WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 僕たちは世界を変えることができない | トップページ | ホノルルの少女は 海と空の燃える夕日 頬に浴びて 幼なじみにキスした »

2014年12月 1日 (月)

Poupee de cire, poupee de son

今やってるお勉強が実を結んだら、今度は語学のお勉強をしたいなぁ…案の定、ぺぺです。

「ええっと…アイラヴュー、我愛你、サランヘヨ…」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「…物騒な言葉が聞こえるな…」

「え~、甘いメロディが聞こえる、ですかぁ~?」

「甘くもないし、ただの雑音…と片付けるには鳥肌が立つ…」

「感動した時って、鳥肌たちますもんねっ」

「そうじゃねぇ!」

「それから、イッヒリーベディッヒ、ティアモ…」

「だから、なんでそんな気持ち悪りぃ言葉を羅列してるんだよ」

「えーっと。何か外国語を始めたいなと思って。王子様とぺぺにぴったりな言語を探していたデス」

「俺は関係ねーだろ?」

「えー、関係ありますぅ。だって、王子様がぺぺに囁く言葉ですからぁ~」

「はァ!?」

「ジュテーム…やっぱりジュテームがしっくりキマス!! 王子様っ、フランス語にしましょうっ!!」

「うるせぇっっ!!」





どがっっ!!





まったく、理由はないんです。理由はないけど、妄想チャンネルにはフランス語かな、と。

なんとなく、タイトルにもシルブプレ~とかつけたりしてたこともあったような…あは☆

コトバは全然わかんないし、フランス・ギャルのイメージしかないんですけど。めっちゃカワイイ♡

めっちゃカワイイけど、けっこースゴイ歌詞のうた、うたってるようですね…そんなダブルミーニングに気づかないのぉ、というところは(自称)15歳なので…って自分で解説してどうするよ?(笑)

考えてみれば、タイトルのPoupee de cire, poupee de son、ちょっと前に読んだ殺人鬼フジコのテーマソングともいうべき…

そして、邦題だと妄想乙女にぴったりになりますが、直訳だと…蝋人形かー。某ワールズエンドで悪魔的な方を思い出しますなー。(古いw)

さ、くだらないコト考えてないで、お勉強しよ。

まずはコイツを突破しなくちゃ、次には進めない!

やるぞ!と決めるまでは勢いあったけど、早くも失速中…いか~ん!(笑)

好奇心旺盛なのがぺぺのいいところ。飽きっぽくて次々に興味が移っていくのが悪いところ。

まさに表裏一体ですが。

自分で決めたことだからこつこつとがんばろう。

おやすみなさい。よい夢を。

私は歌う蝋人形、この世はバラ色のお菓子みたい。

男の子のことなんか何も知らないけど、私は愛の歌を歌う。

« 僕たちは世界を変えることができない | トップページ | ホノルルの少女は 海と空の燃える夕日 頬に浴びて 幼なじみにキスした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 僕たちは世界を変えることができない | トップページ | ホノルルの少女は 海と空の燃える夕日 頬に浴びて 幼なじみにキスした »