WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 歩こう 僕のまちは一晩で息を飲むほどに 街路樹も自転車も純白を着込んで きれい | トップページ | 退屈な毎日も 当然のように過ぎてゆく »

2015年12月 5日 (土)

にがいにがい薬とにらめっこ 涙が出るほど飲みたくない 飲まなければ休みは続くばかり

長く風邪を患っておりますデス。案の定、ぺぺです。

喉の奥がくしゅくしゅして、咳がひどいです。

こんな苦しい息の下でも、次の次のお休みに行く東京で、行きたいパン屋さんの情報を眺めてニヤニヤしちゃってます。えへ。

そうそう、ホント偶然なんですけど、行く日にくるりライブやってるんですよね。

行っちゃおうかな?

こっちで行けなかったヤツなので。

そこでもしも王子様と逢えたら超運命! でもまー、ないな。相方サマなら可能性ありますけど。

だけどね。

思い出してみると、もう10年近くも前になっちゃいますが、2006年8月。雨の中、くるりが「虹かけたるわ」って演奏して、その数時間後、王子様とぺぺの間に虹がかかった。

そうだ、きっとくるりは、王子様とぺぺをつなぐ虹の架け橋なんだ!

注)その後、何度となくくるりのライブに参戦しとりますデス

よーし、そうと気づいたら善は急げ、てか、ロッピーに急げ、だな。

のんびり雑貨を探す旅、もよいけど、ライブを楽しむ旅、いいもんね♪ ライブを楽しむのはいつもと同じだけど、ライブの種類がいつもと違う。うふふ。

ホントのホントは王子様を探す旅、がいいのだけれど、それはまるで雲をつかむようなお話しでして。

そもそも、その日、東京にいるのかも不明なわけだ。

地方に営業で行ってるかもだし、おともだちとどこかドライブとか行っちゃってるかもだし。

それに…探しまくりって、ストーカーぽくて、怖すぎなので(笑)

ただただ楽しく、のんびり過ごそうと思ってます。

のんびりしすぎて、勉強もほったらかしなんですけどねー…そろそろやらねば、後々苦しいので。ってプレッシャーかけすぎて、また胃がキリキリしちゃいそう。

寒いし、雪降りだけど、あしたはのんびりお散歩でもしよう。

おやすみなさい。よい夢を。

« 歩こう 僕のまちは一晩で息を飲むほどに 街路樹も自転車も純白を着込んで きれい | トップページ | 退屈な毎日も 当然のように過ぎてゆく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

あらら、風邪ひいてるですか。
急に寒くなったから、身体大切にしてあげてくださいな。お大事に。

くるりのライブ楽しみですね。(笑)
きっと良い日になりますです。

ふるちょサマ、こんばんはです。
そうなんです、風邪なんです。
めっちゃひどいです…

でもライブは楽しみます♬
いろんなひとが出るやつみたいだけど、
いろいろ楽しめるかなぁ、なんて。
楽しまなきゃソンですよね~^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歩こう 僕のまちは一晩で息を飲むほどに 街路樹も自転車も純白を着込んで きれい | トップページ | 退屈な毎日も 当然のように過ぎてゆく »