WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

うれしいのよ 泣いちゃいそうだ あなたに逢えたその日 何もかもが光って 何かが変わる気がした

北の地は夜の6時。案の定、ぺぺです。

明日は試験日なので、今日はおとなしく、ライブの後は勉強に励もうと思ってました。

が!!

…まだ冷静になれない。

いちからゆっくり書こう。

朝、起きて、9時ころにはスタバに行って、お勉強。ラストスパート、のはずなのに、全然できないとことかあって、愕然。

どうにかなる、なるようになる。でも、なんとかする。

2時間くらいテキスト開いて、帰り道には神様におすがりして(笑)、おうちで自炊ごはん。

スマホで王子様のFacebookをチェックしたり、録画しておいた朝ドラとか見ているうちに少しうとうと…

16時前に起きて、シャワーを浴びてメイクして。

今日のお洋服は、お気に入りのアリスのタイツの上にデニムのガウチョパンツ、リネンの白いシャツの上にこないだのライブで買った紺色のTシャツを重ねてみた! 気づいてほしいな。気づいてくれるかな。

めっちゃ寒そうなので上には昨年ホコモモラで買ったジャケット、ニット帽子、それからマフラーぐるぐる巻き。バッグはお気に入りのカラフルなトート。

17時過ぎには行ってきます。

あ、何も食べてないや。だけど、なんだか胸がいっぱい、おなかがすかない。

好きだという気持ちだけで何も食べなくていいくらい…くるりのうたを思い出す。

だけど喉が渇くから、コンビニでお茶でも買っていこう。

会場までは、なるべく地下を歩きます。寒いからね、マジで。最高気温が8度だったはず。日も暮れて、もっと寒いでしょう。地元っ子なので、いちばん近い地下出口だって知ってるんだもーん、って、今年に入ってから知ったんだけど(笑)

会場近くのコンビニで温かいお茶を買って、17時半過ぎに会場の建物へ。

あ、マネージャーさんだ!

なんでいつもいちばんに見つけちゃうかなぁ。あ、まずは、入口のフライヤーの写真をパチリ、ついでにこっそりマネさんパチリ。ホントはイケナイんだろうなぁ。個人的に楽しむから許してね。

会場の中に入って、前にも買ったけどまたパンフを購入。たぶん、ラス1だった。まだあると思って買ったんだけど、次のひと、売り切れって言われてた…ごめんなさい、ごめんなさい。

何をすることもないので、会場に入りました。うわー、すっごい前。で、はしっこ。王子様の立ち位置側。近いが、お顔が拝見できない、かも。

いいや。

得意のディティール観察…ヤバイひとだね、もはや。やめよう、フツーに楽しもう。

BGMの隙間に、王子様のアナウンス、そして、18時。

…*…*…*…*…*…

スポットライトの向こうのあのひとの笑顔。

近くて遠いきょり。

あのひとのためにできること。

今を楽しむ。いっぱい笑う。

どうか、どうか、あのひとのもとに、笑顔が届きますように。

…*…*…*…*…*…

アンコールのあと、いつものようにアンケートを書いて、いつものようにまたマネージャーさんを見つけ、しばし観察した後、会場を後にしました。

来る時より、ずっと寒い帰り道。

思い出して、くすくす笑い。いや、にやけてたら危ないひとだ。にやけないように、なんとなくうたを口ずさむ。クラムボンの恋わずらい。

少し小腹がすいたので、まっすぐ帰ろうと思ってたけど、寒いせいも手伝って近くのスタバに入りました。サンドイッチと、いつものほうじ茶ラテ、ノンシロップのオールミルク。

席に座って、いちお持ち歩いてるテキストを開く…前に、スマホを開きました。

メールチェックして、いつもやってるゲームもチェックして(笑)。サンドイッチを頬張りながら。あ、そうそう、王子様のFacebook、何か書いてないかな…ん、メッセージがある?

最近、ずっとパスワード忘れてたFacebookに入れたんですよね。まぁ、いろいろめんどくさいからもうしないけど。でも、今日いじってたときに、王子様にメッセージ送れることに気付いて、「今日行きます~」みたいなメッセを送ってたんですよね。

まさか?

そう、そのまさか。

ぺぺが送ったメッセに、王子様からのお返事が…

え。

とりあえず、スマホを縦にしたり、横にしたり。

どこからみても。王子様の名前なわけで。

え。

ええええええええ!!!????

もう軽いパニックで。

サンドイッチを口の容量以上に口に押し込んでみたりして。

泣いちゃいそうだ。いや、笑っちゃいそうだ? 違うな。なに、なに、なに???

ティラテ、ノンシロップって言ったのに、ほんのり甘かった。

シロップ入ってたの? それとも、ぺぺがもうおかしくなってたの?

