WHAT'S NOW

  • 毎日、ラブたっぷりに爆走更新中です☆
    現在は書くコトのリハビリ中のため、まったり不定期更新です。ダイエットに萌えます、いや、燃えます!!

妄想チャンネルの楽しみ方

PEPE ANOTHER  SITE

自己紹介

  • PEPE(♀)             王子様ラブ街道爆走中の、清く正しい乙女です。 自由気ままに生きている「かいJゃいん」(w)です。 妄想と甘いものとカワイイもの、大好きなお洋服、素敵な音楽、王子様との淡い想い出、それから大切な人たちに囲まれて、HAPPY全開、LOVE&PEACEです。 こんなぺぺですが、末永くおつきあいくださいませ☆
  • 主な登場人物

    ☆ぺぺ☆ 妄想星の妄想姫。 万年ダイエッター。 王子様に圧倒的片想い中。 精神状態は中学生レベル。 肉体的には…え~っと…めざせキューティハニー!

    ☆王子様☆ とあるお笑いコンビのツッコミさん。 ヒントは文章の端々に。 本文中のどこかには名前が隠れてます(笑) 昔はホントにかっこよかったです。今は…ぺぺ的には最強王子様です! もうね、全肯定します!!

    ☆相方サマ☆ とあるお笑いコンビ(王子様とのコンビ)のボケさん。 ぺぺとは趣味が合うようです。 そのせいでしょうか、ぺぺの夢にでてくるときには、必ず仲良しの設定になってます。 現実的にも、きっと話が合うと思います。三国志の武将、詳しいですから、ぺぺ。


  • カウンターカウンター
    来ていただいて、Special thanx でございます。
    since 2006.07.01
    PEPE

ブログペット

足跡

  • http://
    この記事いいなって思ったら、コメントくださいです。

« 9月の夏をはじめて知った 陽炎にゆれる東京 | トップページ | つづくことも そばにいることさえも 当たり前じゃ なかった »

2016年10月22日 (土)

君がいるかな 君と上手く話せるかな まぁいいか でもすごくつらくなるんだろうな

最近は雷がどっかんどっかん落ちてたり、10月だっつーのに雪がどさどさ降って、未だ融けないで残ってたり、変な気候です。これはきっと、ぺぺの心模様…案の定、ぺぺです。

昨日、カイシャの女子飲みがあって、ええ、少しだけ飲んでしまいましたが、何か?

最終的に逃走するのが、ぺぺの最近の飲み方です♡

迷惑この上ない…ですね。スミマセン。では、つづきです。

-----------------------

東京2日目。1日フリーの日です。

以前のぺぺは、大学生が正月から走っていく場所だから箱根に行こうとか、雨が降っているから鎌倉に行こうとか、秋だから京都に行こうとか(未実施)、ちょっとばかりやんちゃな動きをしていましたが、ここのところは好きすぎる吉祥寺に行くことが多いです。雑貨屋さんが多いので飽きないです。

モーニングが好きなお店もあるので、朝から行ってもOKだし。

ということで、朝8時からの朝活スタートっ!

…と思いましたが、よく考えると平日の朝、電車が混まないわけがない。てか、駅から出てきた人の多さに日和って、逃げ出した実績アリ。ということで、近くのお店のモーニングに逃げ込みました。あは☆

フルーツが売りのお店で、フルーツサンドも素敵だけども、かぼちゃのスープとトーストのセットもよいな。

そんなわけで、かぼちゃのスープをいただきました。

・・・想像以上に大きなお皿が出てきて驚きましたが、大食いぺぺは朝からいっぱい食べますので、問題なしでゴザイマス。

だがしかし。隣の素敵な女性がフルーツサラダ単品で頼んでいるのをチラ見して、ああ、そういうのもよかったな、ってか、乙女的にはこんなガッツリじゃなくてそうするべきだったよな、なんて思いました。実際、フルーツたっぷりは素敵だ。

のほほんとした時間を過ごし、さーてそろそろラッシュはおさまったかなぁと駅に行きます。

うん、大丈夫。

さて、吉祥寺。今日はお天気はまぁまぁ、暑すぎず寒すぎず、ホントにちょうどいい気候。

行こうと思ってる雑貨屋さんは、えーっと、ここと、ここと、ここと…その多くが「吉祥寺本町2丁目」。近くていいね。

だけど、お店が開くにはまだ早い9時30分。うろうろして過ごしている、と。

羊羹で超有名な小ざさに、少しだけ人が並んでる。

あー、カイシャへのお土産、またここの最中にしよう。列の後ろに並びます。買い終わる頃にはお店も開きはじめ、ちょうどいいや。ぼ~っと並びます。

10時にこないだ美味しかったパン屋さんが開くからそこに行って、あ、そのまえに先刻見かけたムーミンスタンド?に行ってドリンクを買おう。ムーミン好き♡ それからパン買って、それから小さい雑貨屋さんは開くのが遅いだろうからこのへんに行って、ぶらぶらして、あ、そうだ、久しぶりにカレルチャペックに行こう。仲良しさんには紅茶のお土産。カレルチャペックも吉祥寺本町2丁目。ランチは、早めに行こう。超人気あるらしい。そしてここも、吉祥寺本町2丁目。2丁目、どんだけ?

