WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« わたしの目のなかに きみの目が写りこむ | トップページ | 寒がりな君はきっと マフラーに顔をうずめ »

2015年11月 6日 (金)

妄想乙女の夢は夜ひらく

今年の手帳は小鳥ちゃんだったけど、来年の手帳はにゃんこさんになりました! 案の定、ぺぺです。

ついでに(?)スマホのケースもにゃんこさんになりました。

バッグの中にはうさたんやら小鳥ちゃんやら、かばさんやら、もう謎の動物園の形相を示しておりますデス。

こんなぺぺが唯一持っていないもの、それは。

「王子様のお写真デス…」

※妄想チャンネルに切り替わりました

「俺は動物か!?」

「久々にツッコミらしいツッコミですね。さすが関東で3本の指に入ると言われていますデス」

「言っておくけど、ここで俺のツッコミにキレがなくても、それはオマエのせいだからな!」

注)妄想チャンネルはひとり二役でお送りしております♡

「あのね、王子様っ!!」

「な、なんだよ」

「王子様が、もし『あ●し』の一員だったら! ぺぺは王子様にまつわるグッズを買いもとめ、バッグの中身を王子様一色にできるのに…」

「こ、怖えぇ~…」

「…お手製っていうテもありますけど…」

「や、やめてくれ。頼むから」

「壊滅的に不器用だからな…」

「…よかった…」

「王子様のお写真はあるデスよ。でもさー、アレ、ぺぺも写ってるからなぁ…」

「それのどこが問題なんだよ?」

「自分の写真なんぞ、持ち歩きたくないデスよぅ」

「そのへんの美意識はちゃんとあるんだな」

「あー、次のライブは3月かー。待ちきれないデス。それまでの間に、恋人たちのクリスマスも、どっきどきのバレンタインもあるのにっ」

「オマエには関係ないものばかりだな」

「そーですねぇ…って、違うわっっ!! 関係アリアリだわっ!!

「へー」

「ほら、王子様のココロの予定表を見てクダサイ。12月24日、愛しのぺぺとラブラブクリスマス。2月14日、スイートハニーぺぺから甘い甘いラブのプレゼント。ほらね、くっきりはっきり書いてあるでしょ?」

「…書いてねーよっっ!!」




どがっっ!!




うーん、ぺぺのココロの予定表には書いてあるのにな♪

ええ、手帳には何ひとつ書いてませんがっっ!!

だけど、新しい手帳、10月始まりだったので、10月31日に記しました。

「メール記念日♡」

いやね、メールじゃないしっ(笑)

キャバ嬢のお誘いメールかよってなメッセだけど、大切に大切に、毎日眺めてる♡

ここから始まるの。

きっときっと、そうなんだよ。

それにしても眠い…

あしたはめちゃくちゃ寒そうです。王子様たちが来た日よりも寒いようです。

11月ってば、冬だもんね…

おやすみなさい。よい夢を。

« わたしの目のなかに きみの目が写りこむ | トップページ | 寒がりな君はきっと マフラーに顔をうずめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わたしの目のなかに きみの目が写りこむ | トップページ | 寒がりな君はきっと マフラーに顔をうずめ »