もう落ち着いて何かやるなんてできなくて、スタバ出て、めちゃめちゃに歩いて。

歩いてる間も感情がゆさゆさ揺れてて。

涙ぐんだり、にやけたり、なんだかもうわかんない。

わかんないけど、何度見てもメッセは消えてない。

ぺぺね、ここ書き始めて、割と初めの方だと思うんですけど。

最終目標は、まぁメル友かなぁ的なことを書いてたんですよね。

それに一歩近づけた、のかも、しれない。

この感じを繰り返していければ、いつかきっと王子様はぺぺに気付いてくれる。ホントのホントの夢がかなう、かもしれない、その一歩。

あたしもうあしためっちゃがんばるから!!!

そして東京行く!

きっと逢いましょう。逢える気がする。今のぺぺは怖いものなしだ。なんでも叶えられる、叶えてみせる!

すみません、まだ動揺してて文章がめちゃめちゃです。

相方サマのライブがもうすぐだな。きっと王子様も出るんだろうな。行きたいけど、あしたの試験があるから、これは我慢。出待ちも我慢。

メッセを見ながら、今日はがんばろう。

おやすみなさい。よい夢を。

2015年10月30日 (金)

Life is a showtime すぐに分かるのさ 君と僕とは恋におちなくちゃ

毎日、どうしてこんなにも眠いんだろう。案の定、ぺぺです。

だけど、この投稿の翌日にはっっ、王子様にっっ、また逢えるんですっっっ!!! ええ、今回も予約投稿ですが、何か?

やっぱねぇ、妄想チャンネルはいっぱい更新しなくちゃなんデス。

そうじゃないと「妄想チャンネル」って言葉でググったら、エロ的なモノしか出てこないもん。

「そりゃね、最終的に王子様の目標はそっち系なのかもシレマセンけどぉ…もじもじ」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「待て待て待て待て!!」

「動揺する王子様、カワユス♡」

「おい! 俺はそんなこと考えたこともないからな!」

「この清らかなぺぺを穢すまいと、理性の壁の前で仁王立ちする王子様なのデシタ」

「そういうんじゃねぇ!」

「あー。もっと物理的に、ぺぺ(自称)15歳だから、青少年なんちゃら法で」

「オマエは違うだろ!?」

「違くないケド、まぁそれはさておき。そもそもの設定として、妄想チャンネルは清く正しく美しくの方向でいくはずだったですからね」

「そもそも、こんなコント形式で続ける気はなかっただろ?」

「コントじゃないですぅ。ラブラブな会話ですぅ」

「どこがだ!?」

「なんだかんだ言って、王子様がぺぺを見つめる、その瞳。充血した白目。隠し切れないクマと肌荒れ。どれをとっても王子様のラブしか感じない♡」

「…オマエ、絶対バカにしてるだろ?」

「いえっ、ついこのまえ読んだパンフの文字が頭に焼き付いてて…でも大丈夫デス。ぺぺは王子様全肯定! ビールの飲みすぎでむくんでいても、それさえも素敵に見えちゃうのです!」

「褒めてねーよな」

「そんなコトないですよぅ? 恋の色眼鏡ってヤツです!」

「完全にバカにしてるよな?」

「密かなる工作活動デス」

「は?」

「このまえ、気づきマシタ。王子様素敵♡というのが世間に広がると、王子様はハイパーモテモテ王子様になり、選び放題になるデス。いくらぺぺひとすじの王子様といえど、誘惑が広がるのはマズイです。王子様不細工説が広がれば、それでも王子様ラブ♡というひとはぺぺだけになり、まぁ元々王子様はぺぺひとすじではあるんですけどぉ、より強固な結びつきになるかなぁ、なんて。ねっ☆」

「ね、じゃねぇよっっ!!!」




どがっっ!!




さぁ、明日こそは王子様と恋に落ちましょう。

って予約投稿で書いてるわけですが、リアルペペはラブ全日なのに出張中で。なんでだよー! ホントなら空港で入り待ちとかするべき日でしょぉぉ!!

ああ、王子様。ぺぺはそんな大切な日に、ぴかぴか素肌に磨きをかけることさえできず、ぼさぼさの頭で走り回っているデスよ。

おまけに今回はお偉いさんのカバン持ちなので、自由も何もなく…くそー。

王子様。こんなぺぺにラブの魔法を、プリーズ!

おやすみなさい。よい夢を。

2015年10月29日 (木)

もういくよ かえりたくはないさ でもいくよ ここからどこまでも

さすがに日帰りだと、あっさり全部書き終えられそうだな。案の定、ぺぺです。

もちろん当然の予約投稿ですが、ここしばらくまるで毎日投稿のように見える☆

昔の妄想チャンネルは、こんなふうだったなぁ…(遠い目)。今や、「妄想チャンネル」とグーグルで検索かけても、このページにたどり着くことは容易ではないのデス。

もっともっと妄想を楽しみたい!