考えを巡らせているうちに、最中、自分の番。20個箱入りと自分用に5個入り。←多い

あー箱、でかっ。てか、ずっしり。

自分の犯したミスに気付く。せっかく極限まで軽くした荷物を、いきなり増やしてどーすんよ?

とりあえず、リュックの中に入れる。入ってよかった。

ちなみにお隣も行列店、サトウのメンチ。これは明日買うことにしよう。今日、食べるとき、ないもん。

そして、予定どおりムーミンスタンドへ。ニョロニョロの種の入った栗のドリンクをいただきます。や~ん、外でアイスドリンクを美味しく飲める気候って、素敵♪ ストローにニョロニョロついてる、かわいっ☆ 間違えて捨てないように取っておこうっと。

ちゅーちゅー飲みながら、まずは人気パン屋さんに向かいます。選ぶものが多い方がいいもんね。早めに行くに限ります。

えーっと、確かこっちの方で…てくてく、てくてく、てくてくてく。

うーん。

わかんない(笑)

あれー、この道を、こうだよね? そんでここをこう行って。あれ、同じ景色だ。え、じゃあ、ここ?

ちなみに。スマホの地図アプリを見ています。当然、見ています。なのにわからないのがぺぺクオリティです。

付近を徘徊した後に、見たことある景色。前回、付近の様子を写メってたし、隣に小さい公園があるのも覚えてた。

やったぁ、意外と簡単に着けた♪(少し迷うことは想定内w)

勇んで、うっかり多くのパンを購入。めっちゃ美味しかったんだも~ん。そして、ふと気づく。

荷物、増やした~!

パンはつぶれると嫌なので、当然に手持ちです。

時間はまだ11時過ぎ。近くにもいろんな雑貨屋さんがあるけど、開いてるとこと開いてないとこがあります。うーん、じゃあ、行ってみたいところは午後回しにして、近いはずのカレルチャペックに行ってみよう!

新しくなったカレルチャペックに来たのは、初めてです。広くて、選びやすくなったかな? 種類が多くて迷うのはいつものこと。お土産用には、癖が強すぎない、ジャケットがかわいいものをチョイス。そのほか、自分用に大好きなアールグレイと、え、コレ何、美味しそう。え、こんなのもある♡ えーこれも美味しそう! や~ん、これかわい~♡

というわけで。案の定、さらに荷物は増え。出たとこに「幸せのヨーグルト」って書いてるのが見えて、うわ~、それ行きたい、と思ったけど、もう11時半過ぎたのでランチに行くことにしました。ひとりランチは早め行動が鉄則、ですから。

人気店というタイ料理のお店に行くと、席はもう8割以上埋まっていました。すげっ、平日なのに。

でもまぁ、すぐに席に着けたのでOKです。

あー、でもまだそんなにオナカすいてないし、これから買い食いとかもしたいし、晩ごはんも考えてることがあるから、ランチは軽めにしたいなぁ。今日のランチはこれと、これか。美味しそう。選べない。そんなときは。

「すいませ~ん、スペシャルランチ、くださいっ!」

…いちばん多いの頼んでんじゃねーよ!!

果たして超ガッツリなランチを頼んでしまったので、セルフのサラダとスープはキモチ少なめに取ります。ぺぺのキモチ少なめはもしかすると通常の皆さまのフツウというのかもしれません…てか、取りすぎた。

スペシャルランチは春雨のサラダとガイヤーンと蒸したもち米でした。美味しい♪ でも、食べ過ぎ感満載。だって、春雨サラダのお皿、想像より全然大きいもん…そして、辛っ。やべ、汗がだくだくしてきた。全部食べれるかな。ひー、辛い。でもウマい。もち米はちょい固くて(米そのものが、じゃなくてくっついて固まってた)食べづらいけど、それ以外は問題なし。辛いくせに、スープに唐辛子と唐辛子酢とナンプラーを加えて味チェンしちゃったり。そう、タイでもこの4点セット、あったよなー。唐辛子の砕いたのと、唐辛子の酢と、ナンプラーと砂糖。辛いのに、どんどん加えてしまう魔力。

魔力のおかげで、多いと思われたランチをぺろりと完食。ごちそうさまでしたっ。

さすがに舌がぴりぴりします。あ、ちょうどいいもの思い出した。「幸せのヨーグルト」♪

お店の隅っこに座って、早速いただきます。ああ、なんてちょうどいい(笑)

ガッツリおなかも満たされたので、雑貨屋さんめぐりを再開。

お目当てのお店、かどうかはわからないけど、ホントにいろんなお店があって、どれも楽しいです。

あー、この食器、素敵~♡ いや、でも、さすがに割れ物持ち歩くのはなー…いや、よくやるけどもさ(笑)

あ、これ、かわいー♡ や~ん、ボタンって大好き~☆ 紙モノも大好き。文房具も大好き。

あー、ラブリーが溢れてる~!

