)

××は夜の7時前。

午前6時起床…まだ暗い中、妄想乙女の目はぱちりと開きました。案の定、ぺぺです。

ついに。ついに年末ラブ納め…いや、納まるものじゃないけどさ。

ところで昨日は失礼しました(汗) 酔っ払いでした。

そんなふーに、アルコールを摂取したせいで眠りが浅く、ゆえに朝も早くに起きれたようです。好都合。軽くストレッチをして、シャワーを浴びます。とっておきのいい匂いのシャンプーで髪の毛を洗って(毎日使ってるやつだけど)、珍しくちゃんと洗顔料を使って顔も洗って(いつも、朝は水洗いだけー)。シャワーから出たらすぐに保湿。ふだんのズボラなぺぺからは考えられません!

ラブのパワー、偉大ナリ!

ただ…寝不足ゆえ、目の下にある生き物が…

早く寝るべきだった! だけど、何気にテレビつけたら、ネタ番組やってたから見ちゃった!

悔やんでももう遅い、今を生きるのみ!

温かいミルクティを入れて、さつまいもの入ったパンにバターを乗っけて焼きました。前の日に、ストレスのあまりポテチを一気食いしたことは、忘れよう…フツーの静かな朝ごはんです。

ホントならさ、お昼くらいからゆっくりおうちを出て、王子様の居そうな場所を探すってゆーのをやりたかったんだ。

だけどさ。

シゴト。

行かなくちゃ。

急いで、メイクします。ええ、王子様に逢いますから。

うーん、これでシゴト行って、カイシャに人に会ったら何を言われるか…うーん、つけまはやめておこう。ファンデだけ軽くつけて終了。

まずはいつもの漢方のお店へ。少しだけ多めに歩いて、遠い駅に行きます。運動♪ 漢方の力で、少し冷えがよくなってきたのですが、相変わらず体調は悪いので、相談しておくすりを出してもらいました。

それからカイシャの近くの…お店へ(笑)

食料を仕入れなくてはイカンのです。寒い中籠城することになるし、お湯ももう出ないはずなので。飲み物と食べ物と、保温グッズと…なぜネックレスを試着している!? 華奢なペンダントは欲しいもののひとつ。だからといって、だからと言って…王子様に逢うんだし♪

はい、衝動買いです。ストレス、恐るべし。(ちょっと違う)

だけどさ、小さな小さな一粒ダイヤがさりげなくきらりと輝く胸元…つい目が引き寄せられる王子様…フォーリンラブ…むふー☆ ←ありえないからw

あとはコンビニで食料調達、スタバで昨日から発売のオレンジの香りのするチョコのドリンク(なまえを忘れました)を買って、カイシャへ。むっちゃ寒っ。

そこで、事件が起きます。

ぺぺがカイシャで愛用している、かばしゃんの湯たんぽ。今日は使わないから片付けようと、空っぽのソイツを取り上げようとしたところ、キャップがはずれて、ころころりん。

とりあえず、湯たんぽ本体を席に置き、キャップを拾おうとしたところ。

ない。

あれー?

机の下とか、床に這いつくばって探すも、ない。

周りの人が見るに見かねて一緒に探してくれたけど、ない。

キャップなかったら使えないじゃん!

懐中電灯を借りてきて、いろいろ探すけどなくって。なんか皆さんに申し訳なくて、「もういいです~」と謝って。

席に戻っても、なんか腑に落ちないなぁ…と首をかしげつつ、カイシャで履いてる靴に履きかえたところ。

なかからキャップが…

「ごめんなさい~、ありましたぁ」

平謝りでゴザイマス。皆さん、大爆笑。めでたし、めでたし。

あ、気づいたらスゲー長くなってた(笑)

じゃあ、あしたにつづく。

おやすみなさい。よい夢を。

« あなたは私の大事な真っ白い粉雪 あなたは私の夜空 私の光 | トップページ | ××は夜の6時…ちょっとまえ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あなたは私の大事な真っ白い粉雪 あなたは私の夜空 私の光 | トップページ | ××は夜の6時…ちょっとまえ »