試験が終わったら、ちょっと考えます。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

あんなに熱かった会場を出ると、外の空気はひんやりしてました。

そういえば、手づくり市(?)でお店の人が「今日は寒い」とか言ってたっけ。だけど、これは「寒い」じゃないよな。「涼しい」とか「ひんやりする」とか、そのレベルだな。

とりあえず、どうしよう。前に下北に来たときは、三茶までのんびりお散歩して、お茶して、空港にギリギリに着いたんだったな。

帰りまでギリギリはいやだな…

どっかのカフェでのんびりお茶して甘いもの、を嗜みたいけど、うーん、どうしよう。このへんで?

ぼんやり歩いていると、たくさんのガチャガチャが目に入りました。

何を隠そう、ぺぺはフチ子ちゃん収集癖があります。フチ子ちゃんだけにとどまらず、おかしなガチャガチャはとりあえず試し、それをデスクに盛り付けております。

そうだ、カイシャの仲良しさんへのお土産に、ガチャから出てきたものを追加してあげよう!←イラナイ思いつきw

そして、その場所は、大好きなヴィレヴァンであることに気づき、喜び勇んで中に入りました。

ヴィレヴァン、楽しー♡

限定チロルとかないかなぁと探し、それとは別の目に付いたヘンテコなものをいくつか購入。前に三茶のヴィレヴァンで購入した江頭ノートは、めちゃくちゃウケたなぁ。…ウケばかり狙ってどうするよ?

楽しくお買いものしてるうちに時間は結構たってしまって、さぁどうしよう?

渋谷で何か晩ごはんになるものを買って、って思っていたけど…とりあえず渋谷に戻り、コインロッカーから荷物をだし、しばし考え、まっすぐ空港に向かうことにしました。

だって、ここで道に迷ってまたギリギリになっちゃうの、嫌じゃんね?

だったら、空港で…くるときに京急の駅のとこでタリーズあるの見かけたし、きっと第2ターミナルにだってなんかカフェくらいあるでしょう。そこでまったりお茶すればいいや。

だって、空港に戻るときにトラブルはつきもので、モノレールに行けとか、いやいや京急で行けとか、めんどくさいこと多いんだもん。

もういくよ かえりたくはないさ でもいくよ ここからどこまでも

頭の中で流れ出す、クラムボンの「ララバイ サラバイ」。帰り道は、いつだって、もの悲しい。

泣き出す前に考える。

「甘いものは何を食べようかな♪」 注)だから太る(笑)

第2ターミナルにはトラブルなく到着し、ちょい迷いつつも飛行機のチェックインを完了しました。

でもさ。

駅のとこにタリーズなかったな…

まずはお土産を買って。よしよし、これでいい。で、もう夕方に近くなってる。

飛行機は18:50発なので、なにか買って食べてもいいけど…温かいものが食べたいな。じゃあ、早めのごはんにして、甘いものを買って、飛行機で食べる?

空港の中をうろうろ歩き回って、食べるものを考えます。

うーん、お昼はヘルシーにお野菜たっぷりだったっけ。

だとしたら。

夜は、カルビ丼だっっ!! 注)だから太る(爆)

お店に入り、温かいカルビ丼でおなかを満たし、そのまま下のフロアに降りて千疋屋でオムレットを買い、もうめんどくさかったので搭乗口で待つことにしました。

そしたら、中でスタバのカップを持ってるひとを何人か見かけて。

おや?と思うと。検査口越えた中に、スタバがあるのね。第1ターミナルにはないのに、第2ターミナルにはあるんだ。

じゃあ、やったね! スタバでドリンク買って、オムレット食~べよっ。

飛行機の出発も遅れるようだし、ちょうどいいや。えーっと、荷物の整理もして…うーん、けっこう荷物増えたな。でもまぁいいや。バス停にはママチャリが待っていてくれる。重くても平気だい。

念願のスイーツをいただき、カフェラテをいただき、のんびりした気持ちで20分ほど遅れる飛行機を待ち。

ふゎ、眠…

帰りは飛行機もバスもすやすやと眠ることができました。

バス降りて、すっとばすチャリは寒いけど、まだまだ秋の寒さでした。その翌週は雪虫祭りで、さらに翌週は初雪だけど、このときにはまだつゆ知らず。

あとは、10月31日を待つばかり。

また逢いましょう!

てか、これが公開される頃には、もう明後日に再会、なのだわ。

ああ、パックでもしておきましょうか、それとも…とりあえず試験勉強しとけなのか、それはもうそのときにならなくちゃワカリマセンがな。たぶん、シゴト中であることが濃厚ではありますが。とほほ。

ラブの面影に思いを馳せつつ、今回の旅の話はこれにて終焉。

おやすみなさい。よい夢を。

2015年10月28日 (水)

東京はお昼の2時

朝早い出勤は、遅くまでの残業の倍疲れます。ふしゅー。案の定、ぺぺです。

カイシャでもっきゅもっきゅと朝ごはんのベーグルを食べ…てる最中にも電話がりんりん。ああ、こんなときにベーグルはよろしくないデスね。

それはさておき、もう2週間以上経ってしまった、感動の再会のシーンでも(笑)