嬉々として街中を練り歩き…てか、吉祥寺本町2丁目、広すぎね?

行こうと思ってたお店はないのに、いっぱいお店があって、あそこもここも全部2丁目だった。

めっちゃはしゃいで、歩き回って、さすがに疲れてきたので、2丁目から離れ、アトレで休憩兼ショッピング。てか、ちょっと座りたい…ベンチに座って、荷物の詰め替え…あー重いから、コインロッカー使おうかな。…あ、小銭がない。SUICAのロッカー…ないなぁ。探すため歩き回ることに疲れたので、休憩がてらフローズンヨーグルトのお店へ。食いすぎ感満載ですが、歩き回ってるからいいことにしよう。それに、アイスじゃなくってヨーグルトなので大丈夫!←根拠のない自信

のんびりいただいて、もう一度アトレ付近(=JR駅)でコインロッカーを探すも見つからず、重いリュックを背負い、片手に紙袋(=たくさんのパンたち)を持ったまま、今度はハモニカ横丁付近を彷徨います。

素敵そうなパン屋さんを発見しましたが、これ以上パンが増えても困惑するだけなので諦めます。今度買おう。

そしてまたいろいろと見て歩き、お目当てのお店もほぼすべて回り…行けてないとこがあってももういいや、だってもうそれ以上にいっぱい見たもん。それに、脚が棒というか丸太というか、さすがにもう疲れ切りました。

オナカすいてないけど、行ってみたかったお店に行こう…前、けっきょくたどり着けなくて断念したので、未練が残っているのです。いや~、でも、明日のランチにするか? オナカすかないし、先刻ハモニカ横丁でなぜか餃子を買ってしまったし(!!!)、パンだってたくさんあるわけだし。

だけど、明日のランチで行って、行列とかになってたら、また諦めなくちゃならないわけだし。

そうだ、お店の前まで行ってみよう。それから決めても遅くはない。

そんなわけで、お散歩がてら(?)お店に行くことにしました。

向かう方は、初めて吉祥寺に来たときに、王子様たちのライブ会場があった方。懐かしいなぁ。あれからもう何年経つんだろう? あのときからこの街が大好きになった。

それにしても…むー、わからん。ないんじゃないか、この店。幻の名店ってヤツだな。だけど諦めがつかなくて、何度もぐるぐる回ってみる。むー…てゆーかさ。これ、道、違くね?

思い立って道を渡ってみると、あっさりとそのお店は見つかりました。

どうだ、やればできるゼ。注)冷静に地図を見れば、もっと簡単にたどり着けたはずです

それにしても、なんというか、お店に近づくと、ふわんと煮魚のいい香り。なんか、年を重ねるにつれて、煮魚の旨さが身に沁みるようになってまいりました…あ、ぺぺ、(自称)15歳ですけどねっっ。

そんな匂いにつられて入店、してしまったので、オナカすいてなくっても、お魚の定食! ふだんなら焼き魚派ですが、今日は煮魚!! で、メニューを見ると。えーっと煮魚…ノド黒? 名前だけ知っているそのお魚の定食は。なななんと2,000円。

そもそものノド黒ちゃんのお値段を知らない故、これがお値打ちなのか否かはわかりません。でもこの煮魚の匂い、諦めきれません!

「の、ノド黒の、定食で、おねがいします」

ついでにビールとか、なんてうっすらとよぎりましたが、これからホテルに戻らなくてはならないことと、周りのお客様は皆さんお酒なんて嗜むことなく、定食だけを食べている兵だけだったので断念しました。(たぶん、まだ18:00まえだったせい)

そうして出てきた定食は、期待を裏切らない旨さで!!

ちょい味が濃いのですが、ごはんに合う合う! あら汁も美味すぎ。はじめましてのノド黒ちゃん、めっちゃ美味しいお魚ちゃんです。お目目の周りのぷるんぷるんもしっかりといただき、ごちそうさまでした。

あー美味しかった、とぽんぽんになったオナカをさすり、JRで帰路につきました。

ちなみに餃子ですが、どうしても食べてみたくなり、ホテルでいただいちゃいました、あはー☆

そんで、満腹すぎて、夜中に起きてしまったヤツ、でゴザイマス。とほほ。

------------------

あ、そういえば、この日、楳図かずお先生っぽい、赤白ボーダーロンT+デニムで、ふわふわのアタマで、痩せているオジサンを見かけました。

あれ、本人だったのかな?

楳図かずお先生は、王子様の尊敬するひとで、対談もしたことがあります。

こんなにも運命なのに。

今日も寒いな…暖房、今から入れたら、家計が破たんしそう…ガマンなり。

おやすみなさい。よい夢を。

« 9月の夏をはじめて知った 陽炎にゆれる東京 | トップページ | つづくことも そばにいることさえも 当たり前じゃ なかった »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月の夏をはじめて知った 陽炎にゆれる東京 | トップページ | つづくことも そばにいることさえも 当たり前じゃ なかった »