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

午後1時半。開場。

列がゆっくりと動き出します。

当然指定席なので、急ぐ必要なんかまったくないのですけど、どうしても焦る心。

一歩でも近づきたいと思う気持ちがそうさせるのでしょうか。何度繰り返しても、もどかしい時間。

会場に入ると、いつものようにたくさんのお花が飾られています。

それらを横目に、目指すのはグッズの販売場所。

今回のTシャツ、かわいい♡ それから、パンフ♡ ぐふふ♡

ん、TシャツのサイズがもうSしかないのね。全然OKですよん。ほら、ぺぺってば、痩せる予定だしっ。(フツーに、メンズのものならSサイズでもぶかっとします)

戦利品を手にし、ほくほくと席に向かうと、え、けっこういい席じゃね?

最前列とかじゃないけど、まぁまぁ前の方で、真ん中らへん。舞台全体がほどよく見渡せる、席。

隣に座った男子2名も「すっげーいい席!」を連呼してたので、すっげーいい席なんだ。ぺぺの住む地では前の方のはじっこで、王子様ガン見シートなはずなので、ここでは全体を見て、コントそのものを楽しめという神様もしくは王子様の思し召しなのでございましょう。

パンフをパラパラ…やだ、王子様ってば今、美青年と不細工の過渡期なの? ぺぺにとってはキラキラ王子様…とはいいつつ、最近近くで見たときにはたぶん二日酔いと寝不足によるむくみが隠せてない…それも含めてキラキラ王子様なんだけど、なんだけどっ。

確かに、おともだちさんのおっしゃることはわかります。

昔の王子様ってば、ホントのホントにキラキラだったもの。かっこよくて、背が高くて、面白くて、そりゃもうおモテになるでしょう。

だけどね、だけどね、今の王子様だって…いや、ちょっと待て。そのよさに気づくのはぺぺだけでいい。ライヴァルはない状態がいちばんいいじゃないか…不細工上等! ふはははは。

謎の高笑いをしている間に時は過ぎ、流れていた音楽のボリュームが下がり、愛しいあのひとの声が注意事項を告げ、そして…

☆   ☆   ☆

東京はお昼の2時。

たくさんのひとが過ごすこの街で、

きっといちばん笑顔が生まれてるこの場所で、

世界でいちばんしあわせな女の子になった。

☆   ☆   ☆

アンケートを一生懸命書いて、スタッフさんに想いを託す。

また逢いましょう、10月31日、この北の地で。

…試験日の前日だけどさ!!!

行くよ、試験よりラブが大事だものさ。王子様のためならっ! といいつつ、同日じゃなくてよかった…

おやすみなさい。よい夢を。

2015年10月27日 (火)

下北沢の夜は更けて

北の地の秋は短く、お日様がすとんと落ちるようになると、一気に冬になっていきます。てか、寒い! 案の定、ぺぺです。

「王子様がいらっしゃるときには、晴れて、暖かだといいですよね…」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「まぁ、そうだな。雪だと飛行機が降りれないかもしれないし」

「んな馬鹿なことあるわけないじゃないデスかっ(キッ!)」

「ん?」

「雪ごときで飛行機が降りれないなんて、北国舐めんなよって話デスっ!!」

「そ、そう、か?」

「そんなもんで降りれなかったら、1年の半分は飛行機の発着ができないことになるじゃないデスか、てやんでーばーろー」

「考えてみればそうだな」

「ぺぺが言ってるのはデスね。万が一道が凍ってたら王子様たちが大変だなってコトです」

「まぁな」

「内地の人は、雪ですぐ転ぶから」

「靴が違うからな」

「歩き方も違います!」

「そりゃ、慣れてないから」

「王子様が滑って転んで、アタマを打ったりケガをしないように、暖かだといいなってコトですよっ!」

「それは俺を舐めすぎだろう」

「まぁ、そうなったらナースぺぺが優しく介抱してあげる♡」

「気持ち悪りぃんだよっっ!!」




どがっっ!!




ケガはともかく、暖かい方が気分がいいので、お天気を祈ってます。

とゆーことで昨日の続きです☆

…*…*…*…*…*…*…*…

降り立った下北沢駅は、なんだか工事中。

ただでさえわからんのに、さらによーわからん。

だけど、今回の会場は前にもきたところだからさ、きっとわかるはず。と思い、人の流れに沿って駅の外に出ました。

そしたら、なんと、カレーフェスティバルなる文字がっ!!

何を隠そう、ぺぺはキレンジャー、カレー大好きでゴザイマス。

鼻をひくひくさせつつ近くによると…むむむ、ぺぺの大好きな、手づくり雑貨のにおいが…うわ、うわ~!! いきなり現れる謎の会場。手作りっぽい出店がいっぱい連なってる空き地がっ!これはたまらない世界です。素敵すぎます。 か、かわいい手づくりピアス。あ、これもかわいっ…ううっ、た、たまらんっ!

突如、放たれた虎のように、会場を駆け巡るぺぺ。

「これ、実はココに猫ちゃんがついてて」「うひょ~、たまらんですねっ!!」「これはここにこんなふうに」「うわぁ~ヤバイっす、かわいすぎっす!!」「この子は…」「むき~っ! これクダサイなのですっっ!!」「これが…」「これもクダサイなのですぅ~!」

お店の方との会話も楽しく♪

「ところで、ここは何かで知って来たんですか?」「いいえ、道に迷ってたどり着きました♡」「は、はぁ…」

そうそう、名残惜しいけど、そろそろランチタイム。行きたいお店があるの。カレーフェスティバルも気になるけど、紅茶が美味しいらしいあのお店へ。

み…道、わからんけど。

だけど、ぺぺってば強運ですので、ふらふらあるいて出たこの場所が、行きたいお店のある地名と一致してることに気づきました。これは、丁目を気にしつつ歩いて行けばたどり着けるパターンでは?

てくてく歩いていくと、むふふ、発見。

まだ12時前のお店は空いていて、ひとりぼっちでも何の気兼ねもなく入っていけます。

そこは何が素敵って、食前の紅茶と食後の紅茶、別々に入れてくれるの♪

食前にはダージリンをチョイス。

パンケーキもとっても美味しそうだったけど、米食いたいなぁと思い雑穀米とたっぷり野菜のスープのランチにしました。

お野菜たっぷりはうれしい♪

体にやさしいごはんをいただき、食後はロイヤルミルクティ。ゆったりとした気分になれます。

のんびり過ごして、さてそろそろ会場に向かいますか。

道は相変わらずよーわからんので適当にてくてく…あ、こっちはマジで違いそうだな。野生の勘がそう言ってる。じゃあ、こっちだ、てくてくてく。あ、線路があるから、きっと大丈夫。

無事に駅付近に行けました。そして、きっと間違った側に出てきただけだから、あっち側に。あ、前にここに来たときに入ったユニクロ発見! ここでトイレに行ったんだっけ。じゃあ、今回も行っておいた方がいいよね。

トイレを済ませて、ついでにまだ時間があるのでうろうろして、「王子様の行きつけのゲーセン(当時と名前が変わってる)」を発見したので、写メパチリ。

「俺たち、付き合って半年だし…そろそろいいよね?」の場所も見てニヤリ。

そして会場に、やや迷いでたどり着きました。

行列に並び、王子様に想いを馳せるぺぺなのでした。つづく。

次回は王子様に逢えちゃいます♡ 

おやすみなさい。よい夢を。

 

2015年10月26日 (月)

灰色の空から 降り積もる粉雪

そんなわけで、実は一気書きして、予約投稿しておりますです。案の定、ぺぺです。

ガチぺぺは月曜日は早朝出勤でゴザイマス。

朝には弱いので、どうなっていることやら?

それに、今日降り積もった雪もどうなっていることやら。

無事にたどり着けてることを祈ってクダサイ。あ、今祈ってもらっても、時すでに遅し、か。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

電車が、品川に行かないことを知ったぺぺ。

呆然とする前に、スマホで検索、京急蒲田なる駅で乗り換えればよさそうだということがわかり、ひとまずほっとしました。ロスタイムはあるかもだけど、行けないわけじゃない。大丈夫、ラブの火は消えない。

冷静沈着に京急蒲田で降りて、人の流れに身を任せ、品川行きの電車に乗り込みました。

目の前に、ゲイのカップルがいて、いちゃついてました。…ゲイじゃなかった、男女のフツーのカップルだった。男性はドラ○クドラゴンの鈴木さんに、男性と思ってしまった女性は元横綱の曙関に似ているこのカップル、いちゃつきっぷりがハンパじゃなく。見詰め合ってはちゅー。そしてまたちゅー。さらにちゅー。

これは、あれだな。日本にきた、外国の方だな。

そう思ったら。女性がけたたましく話し始め。日本語に聞こえますなぁ。日本のどっかから来たのかもしれませんが、特別な方言は聞き取れず。けたたましい声がとぎれると、またちゅー。またまくしたて、ひととおり話すと、句読点のようにちゅー。またまた、ちゅー。

見ず知らずのカップルの特に見たくもないラブシーンをおなかいっぱい堪能し、電車を乗り換えて、渋谷駅まではスムーズにたどり着きました。

そうそう、ぺぺはSUICAが欲しいのだった。KI○ACAでは東京近郊では使いづらい。

SUICAを買って、コインロッカーにも無事荷物を預け入れ、えーっと下北沢に行くのには京王井の頭線っつーのにのればいいんだけど、案内板のどこにも「京王井の頭線」って書いてない…(泣)

どこ???

このなかのどれかが、「実は京王井の頭線なんです、てへぺろ~」ってことなの? それとも別なの?

訳も分からず、うろうろと外に出たり、入ったり。

頼みの綱の駅員さんは、外国人さんの団体の対応に追われてる最中…ニホンゴわかるはずのぺぺが自力でがんばるしかないのね。

スマホで調べてもイマイチわからず。同じ場所、じゃ、ないの?

うろうろすると、あ、あの建物に京王井の頭線って書いてある!!

あっちだーっ!!

と勇んできたけど。あっちって、どこだ?

目の前に来てみると、ただお店があるだけ…そうか、地下か。きっと地下に…あれ、やっぱお店しかない。

もうちょっと先? …ないな…どこだ? 行き過ぎた?

うろうろして、見つけました。お店の上でした。

よかった、よかった。

これでまた一歩、王子様に近づけました。

前途多難なぺぺの旅はまだ続く。

おやすみなさい。よい夢を。

2015年10月25日 (日)

赤い電車は羽田から僕らを乗せてひとっ跳び

次の土曜日はもう、王子様と再会の日♡ そしてその翌日は試験…↓↓↓ 案の定、ぺぺです。

王子様と逢うときには、思いっきりラブだけを見つめ、余韻は試験後に浸ることにしよう…

「とはいえ、王子様ってば魅力的♡なので、ついついドリーミーになっちゃうかも。罪なひと☆」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「オマエはそもそも集中力が皆無じゃねぇか」

「王子様に対する集中は、誰にも負けマセン!!」

「気持ち悪い集中…」

「ただ、勉強が嫌いなだけデス! 学生時代も、なんだったら児童時代も、勉強などするものかと。絶対に勉強などしないという根性は培われましたねぇ」

「いらねぇ根性まで身についてるよ」

「だけど今は、できるだけ頑張りマス。こんなときなのにライブに出かけるぺぺを褒めてクダサイ! ぺぺは褒められると伸びるタイプです!」

「褒められると伸びるってゆーか、図に乗るってゆーか」

「とりあえず、アタマぽふぽふはマストですよね。それから、えっと、どうやって褒めてもらおうかな?」

「…は?」

「甘い言葉と優しいハグ…く~っ、ますますおべんきょなんてしてる場合じゃなくなってきましたねっ!! 鼻血モノですっ!!」

「絶対ねぇよ!!」




どがっっ!!





甘い夢を妄想しつつ、勉学に励みまする。

でね。

ぺぺってば、前回、途中で止めたまま、絶賛放置ぷれいしてましたね(泣)

楽しみに待っている方がいるかどうかは別にして、再会までには書き上げねばですね。

…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

ぺぺの重すぎるラブと3連休故たくさんのお気楽な(偏見)お客さんを乗せたバスは、予定時刻を大幅に超えてえっちらおっちら走ります。

こ、こんなに寝れないバスは初めてだぜ。

寝てないのに酔わないのはなぜ?(注:オイラはめっちゃ車酔いしますデス)

ふだんはのほほんとしているぺぺですが、今のぺぺは一味二味違うんだぜ。バスが止まるたびに舌うちだってしちゃうんだぜ。(注:してはイケマセン)

だけど、どうにかギリギリ間に合いそう。

推算で…搭乗の25分前到着。5分でダッシュすれば、ギリギリの20分前チェックインに間に合って、そしたら問題なく飛行機に乗れる。

だけど、荷物の多い、明らかにもたつきそうなお客さんばっかりだ(注:偏見です)。だめだ、一番先にバスを降りねば。

隣の人にお断りして、まだ走ってるのに降り口付近に立つことにしました。

「危険ですので、バスが止まるまで席をお立ちにならないように…」

うるせぇ、運転手!! ぺぺのラブの前にはどんな危険も関係ねっつーのっっ!! ←口悪すぎw

運転手さんのアナウンスむなしく、平然と立つぺぺ。

おかげで、先頭でバスを降りることができ、そこからダッシュで、エスカレーターも華麗な一段飛ばしで駆け抜け、どうにかこうにか間に合いました。ふしゅー…運転手さん、ありがとう!←今更…

疲れたらオナカが空いたので、搭乗口付近の売店でサンドイッチを買い、待ち時間なく飛行機に乗れたので出発前にオナカにおさめ、もう精神的に疲れ果てていたのでソッコー眠ってしまいました。あはは。

…1時間半経過。

やってきました、王子様の住む街、夢の東京!←イナカモノ

予想最高気温25度。暑すぎでしょ?って思いつつ外に出ると。あれ? 暑くない。

もっと薄着しなくちゃ?と思ってたけど、これならそこまで脱ぐ必要もないかな。

着てたパーカーと余計な本とかメイク道具とかをコインロッカーにつめれば…おっと、帰りはターミナルが違うんだった! あっぶね!! 乗り換えの品川か渋谷のコインロッカーに入れよう。重いけど、まぁ重いっていっても大したことないから頑張ろう。

渋谷に行くから京急の方がいいんだよね。赤い電車に乗っかって、だよね。

ホームに行くと、ちょうど電車がいたので、赤い電車じゃないけどまぁいっかーと思い、乗り込みました。

ふー。なんだかんだ、汗はかいちゃうよなー。

動き出した電車、見慣れてはいないけどそこまで他人行儀でもない東京の景色がゆっくりと流れていきます。

聞くともなしに聞こえているアナウンス。

この電車は品川には…行かない!? なんですって、品川に行かないんですって!?

あーた、京急電車ってゆーのはすべからく品川に向かうんじゃないの!? ←違う

げげげげげ!!

なんてことっ!!!!

再び訪れた、ぺぺのピンチ!

ぺぺは王子様の待つライブ会場までたどり着けるのか!?

続きは…COMING SOON!!

おやすみなさい。よい夢を。

2015年10月21日 (水)

はたらいて はたらいて 汗にうもれて まちがえて まちがえて 手も足も出せなくて

た、確かいいトコで前回終わらせてたような気が…案の定、ぺぺです。

劇的にヤバイ状況です…ラブではなく、シゴトが。

だけどっ、だけどっ。

王子様たちが北の地に降り立つそのときには、絶対にラブ優先させます!!

今は…内角からえぐるように打つべし、打つべし、なのデス。

あまりにも追い詰められてて、とんでもない夢をみるようになってしまいました…

明日は出張、日帰りです。

がんばれ、ぺぺ。

きっと乗り越えたら、超人になれる…じゃなくて、王子様に逢える。

王子様とおそろのTシャツを着て臨みます。

だから気づいてね。今度こそ恋に落ちましょう。

その日まで。

はたらけどもはたらけどもらくにならずぢっとてをみる、ちっとしたをうつ。

いいトコで終わらせたままの幕間で申し訳ありません。

あしたの準備をしなくては。

おやすみなさい。よい夢を。

2015年10月11日 (日)

僕らはこんなにも沢山の 夢見がちだった風景を変える

昨日は東京にいたんだということを忘れるくらい、フツーの朝を迎えてます。あ、いつもより寒さが身に沁みます。案の定、ぺぺです。

だけど、前途多難だったわけでして…むむむ。

そもそも、激ヤバい時期のライブでした。おうちにいたら、いつ出勤要請がかかるとも知れぬ…いや、金曜日におうちに帰してもらえるかすら怪しいてな具合で。

そのため、カイシャには「東京のイトコの結婚式なので土曜日は北の地にはいません~きゃぴっ♡」と言っていました。ちなみに、イトコは横須賀やら千葉やらにはおりますが、東京にはひとりもおりませんデス。きゃぴっ♡

だったら仕方ないね、という空気を作り出すことに成功し、(だがしかし、そのスーパーハードな時期は次週にずれ込んだ故、この言い訳の必要性も薄くなってたのデシタ…まぁ、金曜日に早めに帰ることに成功したのでよしとしよう)日帰りではあるが、王子様のもとへと旅立てることになったのです。

例によって朝早くの便。

朝バタバタするのも嫌なので、着る服の準備と、持っていくリュックにお財布とか入れなおして準備をしておきました。

そして、朝。

午前4時半に目覚ましをかけて、なぜか二度寝を…しちゃいかんっっ!! なのにうとうとして、でも5時過ぎに起きれた☆ 出発予定時刻は5時40分。6時過ぎのバスに乗るの。

慌ててシャワーを浴びて、念入りにブローして。ああ、メイクはバスの中でいいや。重いのはイヤだけど、どっかコインロッカーに入れとけばいい。

あ、バス時間いちお調べとこうっと。ふむふむ。じゃあ今行けばOKね。

慌てずにバッグに充電したスマホをい入れ(注:ぺぺはこないだスマホと間違って豆乳のブリックパックをカイシャに持って行った 大ボケをキュートな誤りをかました)、お洋服を着て、行ってきます!

足取りも軽く、約20分のバス停までの道を軽やかに駆けます。

万が一にも事故っては困るので、クルマがいなくても信号は守ります。

そしてバス停まであと一角のときの信号待ちで、アタマの中で持ち物チェック。あ、メイク道具、アレ忘れたな…まぁいいや。空港のドラッグストアで調達しよう。そんで。

…あ。

…あれ、まさかそんな。

その、まさか、そんな、だ。




チケット。







チケット忘れたーっっ!!!







ダッシュで戻ります。

あああ、なんで。なんでだーっ! 一番大事なものをっっ!!

せっかくブローした髪の毛もぼさぼさになるほど走ります。

戻って、チケットを取って、ああもうっ、次のバスには間に合うだろうとママチャリをぶっ飛ばしていきました。ママチャリ、走り遅っせ! でもラブリー号を1日放置するのは嫌だし。

そしてバス停へ。

次のバスは30分後だったので、全然余裕で間に合いました。

いつものバスだと余裕だけど、30分後のバスだとフツーに着いても飛行機の出発時間の1時間前。まぁ、大丈夫でしょう。

と思ってバスを待っていたら。

来ない。

バスの予定時刻の20分以上前から待ってるから、行っちゃった、ってことはないだろう。

大丈夫かな。最近、こんなギリギリで空港に行かないから…

JRにすればよかったかな。地下鉄、もう動いてるし。後悔しても遅い。待つしかない。

10分後にバスはきました

そのバスは。

めちゃ混みっ!

いつもはガラガラ、すかすかのバスは、もう前のほうの席はいっぱいで、後ろの席に座りました。混む前にメイクしとかないとな。←マナー違反ですよ

簡単に、目元だけくっきりぱっちりさせて、おしまいっ。

それにしても、進みが遅い。バス停のたびに、人が乗ってくる。

そうか、3連休初日、旅に出る人が多いんだ。

ただでさえ遅れてるのに、どんどん遅れてく。

ま、間に合うのか?

バスの正確な時間が…うわーっ!  手帳忘れたーっ。お、落ち着け。スマホで、メールを見て…えーっと、8時15分。で、20分前までにチェックイン。だから7時55分にチェックイン。スカイマークは遠いから、10分前には着きたい…ギリギリ間に合うか。

こんなことになるなら、やっぱJR使うべきだったっ!!

きりきりして、いつものように寝ることなんてできません。

バス停で止まるたびの呪詛の念←イケマセン。

どうにか、どうにか間に合いますように。

間に合うかどうかは次回に続くっ!

2015年10月10日 (土)

東京はお昼の2時

本日、王子様のライブでした!! 案の定、ぺぺです。

だけど、いろいろありすぎて…

明日以降、ゆっくり書きます。

おやすみなさい。よい夢を。

2015年10月 3日 (土)

きみに会ったらどんなふうな話をしよう そんなこと考えると楽しくなるんです

来週には、きっと、恋に落ちるはず…案の定、ぺぺです。

ということで。来週には王子様のライブなのです!

ただし日帰り…しかも、カイシャには若干の嘘をつき(笑) 何せちょいとバタバタな時期でござんすので、カイシャから出頭命令がかかる可能性がある故、だまって飛び立つこともできず、かといって、「ぺぺは愛に生きるのデス!」などという宣言の元に旅立てば職を失いかねず(そこまではいかないでしょうが)、よって無難な「東京にいるイトコの結婚式でごにょごにょ」という誰も傷つけない、そして仕方ないよねというゆるい諦めを持ってもらう大嘘をつき、ぺぺは旅立つのです。

こんなぺぺに誰がした?

「そう、こんな嘘つきなのも、王子様のせいデス。王子様、罪深いひとデス…」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「おい、何だよそれ、人聞き悪いな。人を罪人みたいに」

「だって、王子様ってば、ぺぺのハートを盗んじゃったんだもんっ、わ・る・い・ひ・とっ☆」

「はぁ~あ!?」

「カ○オストロの城のル○ンもかくや!という盗人っぷりですねぇ」

「人を悪人呼ばわりするものいい加減にしろ」

「そこはハグしながらいうトコですよね?」

「…は?」

「憎まれ口を叩くペペに王子様ってば「このぉ」とか言いながら追いかけてきて、あははうふふのいちゃいちゃ追いかけっこ、そしてぎぅっとハグ」

「…おい」

「そして「そんな悪いことばかり言う口はこうしてやる」と…むふ~♡ 王子様、ぺぺの心の準備はOKデス! さぁ、どうぞっっ!!

「しねーよっっ!!」





どがっっ!!





王子様とのラブのためなら嘘も方便、ということでございますな。

いいの、毎日真面目にコツコツ働いてるんだから、ホントは休みのはずの土曜日、拘束しないでというだけのことだもん。

それにしても、何を着て行こう?

こっちとの気温の差ハンパないと思うので、秋口はいつも困ってしまう、わけです。

日帰りなら、基本、荷物持ち歩きだしなー…空港のコインロッカーに入れるか。そうだな、バスの中でメイクしてしまうから(ひどい!)、持ち歩くのはリップクリームと目薬くらいでOK。本もライブのときにはイラナイ。だけど、クリアファイルは要る。フライヤーとか傷つけたくないもん。ということは大きめバッグがいいかな?

そうそう、SUICAを買おうかと思っておりマス。こっちでも使えるし、向こうでの移動に便利だ。KITACAだと、私鉄が使えないんですよね。

あー、だんだんワクワクしてきたぁ☆

お泊りできなくても、何かかわいいお店にちょぴっと行ったり、それくらいはしよう。

そうそう、王子様との妄想デート会場めぐりはできるはず。あのDVDを見て、復習しなくちゃだわ。

ああ、もうラブが止まらない。

ひとつ、おとなになった王子様と、最高に素敵な状態で逢えますように。

せめてつるつるほっぺは維持しなくちゃだわ。太い脚はどうにか隠そう。

おやすみなさい。よい夢を。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »